[web technology Rental Space]

東南アジア料理店
この一覧は五十音順になっています。
 
 

  アジアン タオ
  
豊島区東池袋1-2-6 03-5979-0878
17:00(土日祝12:00)~24:00 日休

・ 池袋のベトナム料理
2014年10月 

 *ゴイクン
 *蟹とポークの揚げ春巻 チャーゾー
 *ベトナムハム
 *ゴーヤとオクラの香りサラダ
 *海老・イカとキノコのアヒージョ~バケット添え~
 *ベトナム風山芋のスープ~つくね・オクラ入り~
 *玉子焼
 *バインフラン
 *ココナッツアイスと熱々バナナフリット
 *アボカドアイスと熱々バナナフリット

[へべ]
 ものによっては味が濃いめでしたが、ゴーヤとオクラのサラダはまずまずの出来、香菜を入れたアジアンアヒージョはちょっと意外なおいしさ。ベトナムハムなどの付け合せの生野菜もたっぷりついてきて、内容もひとひねりしたミックスで野菜が多めにとれるあたり、好感度アップしてました。
        → Back to List
 
 

  アダン
  
港区高輪2-12-54 03-5444-4507
18:00~26:00(土24:00) 日休

・  
 「三田5-9-15」から上記へ移転。

 
        → Back to List
 
 

  アナンダ  Ananda
  
港区赤坂3-12-3 03-5545-5305 www.anandathai.com
11:30~15:00/17:30~23:00 日休

・  
Ananda 2016年 5月 ☆

 *SA KOO SAI MOO / ポークミンチ入りタピオカ蒸し団子
 *LAAB MOO
 *TOM KHA GAI
 *PLA NEUNG MA NAO / 蒸し魚のライムガーリックソース
 *豆腐・ホーリーバジル炒め
 *KA NOM MOH KAENG / タロのカスタード
 +ヴァルポリチェッラ

[AQ!]
 TPO玉ではあるんだけど、ウチは赤坂はTPオケージョンが多そうなので有力な感じ。
 PLA NEUNG MA NAOは好印象だったなあ。

[へべ]
 客席を見渡すと日本人卓は半分弱くらい。もしや、ひらがなタイムズに出たとか?(笑)
        → Back to List
 
 

  バイヨン  Bayon    (旧:アプサラ Apsara)
  
新宿区袋町26 03-5261-3534 www.bayon-restaurant.jp
11:30~14:30/17:30~22:30 月休
2010年リニューアルオープン
2013年リニューアルオープン
・ 神楽坂のクメール料理
 旧アプサラのサイトが「閉店」と告知していてどうしたかと思ったのだが、店名を変えて新装・新オープンということのようだ。サイト・電話番号・定休日など変更になっている。 (2013)

2012年 3月 ☆

 *キャベツ・鶏・春雨のお通し
 *スペアリブ
 *ソムロー・チー・チャイ(海苔と海老のスープ)
 *名物・アモック(ココナッツミルクで白身魚を蒸したカンボジア名物料理)
 *ナスのひき肉炒め
 *名物チャー・クダウ(レモングラスとバジルリーフのハーブ炒め)
 *カンボジア風炒めご飯
 *クメール風クレープ(パームシュガーが決めてのフランス統治時代のデザート)

[AQ!]
 神楽坂からちょこっと入って行ったとこで、早稲田から越してきたらしい。
 綺麗で小ぢんまり+ちょっとだけエスニック・スナック風味(笑)。シェフもマダムもカンボジア人のよう。
 真面目にきっちりと作られた「クメール料理」(カンボジア王国観光省推薦、らしい)は、たおやかでノンストレス、これは美味い。
 またの名乗りは「カンボジア創作料理」…で、創作と入っている分、現地よりいくらかの「リファイン」はされているのだろうが、それよりも、化調感の無さや魚醤・ハーブ・スパイスの適切な使用が、力みの無い清らかな仕上がりになってる感じ。

 茄子の皿の挽肉の魚醤使いは典型的。
 アモックのココナツ使いも見事。
 ソムロー・チー・チャイは、海苔と海老、さらに小さな肉団子のスープで、ほんのりした甘さがエキゾチックながらシツコサは無い…あたりに決めている。ウマ。
 チャー・クダウの説明文は、明らかに主賓が抜けてますが(笑)、豚バラ肉です。ここでは思いっきりレモングラスを使ってて、それと豚バラが、スッキリした炒めご飯に合うこと合うこと、こいつぁーイイ!
        → Back to List
 
 

  アンコールワット
  
渋谷区代々木1-38-13住研ビル1F 03-3370-3019
11:00~14:00/17:00~22:00(日祝17:00~23:00) 無休

・ 代々木のカンボジア料理
1996年 5月

 *クィティオ
 *春雨炒め
 *豚バラ玉子

        → Back to List
 
 

  an di アン ディー
  
世田谷区砧3-4-2 03-3417-3399 www.facebook.com/andi.kinuta
10:00~(売切終い) 木休
2013年開業
・ 砧のバインミー専門店
2015年 4月 ☆☆

 *鯖とトマトのバインミー
 *鶏挽肉と香味野菜のバインミー

[AQ!]
 世田谷通りの国立成育医療センター病院前にできた、小さなバインミー専門店。
 テイクアウト主体だが、2階にこれまた小さな8席ほどのイートインスペース。

「え!?なんだコレ、ウマイ!!」…こんな美味しいサンドイッチあったっけレベル♪
 パンがいい。抜群のバランス感覚、勘所。
 いやあイイ店のあったもんで。

[へべ]
 これはしたり! 予想をはるかに上回る素晴らしさに、翌日すぐ再訪しちゃいました。旨くて、軽くて、野菜たっぷり。人生のサンドイッチ観ががらりと変わりました。しかも、ありがたいことにウチから近くて、休日ランチに最強のカード登場、って感じです。

 パンのサイズ、皮(固いクラストのとこ)の表面積とパリパリ感、具のメニュー、なますの味加減など、言うことなしの見事なバインミー。50円でパクチー増量ありなのも、ウチにはうれしい。333も置いてあり、休日のろくでなしには、これまたウレシイ(笑)。

2015年 4月 ☆☆

 *塩豚そぼろとミックスハーブのバインミー
 *ビーフとレモングラスのバインミー

[AQ!]
 10時開店~パン売り切れ終い。2階イートインは11~16時。
 この日、18時過ぎに通りかかった時はもうシャッターが下りてた。だいたい何時頃で終わりなんかな?

2015年 5月 ☆☆

 *塩豚そぼろとミックスハーブのバインミー
 *ビーフとレモングラスのバインミー

[AQ!]
 増し増しは忘れずにヾ(〃^∇^)ノ

[へべ]
 パクチー、重要っ ヽ( ´▽`)丿

 一口めの、こんがりパリッとしたパンの食感に、いつもちょっとハッとします。バインミー用に皮目はパリッと、本体は軽めのパンを、バゲット専門のパン屋さんに焼いてもらっているのだとか。たしかにこのパンは絶妙の相性。そして食べやすいんですよね♪

2015年 5月 ☆☆

 *オムレツバインミー
 *ペッパージンジャーチキン・バインミー

[AQ!]
 オムレツバインミーも見事な相性。
 「細長いの」の順番は、いつごろ回ってくるかなぁ~♪

アンディー 2015年 6月 ☆☆

 *エビチリ&エッグ バインミー
 *バインミー クエ
 *パインのバインミー


2015年 7月 ☆☆

 *ベトナムカレーのバインミー
 *塩さばチーズ&フレッシュハーブのバインミー


2015年 7月 ☆☆

 *トムヤムバインミー
 *ビーフとレモングラスのバインミー


2015年 7月 ☆☆

 *トムヤムバインミー
 *バインミー クエ


2015年11月 ☆☆

 *塩豚そぼろとチャーボン

        → Back to List
 
 

  ヴェトナム アリス
  
港区赤坂3-1-6ベルビー赤坂2F 
11:00~22:00 無休

・ クイーンアリスチェーンのヴェトナムバージョン
 ベルビー赤坂リニューアルに伴い、閉店。 

 
        → Back to List
 
 

  アンドシノワーズ  Indochinoise
  
千代田区岩本町2-8-10 indochinoise.com

・ インドシナ(ベトナム・カンボジア・ラオス)の料理ユニット
 通常のレストラン営業ではなく、料理サロン・出張料理・プライベートダイニング…のような形態で運営している。 →サイト参照

アンドシノワーズ 2016年 9月 ☆☆☆

 *バナナリーフ包み蒸し:白魚 茸 カンボジア納豆 魚醤 レモングラス
 *蒸し野菜 ゆで卵+魚醤
 *焼茄子 沢蟹潰しペースト
 *焼き豚 パイン+スクガラス 焼アーティチョーク グリーンリーフ
 *レモングラスと万願寺の肉詰め 無花果添え
 *里芋茎の酢漬・塩漬
 *鯰焼き 生姜塩ライム マンゴー非精製椰子砂糖
 *鯉の煮つけ
 *川海老炒め和え ラープ風 木耳 炒り米粉
 *ラオスのバンブーシュート汁 ラオス餅米 南鳥島の塩
 *ドラゴンフルーツ スターフルーツ

アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ アンドシノワーズ
        → Back to List
 
 

  オーセンティック 松戸  Authentique
  
松戸市松戸新田24京葉流通センター3-2 authentique.at.webry.info

土・日・水営業
2015年開業  料理長: 中塚雅之・森泉麻美子 (敬称略)

・ 松戸のベトナム料理
 2015年12月現在、浅草店・松戸店並行開店みたいな形のようなので、営業内容については何はともあれ公式ブログauthentique.at.webry.infoをご覧あれ♪

オーセンティック 2015年12月 ☆☆☆

 *オーセンティック特製揚げ春巻き
 *青いパパイヤとえびのゴイ
 *ベトナム産キャットフィッシュの香味揚げ
 *ベトナム産はまぐりのレモングラス蒸し
 *自家製チャー(白身魚で作るディル入りベトナムさつま揚げ)
 *ココナッツジュースで煮る豚角煮ゆで卵入り
 *フォー・ボー
 *名物! 豚ひき肉のレモングラスそぼろごはん
 *バイン・フラン
 *温かいバナナとタピオカのチェー
 +Bia Saigon Special
 +Vang Dalat rouge
 +ベトナム珈琲

オーセンティック
[AQ!]
「10月26日(月)、ゆるゆると松戸店もスタートしました。といいつつも、浅草も松戸も中塚と森泉の2人で店をやっていますので、2つの店が同時に開いていることはありません。。。」
 まあとにかく、だそうで、松戸がオープンしたらしいので行ってみる。
 …と行っても、松戸からバスで10分弱くらい?、乗らないといけない。このバス、夕方は5分に1本とかあり、帰りも23時とか大丈夫なので、まあ、そこは使いやすい。
 野菊野団地。降りる。ピュ~。暗い。ハッハッハ(^^;)。よほど変なとこが好きなんだなあ(^^;)。
 その、なんだ、京葉流通センターのビル群内にある。オープンな「店舗」は無い訳じゃないが、とても少ない。
 並びのシャッターが下りた「倉庫」内ではどんなことが行われているのか、は、多少聞いた(笑)。
 まあとにかくカルトな立地だ。
 へべは「夜のフィスケバーみたいだ」と言う。
オーセンティック
 店内は入ってしまえば、とーぜん「新装」な訳でピカピカと居心地良い(笑)。
 “なんかまだみんな、こっちには来たがらない(笑)”とかで、今宵は結局「ワシらで貸切」♪
 「予約が取れない」オーセンティックなのに(笑)。

 何か皿の出が早そうな気もしたので(結果、アタリ)、多少ちょこちょこ刻んで注文。腹具合も見ながら。
 うまい・すごい・極楽だ~・アレもコレも…で、結局かなり食った気がする。
“おま~ら大丈夫デスか?”的なことを言われつつ(笑)。ま、全品、お皿ツルツルで返してますように、大丈夫(笑)。

 ベトナム料理のコアを、背骨を、初めてちゃ~んと味わったわあ♪…という気になる、正調・清澄・静聴なウマさ!
オーセンティック
 揚げ春巻、注文は2本。半分に切って出てくるんで4切れ。小ぶりなんで次は3本注文もアリかも。ハーブ類はホントに「欲しい分が」ちゃんといい状態のものが、付いてくる。
 青パパイヤ・エビに味出しはビーフジャーキー。これ、美味。
 角煮がココナツジュースなんだが、コッテリしながらよく澄んで、親近感もある味。モヤシとの相性も萌える。これはウマイ。
 鯰、いいですねー♪ 日本の鯰とは違う種類、体型も異なるようだ。比較して、脂少な目で肉シッカリ…だっけかな。まあ現地、それからタイ、とキャットフィッシュの種類は色々あるよう。そして、雷魚もよく食べるそう。
 蛤は白地に黒茶の模様ちょびっつ…が特徴的。「汁もスープとして是非…」で、ぜ~んぶいただく。
 チャー、あチャー! って叫ぶくらいウマイ♪ 熱フワで練り味抜群のベストさつまげ。
 〆のごはんとフォー、完全にヤバイでふ。最強にして最凶。…うーん、ヤバイ。ほんとにヤバイ(笑)。美味いもんは軽い、としたもんだけど、ホントにこの期に及んで“消えて行く”…。
 練乳コッテリフランには、サクシャリなかき氷をかけていただく。なるほろオモロイ!
 バナナの酸味が引立つチェー。
オーセンティック
 浅草では出来なかった「カレー」が高円寺以来の復活…だとかで、「デザート中になんですが(笑)」と味見にくれる。レモングラスの利いた逸品。
 更に調子に乗って、「25度と40度のナンプラーの比較テイスティング、どうぞ♪」も楽しき!

 中塚さんの料理は、実は六本木「シクロ」以来だと思う…って、10数年ぶりかあ、、、

[へべ]
 そうだったのかー >シクロ
 あのときピンポイントで、ウマかったんだよねぇ…。料理っておそろしい。

 各種各国エスニック料理に自分が始めて出会ったのが80~90年代。そして、その後のさらなる出会いで、「いやホントはもっとこんなにスゴイんだ」時代の扉が順次開いていったわけですが…。
 オーセンティック松戸とアン ディーで、待望のベトナムの扉もついに今年開いた気がします! 待つこと久し!

[AQ!]
 そういえば森泉さんは、アン・ディー島田さんとはオトモダチみたいでしたねー。

Authentique 2016年 3月 ☆☆☆

 *カリフラワーのベトナム風味漬けもの
 *あさりとディルのベトナムオムレツ
 *山百合豚とかつおいらずのベトナム流炒め
 *自家製チャー(白身魚で作るディル入りベトナムさつま揚げ)
 *ベトナム流角切りステーキハーブ添え
 *フォー・サオ
 *鶏肉とにんじん・さつまいも・じゃがいものベトナムスープカレー
 *冷たいマンゴーとライチのチェー
 *温かいバナナとタピオカのチェー
 +Bia Saigon Special
 +Vang Dalat rouge
 +ベトナム珈琲

Authentique
[AQ!]
 静まりかえる周囲は前回同様の松戸…だが、ガラっと戸をひいて入れば店内はうってかわって満席の松戸♪
 お二方もフル回転。
 この日はブログに「昼を臨時休業」と出ていたのだが、後で聞いたら「クルマ壊れた(^^;)」(バッテリー回り)だったそうな(^^;)。

 カリフラワー漬とサイゴンスペシャルでゆるゆるスタート。今日は「古漬」調の漬かり具合とのこと。
 青菜は岐阜のカツオイラズ、なんかのテレビで見たことあるけど実物は初めて…だっけ?…味のある菜。山百合豚は神奈川かな。
 チャーの天衣の軽さは、別世界。
 ステーキは芋と炒めあわせ、ハーブに埋もれる…ってな仕立て。バッチリの大菜感。
 「鶏肉とにんじん・さつまいも・じゃがいものベトナムスープカレー」…は、文字情報にしてしまうとどうにも凡ではあるのだが、頭が吹っ飛ぶ魅力。うーん、こういうとこの、何かベトナム的な黄金バランス…が、凄い(^^;)。

 森泉さんに“よくもまあいっぱい召し上がっていただきまして(^^;)”的に呆れられてしまうが、起承転結ヒジョーに調子の良い道筋で、いただく。ヽ(^~^;)ノ
 最後にチャーカー鍋の話から臭い鍋の話からOさんの話まで飛び火してしまって、野菊野団地バス停に歩けば1分もしないうちにバスが来た(^^;)(その次のバスは20分後)。
Authentique
[へべ]
 大人数卓あり、ふらっと晩御飯にフォーを食べに来たカウンターのお客さんあり(ご近所はいいなぁ)で、この晩はよく入ってましたねー。

 あさりとディルのオムレツの、品が良いこと! ディルは北ヨーロッパのイメージが強いハーブでしたが、これにしても、チャーにしても、ベトナムは使うんですねぇ。あさりとの相性、すんばらしい。
 …調べてみるとタイにもあるみたい。パクチー・ラオといって、ラオス寄りのイサーン辺りではよく使われるとか(そのせいか、バンコクでは田舎っぽいイメージがあるようだ、という話も)。

 こんがり軽い揚がり感の自家製チャーは、ジャンル最強。世界さつま揚げバトルでチャンピオン間違いなし!
 この日の黒板から、ベトナム流角切りステーキ。味のしみた芋と、たっぷりのハーブを添えて、赤ワインが進むこと! とても気に入ってしまいました。

 順調に食べ進んで、本日の〆はスープカレーで。この仕立て、この取り合わせで、こうなるとは…これってベトナム魔術? 絶妙なポイントとか、こうでないとダメ的なバランスとか、あるんでしょうねぇ。

オーセンティック 2016年11月 ☆☆☆

 *牡蠣のオイル漬
 *豚耳と玉子
 *ゴーヤと山百合豚、卵の炒めもの
 *チョクロと干しえび炒め
 *香菜スープ
 *ベトナム流焼き肉 ハーブ 野菜添え
 *カリー・ガー(日向鶏と野菜のベトナムカレー) フランスパン
 *名物! 豚ひき肉のレモングラスそぼろごはん
 *温かいバナナとタピオカのチェー
 +Bia Saigon Special
 +Vang Dalat rouge
 +ベトナム珈琲

[AQ!]
 まずは「酒のツマミの芸術♪」的な前菜たち。
 チョクロ干し海老が、ウマ&面白…なのだが、ここに行き着く順は、
「ベトナムの玉蜀黍炒めをやりたい」→「日本の玉蜀黍でやると甘過ぎ」→「何か無いの?」→「チョクロ」
 …だそうで、結果としてオリジナル料理になってしまった、みたいなw。
 浅草・松戸ともに何ちゃらあって、「第3の選択肢かもw」とか言いながら、不透明な未来(^^;)。
 次は、チャーカー鍋かマム鍋(ここも悩むが)のお任せコースの出番かな。2人から受けられるようだ。
        → Back to List
 
 

  沖 縄
  
渋谷区道玄坂2-23-13 
12:00~14:00/17:30~23:15(日祝12:00~22:00) 無休

・ 渋谷の沖縄料理の老舗
 センター街の奥深くでずっと営業していた老舗。ビルの中でウロウロと移転もあったかなぁ。近年では風俗に囲まれて何とも風情と言うか入りにくいというか、そんな事態もあったのだが、東急本店前の綺麗なビルに移転を果たしたそうです。今度はあまりに小ざっぱりしていて、常連が戸惑っているという話も(^_^)。電話番号は変更ナシですね。 (2003)

 閉店された、と聞きました。昭和29年創業で55年続いたそうです。ありがとうございました。 (2011)

1995年 2月
[AQ!]
 渋谷の沖縄。相変らずジワっと美味しい。何故か、食器がとても趣味よくなった。

1995年 5月 ☆

 *沖縄モズクとコゴミ
 *ラフティー、コゴミ添え
 *豆腐ヨウ
 *フーチャンプルー
 *中味イリチー
 *ソーメン汁

[AQ!]
 コゴミ使いがチラホラ。沖縄語で何ていうんだっけなぁ。

[へべ]
 なんていうんだったかな~、コゴミ。相変らずの沖縄。体に良さそうな美味、滋味。フーチャンプルーはおいしいけどあの量は2人だときついかなぁ。ソーメン汁もいいねぇ。

1995年 8月 ☆

 *新モズク
 *スクガラス
 *ミミガー
 *クーブイリチー
 *里芋ニラ炒め
 *ゴーヤチャンプルー
 *ゴマ豚
 *沖縄そば

[AQ!]
 ここのミミガーは素晴しく美味しいの発見。スクガラスの器がとてもよい。

[へべ]
 はじめてのミミガー。おいしいの~ぷるぷるコリコリ。

1996年 4月

 *豆腐ヨウ
 *地豆豆腐
 *豚足
 *里芋ニラ炒め
 *ゴーヤチャンプルー
 *中身イリチー
 *沖縄のモチ
 *大根イリチー
 *沖縄ソバ

[AQ!]
 ビルがますます風俗ビル化してきた。(^^;) いつもよりちょっと出来が悪かったかな? でも美味しい。

[へべ]
 沖縄のモチのあの葉っぱはいったい何? 香りがヨイ。
        → Back to List
 
 

  カロー ダイヤモンド
  
北海道虻田郡虻田町ウィンザーホテル洞爺 
11:00~14:30/17:30~22:00 無休

・ ウィンザーホテル洞爺のモダンなベトナム料理
 閉店の模様。ウィンザー洞爺オープン時のレストランもかなり入れ替わりましたなあ…。

2003年 7月 ☆

 *喜茂別産豚ゆでサラダ仕立て
 *茄子のレモングラス風味マーボ茄子風
 *牛肉のフォー

[AQ!]
 軽い昼食に利用。工夫あり、手抜かりなく美しく旨い仕上がりで、大いに気に入ったのだけど、ウィンザー洞爺なんだよな~。次にカローダイヤモンドに行ける順番になるのはいつのことやら…。贅沢な長逗留とかしてみたいものだ…って“宝くじ的”希望である(^^;)。

2006年11月 ☆

 *海老と鮭の生春巻
 *帆立のピリ辛ソース
 *ハーブ豚の黒酢酢豚
 *豚挽肉・茄子・水菜・芋のピリ辛フォー
 *当地牛乳を使った杏仁豆腐

[AQ!]
 さて、ウィンザーから帰り日の昼食。逡巡しつつもカローに向かう。ガランとしているのでちょうどいいか、と歩を進めると、「30分後くらいに団体様で貸切予定なので」だとか。
 「うー」と唸っていると、「30分弱でよければ」。「あー食うのは速いですから」で入れてもらったある。
 ピリ辛も嫌味なく綺麗に整った快適なお昼。
 ランチ時の注文の幅は、メニュー見た感じだと以前より少し減ったかに?
        → Back to List
 
 

  キッチン Kitchen
  
港区西麻布4-4-12 03-3409-5039 www.fc-arr.com/site/kitchen.html
18:30~22:00 土日祝休
料理長: 鈴木珠美 (敬称略)

・ 西麻布のベトナム料理

2011年 1月 ☆☆

 *サイゴンの揚げ春巻き
 *蓮の茎のサラダ
 *海老の緑米揚げ
 *鶏とバジルの炒めもの
 *香菜のサラダ
 *ベトナミーズとんかつ
 *ココナッツプリン
 *ココナッツアイス

[AQ!]
「予約が取りにくい」…で有名なのだが、まあ平日だし…と電話してみたらスンナリ入れた。らっちょい!
 ナチュラルな素材と調理。
 緑がふんだんで、バジルもミントも香菜もフレッシュかつ茎までしっかりして香りが十二分にある物を使っている。
 ベトナム料理はかくありたし、、、ありたいのになかなか無い(^^;)。
 カフェスアがまた、とても美味しかった。練乳は自分で足す型なのだが、珈琲の粉のチョイスと量がいいのか、非常に満足。
        → Back to List
 
 

  古酒家
  
那覇市牧志1-3-61 098-869-9241
18:00~25:00 日休

・ 酒販店「古酒家」の直営居酒屋 料理も旨い

 
        → Back to List
 
 

  ゲウチャイ(目黒)
  
品川区上大崎2-14-9目黒コーワビルB1
11:00~21:30 第2.3月休

・ 目黒駅前のタイ料理横綱格
 2008年(?)、閉店の模様。

1996年 8月 ☆☆

 *鶏の包み香り揚げ
 *ソムタム
 *トムヤムクン
 *魚介のカレー風味焼
 *牛肉のバジル炒め
 *鯰のケーン
 *蒸牛肉のクィティオ
 *冷たいクワイとタピオカ

[AQ!]
 美味しいっ!! タイ料理トップの一軒か? 品数も豊富。

[へべ]
 いわゆる「宮廷」料理のがっかり感のまるでない、美味しく工夫のあるタイ料理でしたね。カニだしの高級ソムタムにはびっくり。トムヤムクンバジル炒め、よかった~。

[AQ!]
 実はソムタムにも何種類かあった。あれはソムタム・蟹ダシとでもタイ語で書いてあるんだろうなぁ、きっと。鯰のケーンもびつくり。「何の肉だかわからないようなグチャグチャなのだろうなぁ」と思っていたら、肉の質感や味もばっちりで旨いんだ。

1999年 8月 ☆☆

 *豚のサティ、ピーナツソースとパン添え
 *鯰のカリカリ揚げのヤム
 *トムヤム海の幸
 *ヌアのホーリーバジル炒め
 *ゲーンキョワンヌア
 *ココナツアイス

[AQ!]
 一体になった美味しさは変わらず、王者の風格。そう言えば宮廷料理を名乗ってるんだな、ここ。甘味を旨味に転化できるのはやはりダシとバランスの力かしらん。
        → Back to List
 
 

  鴻華園
  
神戸市中央区中山手通2-21-12 078-231-7079
11:30~14:00/17:00~21:30(日20:30) 火休

・ 中越料理(中国+ベトナム)を名乗る

2000年 2月 ☆

 *ミル貝湯びきベトナム風
 *蒸し春巻
 *海鮮炒めのミニバスケット
 *ベトナム風甘酢カルビ
 *海鮮焼ビーフン

[AQ!]
 中越料理(中国+ベトナム)。パリだと、Cuisine Chinoises et Vietnamienneとか言って結構あるタイプの店だけど、東京ではあまり見ないか。いきなりアジアンキッチン…みたいに超多国籍料理になっちゃったりするのは多いけど。
 ミル貝も春巻(蒸し・揚げ、がある)も加熱が味を引き出していて、「生で食わせればベトナムの看板出せると思ってる店は反省しなさい」などと思ってしまったり。「随所に好感あり」の路地裏の庶民的な店。
        → Back to List
 
 

  古都首里
  
世田谷区太子堂2-24-6
17:00~22:30 火休

・ 三軒茶屋の沖縄料理
 水休→火休に変更とか。(2004)

 ネット情報によると閉店とのこと。

2003年10月 ☆

 *おためし5品盛り
  ドゥルワカシー、ターンム唐揚、クーブイリチー、ピラガラ巻、すくがらす
 *海ぶどう
 *ゴーヤサラダ
 *ナーベラ
 *フーチバジューシー
 *ゆし豆腐

[AQ!]
 うん、世田谷パプリックシアターのアフターお食事には好適ですな!(~なんて言って、もう30分くらいLOが遅いとなおいいのにな…と贅沢いってはいかん(^^;))
 種類が豊富で嬉しい(どれもウマイ)。とくに、ドゥルワカシーフーチバジューシーは好きなのに、両方置いてる店は割に少ないのではなかろうか。
 おためし5品盛り、は、「おためし」なんて言ってるけど、2人客には有り難い前菜少量盛合せでした。
        → Back to List
 
 

  亜細亜食堂 サイゴン 狛江 Saigon
  
狛江市和泉本町1-3-1 03-3430-5186


・ 狛江の、ベトナムを中心にアジア何でもアリ料理
2004年 8月

 *揚げ春巻
 *フォーランチ
 *炒飯ランチ

[AQ!]
 「サイゴン」というくらいだからベトナム中心だが「亜細亜食堂」を名乗る通りにインドありタイあり韓国あり…、というアジアンダイニング系。世田谷通り沿い上町で結構目立つ「サイゴン」のチェーン店みたい。
 気安い店で、ランチ680円と値段もとても気安いのがコケッコー。
        → Back to List
 
 

  コム・フォー下北沢
  
世田谷区北沢2-13-4  www.compho.jp
11:30~25:30 無休
・ シモキタのベトナム料理
 2011年閉店とのこと。「コム・フォー」の多くの店舗は健在。

2003年 7月 ☆

 *ゴイ・ドゥドゥ
 *チャー・ジオ
 *苦瓜の卵炒め
 *鶏の香り焼
 *ヘチマと春雨の炒め
 *フォー・ガー
 *スン・サー
 +NV Eclipse

[AQ!]
 虎ノ門のベトナミーズ・ファーストフード「コム・フォー」がシモキタに出したベトナミーズ・ダイニングバーで、LO25時の深夜営業。味作りは蒲田ミ・レイ」がベースとなっている…らしい。
 …という辺りが事前知識で、この日は夕食が22時半と遅くなり「好都合ですね」と行ってみる。小奇麗で小洒落た今風な作りにゆったりした椅子で居心地よし、すなわちエスニックらしい雑駁さはまるで無いが、ワシらは「雑駁じゃなきゃ嫌」というタイプでもないので、楽でよいよい。
 で、内容だけど、「まずまず」って言い方は出来るだろうけど、だとするとこれは極上の「まずまず」ではないか。みんなうまかたねー。
 ゴイ・ドゥドゥは青パパイヤたっぷりで、湯引きした豚片が4切れだけ添えられる。こーゆー上品なバランスが良い。
 チャージオには、サニーレタス・香菜・大葉・ミントが適量添えられる。ハーブ類は「別皿にタップリ」とかの贅沢は無いが、全般に香菜が多めに供されるので、「日本のベトナム料理店におけるハーブ飢餓感」が割合に薄い方だと思う。上手なバランスだ。チャージオ本体はコンガリと軽く揚がって美味。
 苦瓜は、ゴーヤチャンプルーに比べると玉子が緩い仕立て(黄身がトロ~ン)で海老入り。良い料理である。
 は五香粉風味かな、大変結構で食い応えもある「プラ」役。
 糸瓜と春雨に感心。ナベラだと味噌仕立てが多いが、これは鶏スープベースのあっさり塩味で、糸瓜自体の風味がとても活きる。ナイス。フォーを供してる役得(?)か、鶏スープの割と良いものが取れていることが決め手でしょうな。
 酒も程よく揃っている。最近評判の良い安泡「エクリプス」が4600円。酒屋で2000円弱くらいだから、3500円くらいで出れば万万歳だが、まずはバランスの取れた設定だろう。

[へべ]
 「サービス陣、顔で選んだな」って感じの優男クンが揃ってるんですが、その中にもボクらが「旨いっこの鶏は絶品絶品」などと喚きながらハグハグ食べてると嬉しそうに「おいしいですか~?」なんて寄ってくる気のいいニーチャンも混じっているところがグッドです。
 なんというか、
小洒落た店内+ワインも出します+ハンサム揃い+エスニック=高価格少量設定で味はさっぱりのインチキエスニックでは?
という公式を気持ち良く裏切ってくれる店でした。バブル期に大遊びした人が
「ハーブとモヤシは絶対」「揚げ春巻は葉っぱで巻いて食うべし」「ゴーヤもやろーよ」「メインに肉が欲しいなー」「スパークリングワインも飲みたくなるよな」、
などと、強欲なリクエストを並べて実現させたみたいな仕様だなー、などと妄想しちゃいます。ヘチマ春雨と、五香粉鶏が気に入っちゃいました。また行こうね

2003年 7月 ☆

 *揚げ春巻
 *にがうりのサラダ
 *へちまの炒め物

[AQ!]
 にがうりのサラダ、というのが、なかなかに絶妙。ベトナムテイストに、酸っぱくニョクマムっぽくミントっぽく苦瓜を扱ったんだけど、とても美味。早速数日後のパーティー用持ち寄りフードとしてへべが猿真似で作っててみたんだけど、それも成功!
 レシピ作りが巧い店ですね。

2003年10月 ☆

 *チャー・ジオ
 *苦瓜のサラダ
 *鶏の香り焼
 *ヘチマと春雨の炒め
 *緑豆餡入りおもち


2004年 8月 ☆

 *青いパパイヤサラダ
 *揚げ春巻
 *へちまの炒め物
 *鶏の香味グリル
 *牛のフォー

[AQ!]
 やっぱ、ヘチマはあると嬉しいよね。この注文はけっこうお気に入り定食状態かも(^^;)。

2005年 8月

 *サラダフォー
 *揚げ春巻
 *海老レモングラス
 *パパイヤ
 *牛のフォー

[AQ!]
  なんか泡を一本飲んだ。ケラさん芝居の帰り、かな。
        → Back to List
 
 

  サイゴン・デップ・ラム
  
世田谷区北沢2-15-3
12:00~15:00/17:30~23:30 日休

・ 下北沢のベトナム料理
 店の前を通りかかったら、ニューヨーク風ピザ屋さんにかわってました。閉店? (2004)

        → Back to List
 
 

  さかえ
  
那覇市牧志3-12-20 098-866-6401
16:00~23:00 日休

・ 山羊料理でならす
 
        → Back to List
 
 

  さくら屋
  
 

・ 1993年閉店
 首里にあった沖縄そばの店。伝統的な打ち方を継承していた。一回訪れただけであるが、その民家のような店構え・雰囲気といい、しみじみとしたそばといい、忘れ難いものがある。

 
        → Back to List
 
 

  シクロ ベトナミーズ・シクロ
  
港区六本木6-6-9 03-3478-4964
11:30~14:30/18:00~23:00(日祝17:00~22:30) 無休

・ 六本木のベトナム料理の新星
2001年10月 ☆☆

 *蒸春巻
 *鰻ミンチのスパイシー炒め
 *ゴウヤと豚の炒め
 *岩魚のレモングラス刺焼
 *牛肉シチュー、八角風味
 *鶏肉のフォー
 *ドリアンアイス、マンゴプディング
 +生姜茶

VC1 [へべ]
 葉っぱたくさんベトナム料理マンセー。
 車だからワイン飲めないし、時間ちょっと遅いし…ということで、ふと思い立って初めて行ってみたのですが大当り。「料理とご一緒にどうぞ」と出される葉っぱモヤシハラハラと落涙しました。ややスパイスの強めにきいた料理もいい感じでした。店内は壁天井が硬いのか、客が多いと反響してちょっとうるさい。

[AQ!]
 ホント、ホント。東京でベトナム料理を食べていて、どうにもイマイチ欲求不満に陥るのが、生ハーブ類。ベトナミーズは、多種の葉っぱやモヤシがごっちゃり乗った皿から好きに投入してこそ…、とつい思ってしまう。いや、それが好きなもんで。「ジャンズ」さんや「ベトナムハウス」さんとかでも、料理はとっても美味しいんだけど、やっぱ、香菜類は限られる。勿論、ベトナムではそれこそ「そこらに生えてる葉っぱ」かもしれないハーブ類が、東京の八百屋で幾らで売られているのかを見れば、「しようがないな」とは思う。フォーバインセオで高級(価格)料理店にする訳にはいかないのだし。
 でも、別料金でもいいから、葉っぱくれ~。…と、やさぐれバンドマンが言っていると意味が違ってしまいそうな主張を振り回す我が家であるが、いやいやいや、ここにはありました、葉っぱの山! シクロでは、ミント系・バジル系・コリアンダー系・モヤシ系入り乱れて多種の生ハーブ・野菜の山が別添。やっぱこれだよ、これ! 口の中いっぱい青汁臭くして(違うだろ(^^;))パクついてこそ、ベトナムっ! 六本木の真ん中に格好整えた店で、格好整えた料金となるが、文句なし。料理自体も、しっかりした出来。

2003年 9月 ☆

 *青いパパイアのサラダ
 *焼茄子と豚そぼろ炒め
 *揚げ春巻
 *豚つくねレモングラス刺焼
 *ベトナム野菜彩り炒め
 *イカとトマトとマスタードグリーン炒め
 *牛肉のフォー
 *ドリアンアイス
 *豆花
 +蓮茶

[AQ!]
 ベトナム野菜炒めは、トートマンプラーみたいのが出汁用に入ってる工夫で、旨い。
 イカは、香菜+ディルが面白い。
 などなど、良い料理が美味しく食える印象は引き続きOK。
 香草盛合せ皿が、前回より盛りが減った気がする。ちょっとシミッタレた、盛り具合の見た目。「シクロの香草、減った」とか「フォーに香草が付いてこなくて淋しかった」というようなメールもいただいてます。うーん。ここは一発、東京のベトナミーズの範たるべく、もういっちょ頑張ってみませんかね!?
 …とは言うものの、香草は金を食うし、そのサービスを喜ばない客も少なくないし、難しい塩梅ではあろうなぁ。俺らなんか、逆に、有料でいいからゴッチャリくれ、とも思うのだが。しかしま、そうしたらそうしたで、金取るとはケチ臭い、っていう向きもあろうし。
 東京における、香草好きの客と店の、幸せのバランスは何処にあるのだろうか…。

2004年 4月 ☆

 *青いパパイアのサラダ
 *揚げ春巻
 *揚げ豆腐のトマト煮
 *ゴウヤと豚の炒め
 *焼茄子と豚そぼろ炒め
 *茄子とマンゴ炒め
 *バインベオ
 *牛肉のフォー
 *ドリアンアイス
 *芋餅のココナツスープ
 *豆花

[へべ]
 茄子とマンゴ炒め、は大当たり。火入れ浅めの瓜みたいな食感、オトナな仕上がり。モチモチした芋餅のココナツスープも素晴らしく美味しかった。

[AQ!]
 引き続き香草の種類・盛りともちょい寂しいし、料理もモノによってはマァフツーではあるが、でもやはり3アウト取られる間にはそこそこ点を稼いで来れる打線で、終わってみると大いに満足。この日は芝居のアフターでT山・M原さんと一緒だったが、ウマイウマイと満悦でした。
        → Back to List
 
 

  シーサーズ 下北沢店
  
世田谷区北沢2-9-2 
18:00~27:30(日24:00) 無休

・ 獅子の食堂 沖縄料理のシーサーズ
 閉店?

2010年 6月 

 *スクガラス豆腐
 *ゴーヤスライス
 *パパヤーチャンプル
 *中味イリチー
 *手作りチキアギ
 *ポトギ
 *沖縄そば

[AQ!]
 明け方までやってる、…というTPO有力店で、その割りにゆったりとした店内もマル。まあ料理も、「明け方までやってるんだねー」…ってところはあるけど。
 「ポトギ」と品書に書いてたような気がするのだが、検索すると「ポルトギ」とか「ポルトギュー」というモノらしい、沖縄辛口ソーセージ。知らんかった。色んなもんがあるのねー。まあ美味いもんか?と問われるとナニだが、沖縄のオッチャンらはイソイソとコレを買ってきてツマミにし飲みまくる、らしい。いい話。
        → Back to List
 
 

  ジムトンプソンズテーブル タイランド 銀座  JIM THOMPSON'S Table THAILAND Ginza
  
中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 03-5524-1610 www.jttable.com
11:00~14:00(土日祝15:00)/17:00~22:00 無休

・ 「ジムトンプソン」のタイ料理
2017年 1月 ☆

 *Tod Man Pla
 *Tom Khaa Gai
 *Gung Op Woon Sen
 *Muu Yang
 *Khao Pat Sai Grog Sai Ta Krai
  レモングラスとソーセージの炒飯
 +タイランドモヒート
 +モンスーンヴァレー赤

[AQ!]

        → Back to List
 
 

  じゃらんじゃらん Jalan-jalan
  
埼玉県川越市松江町1-18-6  
17:00(土日祝12:00)~22:30 月休

・ 川越のインドネシア料理
 お店のブログによると、2010年3月より無期限休業とのことです。

2007年10月 ☆

 *Gado gado
 *Sate盛合せ:羊、牛、鶏、豚
 *Ikan Pepes
  なまずのバナナの葉包み焼き
 *Tempe & Tahu Cari
  テンペと豆腐のカレー
 *Mie Goreng
  バリ風 焼そば

[AQ!]
 群馬県方面の温泉をドライブして回って、帰りの途上の夕飯です。奇手ですヽ(^~^;)ノ。川越で本格インドネシア料理。
 サテのソースが、腰が据わって奥深く、ウマイ。
 Ikan Pepesが激しくお気に入り。いやー、こりゃ美味しい。にカレー風スパイスミックスしてのバナナ葉包み焼…は料理的には蒸し焼きというべきか。鯰の身のフワッとした柔らかい汁気もいいし、スパイス調合もピッタリ決まっている。埼玉県内は割りと鯰の流通がイイと思っていたが、こんな活かし方があるとわっ!
 ミーゴレンは太めの麺で焼きうどん調。サテ付きです。
        → Back to List
 
 

  ジャンズ
  
世田谷区玉川3-5-7 03-3700-2475
(金土日11:30~14:30)/17:00~22:00 月休

・ 二子玉川の小さなベトナム料理店
1999年 9月 ☆

 *揚げ春巻
 *巻き貝の詰め物
 *茄子のサラダ
 *蟹と春雨炒め
 *バインセオ
 *ティボーコー(ビーフシチュー)
 *もずくのスープ
 *土鍋炊きこみご飯
 *南ベトナム風フォー

[AQ!]
 以前にテニス帰りにドヤドヤと寄ったときの好印象をちゃんと確かめようと再訪。おさるを誘って。どれを食べても温かく穏やかで鮮烈で美味しい。現地風とアレンジ版と入り交じっているのだろうけど、アレンジ版が「料理の上手な人のアレンジ」である、ここが肝要。サービスにあたるおとーさんのフニャフニャと優しい感じが面白い。ベトナム人男性は優しい感触の人が多いなぁ。この人たちの国が歴史上唯一、USAに勝っている国なのだから人間って不思議。

1999年12月 ☆

 *クラゲサラダ
 *揚げ春巻
 *蟹と春雨炒め
 *もずくのスープ
 *カリーガ
 *土鍋炊きこみご飯
 *南ベトナム風フォー

[AQ!]
 「まったくクリスマスイヴだというのに、何をフラフラしてるんだ、おさる…」を誘って。ジャンさんは本当はヤンさんと言うらしいが、フル回転の大忙し。淡く誠実な美味。

2003年 5月 ☆

 *揚げ春巻
 *茄子サラダ
 *くらげサラダ
 *蟹と春雨炒め
 *牛肉シソ巻
 *ボーコー
 *やきそば
 *南風フォー
 *さっぱりそうめん
 *アイスクリーム
 *タピオカ

[AQ!]
 久しぶりのジャンズは、またしても、おさる氏と。相変わらず繁盛してるなぁ。若い手伝いの人、一人増えたかな?
 3人いると色々食えていいね。相変わらず、結構でした。
        → Back to List
 
 

  ジュンバタンメラ 赤坂
  
港区赤坂3-20-6 03-3588-0794 www.jbm-gr.com/jbm/jbm_aka.html
11:00~14:30/17:00~22:00 無休

・ 赤坂のバリ料理
2004年 3月

 *ウブドゥコース

[AQ!]
 ガドガド、春巻、サテ、鶏焼、茄子スパイス、牛スパイス煮、ナシゴレン、バナナフライとアイス、ってなとこだったかな。インドネシア料理とゆーより、バリ料理店って位置付けみたい。

[へべ]
 イナタい味わいで、それはいいんだけど、味が濃いめ一辺倒でちょっとメリハリに欠けるのが残念。サワヤカ成分とか野菜の使い方とかもう一声洗練されるとうれしいかも。
        → Back to List
 
 

  ジュンバタンメラ 渋谷
  
渋谷区円山町1-3東印度館 
11:00~14:00/17:00~22:00(土日祝11:00~23:00) 無休

・ 渋谷のインドネシア料理
 渋谷店は閉店。「ジュンバタンメラ」は現在、↑の「赤坂店」と、「新宿店」西新宿6-5-1(03-5323-4214)がある。 (2013)

1996年 6月

 *ガドガド
 *サテ盛合わせと辛味サテ
 *香草風味の揚げ魚
 *サンバル風味の海老
 *サンバル風味の牛肉
 *ナシゴレン
 *ミーゴレン
 *肉団子汁そば
 *揚げテンペ

        → Back to List

 

  (食)越南
  
川崎市中原区上小田中3-27-10 044-788-8539
11:30~15:00/17:00~23:00 月休

・ 武蔵新城のベトナム料理
2010年11月 ☆

 *チャー・ジョー
 *肉巻き
 *ティット・ボー・サオ・ダラット
 *トマト豆腐スープ
 *バインコット
 *タピオカナッツぜんざい

[AQ!]
 武蔵新城駅…、は、初めて降りたかなあ。徒歩5分くらいか、駅からは近い。
 オーソドックススタイル・ベトナミーズ。
 パクチーを含めた青味が十分に供されるのは、花丸。料理の仕上がりもノンストレス感があるストレートさで、好感。
 ダラット風牛肉炒めは、どことなく上海風トマト牛肉炒めを思わせる。
 量もたっぷり。
 近所にあればなあ…的ではある店(^^;)。
        → Back to List

 

  ジョムマカン 銀座
  
中央区銀座5-1銀座ファイブ 
11:30~16:00/17:30~22:00(土祝17:00~21:00) 無休

・ 銀座のマレーシア料理
 2011年閉店とのこと。んー、前向きな意味で、マレーシア政府はもっと「本気味」で来てほしかった、ような、、、

2009年11月

 *サテー アヤム
 *サンバル ウダン
 *スープ雲呑
 *カムビン ゴレン
 *ポテト ゴレン ベルカリー
 *ナシゴレン カンポン

[AQ!]
 マレーシアの食文化を広めるためにマレーシア政府が提唱する、「マレーシアキッチンプログラム」の一環としてオープンした店、…と聞くと、更に一層の精進を求めたくもなり。
        → Back to List

 

  タイ屋 ソンタナ
  
世田谷区経堂1-26-15 03-5426-2329 sontana.net
12:00~14:00/17:30~22:30 月(祝なら翌)・火昼・水昼休

・ 経堂の本格的タイ料理
2012年 8月 ☆
        → Back to List
 
 

  フォー ドラゴン  Pho Dragon
  
港区西麻布1-11-13 03-3479-0658
11:30~14:00/18:00~22:00 日祝休

・ 西麻布の南ベトナム料理
 西麻布を歩いていたら、「タイタム Thai Tam」がなくなっていた。そのまま越南料理店「フォードラゴン」になっている。
 ネットで見てみると、「タイタム」が店名変更しただけで、内容に変更は無し、であるらしい。

TTAM1 2004年 6月 ☆☆

 *青パパイヤと海老のサラダ
 *蒸し春巻
 *揚げ春巻
 *香菜風味豚肉のつくねのレタス巻き
 *空心菜と海老のサラダ
 *ネムチュウ
 *フォー・ボー
 *緑豆タピオカの温製

[AQ!]
 西麻布に静かに佇む南ベトナム料理店。店内は、クール過ぎない程度にクール、なんて感じ。
 香草をごちゃまんと出したりはしないんだけど、効かせ方がたいへん上手。ベトナミーズでトップクラスの美味。フォーのスープはサイコーだ。
 生の空心菜使いが珍しかった。ネムチュウは発酵ソーセージ。

[へべ]
 安いほうのコースに二品くらい追加で、量的にもちょうどいい感じ。こっちのコースに蒸し春巻揚げ春巻(生じゃなくて)と香菜風味豚つくねが入っているのが素晴らしい~。
 香菜はトッピングではなくて刻んで料理に投入済み、一体化して出てくるのが多め。これがよく効いていて、味もどれも美味。
 また行こうね。
        → Back to List
 
 

  抱 瓶
  
杉並区高円寺北3-2-13 03-3337-1352
17:00~29:00 無休

・ 東京の沖縄料理店の代表格
1995年 6月 ☆

 *ヂマミトーフ
 *ゴーヤチャンプル
 *ナカミイリチー
 *足ティビチ
 *イチャガラス
 *沖縄ソバ
 *紅芋アイス

[AQ!]
 アフタ卓球。なぜか、隣席のネパール人のホテル王(?)と意気投合。琉球はインターナショナルつうこっちゃ。

[へべ]
 イチャガラス、おいし~。イカの墨入り塩辛なんですが、あの酸味がたまりませんっ。

[AQ!]
 紅芋アイスは、市販品のものだったけど、アレ、美味しいなぁ。一瞬、「シビの露」を思い出すなぁ。近所で売ってないかなぁ。
        → Back to List
 
 

  チェンマイ
  
千代田区有楽町1-6-10 03-3580-0456
11:30~22:00 土休

・ 老舗のタイ料理
 
        → Back to List
 
 

  チャベ 武蔵小山店 Cabe
  
品川区小山4-3-13 03-5750-3754 www.cabe-eco.com
19:00~23:00 日休

・ 武蔵小山のインドネシア料理店、23時からはバー営業

2007年 4月 ☆☆

 *ガドガド
 *サテ盛合わせ:羊、牛、鶏辛・甘、つくね
 *茄子のダブダブ
 *テンペのココナツ煮
 *インドネシアのコロッケ
 *タフイシ
 *テラシ風味ナシゴレン・スラバヤ

[AQ!]
 一人で行ったチャベが良かったので、へべを引っ張って行く。ただし、目黒通り店が一杯で武蔵小山店。こちらの方はぐっと狭く、ちんまりしたエスニックバーみたいな作りだが、ポジショニング的には本店格であるようだ。
 今回は二人だからドカドカと頼む。
 インドネシア発見、万歳!
 テラシは蝦醤、しかし、今まで食べたのと全然違う! 切れがあって上品な美味さ!
 全体に酸がいいし。
 ワシら、届くようで届かなかったインドネシアに上陸。
 知ってるようで知らないエピスのメランジェとバランス。
 木の実使いとか、複雑なワザがある。
 ちなみにチャベとは唐辛子の意。

[へべ]
 ほかの東南アジア各国料理に比べて、これまで食べたことのあるインドネシア料理は、全体に「悪くないけど、冴えん」といった印象でした。が、ここで食べてみたらびっくり。まるで違う!香りがいい!なんつってもおいしい!!!
 心の中でインドネシアごめんなさいしました。新しい天体発見じゃー。
 第一弾、ガドガドですでにレベルが違う。なんだかわからないけどスパイスのいい香りがして、これまでの「ただピーナッツソースかけただけじゃけんね」ガドガドとは景色がちゃうんチャウチャウ?
 サテもアイテムごとに味や香りが違ってて、なかでもふんわりつくねは新鮮な食感。
 ダブダブはインドネシアサルサ?調のちょいピカンテ爽やか野菜ソース。茄子にも合ってたけど、これを鶏のから揚げにかけた皿もあって、それも合いそう。インドネシアン油淋鶏といったところか。
 タフイシは、固めの豆腐(タフ)に詰め物(イシ)して揚げた料理。中身はなんか野菜。これがなんだかいい香りで旨い。
 ヤムイモか何か南方系のイモっぽいコロッケもいい。ふんわりほんわりして、肉じゃがの翌日コロッケにしたみたいな、なごみ感のある味わい。
 ナシゴレンスラバヤ風は「テラシ入り」とある。なんだかわからないけど頼んでみたら、これがイイ!ちょっと色が濃くて、複雑な味わいに、きれいな酸味が漂っている。後で聞けばテラシとはエビミソだとか。隣の卓に「スラバヤ風というのは辛くないのか」と尋ねられたお店の人は「辛くないです。ちょとクサイです」と説明をしていた (^^;)

2007年12月 ☆☆

 *テンペテリ
 *ガドガド
 *野菜和え
 *サテ盛合わせ:羊、牛、鶏辛・甘、つくね
 *揚げ玉子のココナツ煮
 *インドネシアの焼売
 *タフイシ
 *テラシ風味ナシゴレン・スラバヤ
 *ドリアンアイス、ココナツアイス

[AQ!]
 忘年会。5人で奥に席をつくってもらうとシッポリしてよろし。
 うーん、やっぱチャベは美味しい。いいお味です。塩がよく効いてもキツくないし、油がタップリ使われても軽いんですな(…というか、従来型の東京のインドネシア料理はその逆だったんだなぁという…(^^;))。そしてとっても効率良く香るスパイス類。
 野菜の料理はなんて言ったっけ、ウメェウメェ…じゃなくて…、ウ、は付いたような気が(^^;)。

2010年 4月 ☆☆

 *ガドガド
 *Telong Balado インドネシアの麻婆茄子
 *サテ盛合わせ:羊、牛、鶏辛・甘、つくね
 *Sambal Goreng Udang 海老のココナッツ煮
 *テラシ風味ナシゴレン・スラバヤ
 *ドリアンアイス
 *ココナッツカスタードケーキ

        → Back to List
  

 
 

  チャベ 目黒通り店 Cabe
  
品川区上大崎3-5-4 03-6432-5748 www.cabe-eco.com
11:30~14:30/17:30~22:00 日休
2005年開業
・ 目黒のインドネシア料理
 入居しているビルの取り壊しに伴う契約変更により、2016年1月閉店予定。

 「目黒3-12-7」から上記へ移転、再開。(2016.3)

2007年 3月 ☆

 *日替わりランチ

[AQ!]
 目黒通り「元競馬場前」近く、にて。一人ランチ。
 多分、個人的には、日本で食べたインドネシア料理で一番ウマイ的。此処は行くべし。

2008年 7月 ☆☆

 *Terong dabu-dabu
  ナスのさっぱり味のピリ辛ソース
 *Sate campur
  羊、牛、鶏辛・甘、つくね
 *Ikan pepes
  魚のバナナの葉包み焼き
 *Udang balado
  海老のブラドソース煮
 *Tumis Kangkung
  空芯菜炒め
 *Tumis pare
  ゴーヤと牛肉炒め
 *テラシ風味ナシゴレン・スラバヤ
 *Bubur Kacang hijau
  緑豆のココナッツミルク
 +Jus Sirsak, Kopi Bali
 +グラシア赤(チリ)

[AQ!]
 sirsakはsoursop、和名はトゲバンレイシらすぃ。
 それにしてもチャベの美味さよ! 一品ごとに大騒ぎ。
 サテプレートを前に、「世界焼鳥選手権」チャンプはインドネシアか?…と唸る次第。
 白身魚のイカンペペは、バナナの葉では全体を包み切れないか、アルミホイルとの合わせ技で巻き、レモングラスが利いてとても美味しいが、コレについては「じゃらんじゃらん」の必殺技に軍配を上げたい(^^;)。
 オン・ザ・インターナショナル・ストリート・コーナー、多彩な客。隣の西欧系の男性一人の、「肉野菜+ごはん+テンペ」という夕食の取り方が、これまた趣き深かった。

2013年 8月 ☆☆

 *ウラップ(野菜のジャワ風ココナッツ和え)
 *ナスのダブダブソース
 *サテ盛合せ:つくね、牛、海老、鶏2種、羊
 *Soto Babat
 *ナシゴレントラシ
 *ココナツアイス

[AQ!]
 団体様貸切…と入れ違うようにして21時半入店。
 まだ「戦場」の熱気が残るのの見えるような店内(笑)で、「いや~、すいまへんなあ、お疲れのとこ」なのだけど、そんな素振りのかけらもない、気のいいスタッフ。
 やっぱチャベは美味いです。ソトババットは「チャベ通販」でもよく貰ってウチでいただいてるので以前ほどのカンドーは薄れたかもしれないけど(爆)、やっぱ店で食うとまた一段と迫ってくる美味さ。これはホントに良く出来た逸品。

[へべ]
 大人数の団体がちょうどお開きになるところで、ラッキーなタイミングで入れました。
 家族連れなど、ラマダン明けのムスリムらしきお客さんもちらほら。

 やっぱりソトババットは外せませんね。サテはもしかして、以前とちょっとスタイルが変わったかしらん?


[AQ!]
 サテは、大人数様がどれだけ大量に食した後…かもわからないとこがアレですけどね(笑)。仕込みとの加減とか…。

チャベ 2015年 8月 ☆☆

 *揚げナスのダブダブソース
 *Ikan pepes
  魚のバナナの葉包み焼き
 *サテ盛合せ:つくね、牛、海老、鶏2種、羊
 *Soto Babat
 *ナシゴレントラシ
 *ピサンゴレン(揚げバナナ)

チャベ
[へべ]
 帰りにまさかのお声がかかって、びっくり。

 やさしいモツスープのSoto Babatが、なんともしみじみなごむ味。 本物バナナリーフでグレードアップ!のIkan pepesもおいしかった~♪
 ここは注文すると出来しだいどんどん運ばれてくるので、ゆっくり順に食べたいときは、数段階に分けて頼むのが吉かも。

[AQ!]
 ここも覚えたはったわ。今日は予約無しで名乗ってないけど(^^;)、よくわかったなあ。

 イカンペペス、鯖だったか、たまたまかもしんないけどバナナリーフがタップリしたサイズで、これは以前よりずっと旨くなってた。
        → Back to List
 
 

  チャンタナ
  
目黒区上目黒2-24-14 
 

・ 幻のタイ料理店、という噂もあり。
基本的に、予約営業と思ってよいようです。その昔、大勢で2階で戴いたときには、完全に「人んち」の様相で、いや面白かったでした。

 
        → Back to List
 
 

  ちゃんぷるー
  
世田谷区代沢5-32-7 03-3413-6489
18:00(日祝17:00)~25:00(日祝24:00) 月休

・ 下北沢の沖縄料理
1996年 9月 ☆

 *ゴーヤチャンプルー
 *スヌイ
 *ナーベラ
 *中味汁
 *クーブイリチー
 *豆腐よう
 *ヒラヤチー
 *沖縄そば
 *フーチバジューシー

[AQ!]
 開店一ヵ月下北沢なるちゃんぷる~は当家にとって有難いのみならず、極めてレベルの高い沖縄料理なのでした。

[へべ]
 下北沢に待望の沖縄料理店、登場。店のつくりは典型的シモキタ系。6~7席のカウンターと小上がり、それにもう一段高い座敷があって、ここは掘りゴタツ形式で居心地よさげ。フロアは一目でオキナワンの男性2人が仕切り、厨房にはなんと銀髪の年配の男性が一人。次々に(しかもかなりのスピードで)繰り出してくる沖縄料理の数々の、おいしさったら。とりわけ、中味汁と、ナーベラが素晴しかった~。ふんわり豆腐と、中味系の肉片、ニラなどと炒め合わせた一皿は、ナーベラ史上に残りそう。ほんっとに、おいしかったのでした。なお、スヌイは沖縄のモズク(の酢のもの)です。

1996年 9月 ☆

 *ぱぱいやちゃんぷるー
 *みみがー
 *てびち汁
 *すぬい
 *ごーやー酢
 *ぢまみ豆腐
 *すくがらす豆腐
 *ふーちゃんぷるー
 *沖縄そば
 *フーチバジューシー

[AQ!]
 いやぁ、うまいなぁ、うるうるうる。

[へべ]
 下北のオアシス。ぱぱいやちゃんぷる~ とか、 ふーちゃんぷる~ の旨いことっそして鮮烈なごーやー酢 もいいなぁ。最後に、これでおしまいだからと、ふーちばじゅーしー ご馳走になりました。

1996年10月 ☆

 *すぬい
 *ごーやー酢
 *すくがらす豆腐
 *豆腐ちゃんぷるー
 *そーめんちゃんぷるー
 *らふてぃ
 *中味汁
 *沖縄そば
 +珊瑚礁10年、残波10年

[AQ!]
 大繁盛なのであった。

[へべ]
 座敷の若者たちは、そーみんちゃんぷるー10人前は頼んでたような気がする。(^^;) らふてぃ、は、すぐ出る。これもうんまい。

1996年11月 ☆

 *すぬい
 *なべら
 *ごーやー酢
 *すくがらす豆腐
 *中味汁
 *クーブイリチー
 *ゴーヤチャンプルー
 *沖縄焼そば
 *豆腐よう
 *沖縄そば

[AQ!]
 「いつもはヒマだ」と言いいながら、いつも混んでる。けど、美味し。

[へべ]
 焼そばも、たまりません。

[AQ!]
 沖縄そばの麺を使った焼そばですが、やはり、味の含ませ方のふんわりしたこと~。

1997年 1月 ☆

 *ゴーヤチャンプルー
 *スヌイ
 *ごーやー酢
 *ナーベラ
 *中味汁
 *豆腐よう
 *沖縄そば

[AQ!]
 珍しくカウンターが一杯で座敷へ。月曜が定休になるそうです。ナベラ~。

1997年 4月 ☆

 *スヌイ
 *ごーやー酢
 *ナーベラ
 *パパイヤチャンプルー
 *てびち汁
 *みみがー
 *フーチバジューシー
 *沖縄そば

[AQ!]
 今日は若手が作っていて、少しテイストの違う仕上がりのものもあるがこれも美味。

1997年 5月 ☆

 *すぬい
 *なべら
 *ごーやー酢
 *すくがらす豆腐
 *中味汁

[AQ!]
 8月から店の3Fには瓶を並べて「泡盛バー」を始める由。期待されます。

[へべ]
 Hanakoのシモキタ特集には出ていなくてほっとしましたが、相変わらずの大繁盛。この次に行ってみた時は、ちょうどいっぱいで入れませんでした。「泡盛バー」が楽しみ。このとき飲んだ名前ド忘れの泡盛がおいしかったのですが。

1997年12月 ☆

 *すぬい
 *ゴーヤ酢
 *スクガラス豆腐
 *中味汁
 *なべらちゃんぷるー
 *パパイヤちゃんぷるー
 *とうふよう
 *沖縄そば
 +オリオン黒生
 +かねやま15年43°
 +琉球王15年43°

[へべ]
 クリスマス・イブには沖縄料理に限る。の、かも。いつもに増して人出の多いシモキタなのに、なぜかいつもより空いているありがたいちゃんぷる~。この日はことのほか、なべらと中味汁の旨さが身にしみた。年末は12/31まで休まず営業、新年は1/2から開店、と頼もしい貼紙あり。マスター曰く「飛行機も高いしねー、正月は働くっきゃないよ。6月にだってなんだって正月休みとればいいだけよ」。納得。
 今年のいつだか出たらしいという新製品オリオン黒生は、冬の1杯目には好適。今宵はちょっとばかり張り込んで1500~1800円クラスの泡盛も。琉球王は、華やかな香りと派手なアタックの情熱的な第一印象から、徐々にぽってりとした曇りガラスに泡を封じこめたような感じへと変化。これもなかなかヨイけれど、やはり先に飲んだかねやま15年にはかなわない。かねやまは、均整のとれた飲前の香りと飲中の味わいも素晴しく、なんといってもその見事なアフターは他の追随を許さない(のでは、とまで思われる)。飲んでから一拍おいて忽然と立ち現れる、キャラメルのような甘い風味とナッツの香ばしさ。もう一口、もうひとくちと甘い夢を見たくなる。
 幻の酒(波照間島?とか)、3500円クラスはマスターも開店時にちょこっと飲んだきりらしい。
 テレビ取材等は「下はいいけどさ、ここはダメね。混んじゃうのヤだし」

1998年 2月 ☆

 *ゴウヤ酢
 *カリカリポーク
 *なべら
 *中味汁
 *くーぶいりちー
 *ぱぱやちゃんぷるー
 *すくがらす豆腐
 *そば
 +請福7年43度、常盤11年43度、琉球王15年43度

[へべ]
 金曜夜のちゃんぷる~は例によって大繁盛。につき、上のバーで泡盛をなめなめ席の空くのを待たせてもらう。これもまたよし、です。請福はなかなか上品な感じ。ほどなく席もできて2階に移り、オリオン黒生をはさんで常盤。これはショコラ的香ばしさがなかなか美味です。最後に、琉球王。これは素晴しい、口中で変化する、貫祿の味と香り。おねだりして珍しくカリカリポークを注文。ビールにはヨイと思うんだけどなぁ。次回からは「ケチャップ抜きで」と頼もうと心に誓うへべでした。

[AQ!]
 琉球王は記憶すべし。なんだっけな、沖縄シンジケート闇組織(うそ)的話題で近所が盛り上がっていたなぁ。やはり小さい島ではあるんですよね。

1998年 7月 ☆

 *ゴーヤ酢
 *スヌイ
 *ナーベラ
 *ぱぱいやちゃんぷるー
 *すくがらす豆腐
 *揚げ芋
 *中味汁
 *沖縄そば
 +まるたま13年43度
 +琉球王15年43度

[AQ!]
 一階の沖縄食堂は夜の営業も開始。三階の泡盛バー、看板が出来ました。以上、最新ちゃんぷる~事情。新メニューの揚げた芋(たーんむ)がうめぇ。

1999年 1月 ☆

 *すぬい
 *たーんむ揚げ
 *なちゃんぷるー
 *ごーやーす
 *中味汁
 *もずく天麩羅
 *なーべらー
 *沖縄そば

[AQ!]
 「リサイクルショップの方は土曜の夜だけやってますから~」って変な趣味だな、マスター。(^^;) ごーやは冬場は緑が薄いのかな? なべらーは逆に適度な感触が楽しい。

[へべ]
 はじめて食べたもずく天麩羅はふしぎな味と食感に磯の香り。大量ではある。やはり揚げものは「たーんむ」。これはいい。

2008年 7月 ☆

 *すぬい
 *なーべらーのおひたし
 *たーんむ揚げ
 *ぱぱいやちゃんぷるー
 *ゴーヤ酢
 *中味汁
 *沖縄やきそば
 +まるたま25度

[AQ!]
 大将、今日は厨房でバリバリ働いてやんした。
 なべらのおひたしバージョンがボクらには新顔だった。今日は二人とも病み上がり、なべらぱぱやの身体に沁みること。うまー。中身も!
 相変わらずイイ店だよなー。盛況。大将のもと、女の子たちも動き良し。

2010年11月 ☆

 *すぬい
 *なーべらー
 *たーんむ揚げ
 *ぱぱいやちゃんぷるー
 *ゴーヤ酢
 *ゆし豆腐
 *沖縄そば
 +咲元
 +まるたま25度

[AQ!]
 風邪明けで、ぬちぐすい養生。
 ちゃんぷるーは、相変わらず安定感ある料理。「本日は…」で、ゆし豆腐があって、たいへん結構でした。
 久々に飲むマルタマはやっぱウメーづら。
        → Back to List
 
 

  チョップスティックス Chopsticks
  
杉並区高円寺北3-22-8大一市場 03-3330-3992 namamen.com
11:30~24:00(金土26:00) 月休

・ 高円寺駅前のベトナム料理
2008年 3月 ☆☆

 *えびせん
 *生・蒸し・揚げ春巻
 *青パパイヤと蒸し鶏のサラダ
 *バインセオ
 *海南チキンライス、豚角煮飯、豚チリ飯
 *あっさり蒸し鶏・蒸し鶏とトマト・牛肉・豚チリソースのフォー
 *自家製マンゴープリン

[AQ!]
 行こう行こうまた行こう、色々食いにまた行こう、Oh!!
 バインセオは抜群に旨い。飯類・フォー類も国内トップクラスかもかも。
 飲物込で一人3000円程度で、マンゴープリンまで至極マットウとは。

2008年 6月 ☆☆
        → Back to List
 
 

  珍品堂
  
世田谷区若林3-15-1 patpong.biz
12:00~15:30/17:00~25:00

・ 若林のアジア全域料理
 「パッポン食堂」と改名して続いていたが、2014年閉店とのこと。ネット販売を含むサイトは継続、またレストランも移転再開の可能性があるようだ。

2005年 9月

 *空芯菜炒め
 *茄子と干し海老のサラダ
 *揚げ春巻
 *ガイヤーン
 *ラオスまぜごはん
 *ココナッツアイス

[AQ!]
 世田谷通り沿い深夜営業、便利。

[へべ]
 アジア料理各種なのだけれど、その名乗りにつきまとう「いんちきアジアンダイニング」感はなく、好きなよーにやってます、というノリでこちらも楽な(ゆるい)気分でへらへらっと食べてしまうのは、店名のなせるわざ?
        → Back to List
 
 

  琉球・梅酒 ダイニング てぃーだ
  
渋谷区代々木2-14-1 03-5358-85335
無休

・
        → Back to List
 
 

  てぃーら
  
世田谷区北沢2-9-20
 

・ 下北沢の沖縄料理
2000年 1月

 *セロリ漬
 *ごーやちゃんぷるー
 *甲烏賊とフーチバの天麩羅
 *どぅるわかしー
 *紅芋バター焼
 *中味汁
 *すくがらす
 *なべらおひたし
 *ラフテー
 *フーチバチャーハン

[AQ!]
 割りと最近出来た…のかなぁ、手書き(に近いような)看板の出てるビルの階段を2階に上がるとスナックのような雰囲気でやっている。ドゥルワカシーまであるくらいで、メニュー豊富。これをちっちゃなレンジの前でママがみんな作っちゃうのね。フーチバの香りが強烈で、フーチバ物が印象的。店内は殆ど飲み屋状態で、メシを食っているワシらが「浮く」ような感じであった。(^_^;)

[へべ]
 沖縄料理店らしい、というよりは、シモキタのスナックらしさが勝った雰囲気。フーチバものは香りがたってて、なかなかでした。ほかの沖縄料理屋さんより椎茸が強いのは好き好きでしょうか。
 紅芋バタ焼は、お食後がわりによさそう (^^)
        → Back to List
 
 

  テテス
  
港区西麻布2-13-12 
(2Fレストラン)11:30~14:30/18:00~23:00(日祝~22:00) 無休

・ カフェ風の造り フランス経由のベトナム・タイ料理
TETE1  公式サイトによると「TeTeSは2016年6月26日(日))を以て閉店」とのこと。
 けっこう長い間、霞町交差点の“目印”っぽい存在だったので、寂しい。

        → Back to List
 
 

  デュシット・ティエンドン
  
文京区本郷2-2-9センチュリータワームーンパレスB1
11:30~14:00/18:00~21:00 土日休

・  
 一時閉店する、とか、しない、という噂が飛び交っているようです。訪問には、電話で確認してから、が良さそう。(2002)

1996年 8月

 *海老の生春巻
 *クワイの揚春巻
 *インゲンとシーフードのサラダ
 *南京豆と豚肉のスープ
 *鶏炭焼ベトナム風
 *スープヌードル
 *屋台風焼麺
 *クワイとジャックフルーツのココナツスープ
 *タロイモのアイス

[AQ!]
 妙にリゾート臭い店内と、しっかりと臭い香草セットは、評価ですね~。
[へべ]
 香草セットは、とても嬉しいっ。できればもっとベトナム食堂みたいな店で、ああいう香草とモヤシのセット出してくれないかなぁと、思います。
        → Back to List
 
 

  ドンコーイ
  
千代田区平河町1-3-8
11:00~15:00/17:00~22:30 日休

・ 麹町のベトナムカフェ
 インド・パキスタン料理チェーン「シディーク」の経営するベトナム料理カフェ。アジアはトモダチ(^^;)。 (2003)

 「改装につき休店」とのこと。(2003.12)

DONK1 2003年 2月

 *揚げ春巻
 *焼き茄子サラダ
 *空芯菜炒め
 *鶏のレモングラス炒め
 *鶏のフォー

[AQ!]
 インドパキスタン料理屋チェーンのシディークが何故か営むベトナムカフェ。フロアのねーちゃんはインド系。厨房は今日はベトナミーズっぽかったが、へべの話では、印度系の日もあるとか。
 都心の街角のベトナミーズとしては必要十分だすな。
        → Back to List
 
 

  那覇そば
  
那覇市奥武山町26-7 098-857-9504
10:00~21:30 無休

・  
 

 
        → Back to List
 
 

  ナミン
  
渋谷区広尾1-6-6 
12:00~14:00/17:00~24:00 無休

・ フィリピン料理
1995年 5月

 *海老のシニガン
 *牛肉のピーナッツ煮
 *フィリピン風野菜炒め
 *揚げ平目の玉子とじ風
 *牛モツの辛味炒め
 *フィリピン風焼そば
 *ウベ

[AQ!]
 フィリピン料理です。辛くないタイ料理的、ですか。酸味と香草、美味しい。

[へべ]
 野菜炒めが、ゴーヤと豚がよく効いてて美味しかった。あと、見た目にはなんの変哲もない焼そばの、どこからともなく漂う香草のかおりのよさも、よかった。
 辛い、と書いてあるもの以外はほんとに辛くなくて、辛いものの辛みも、酸味も、ピーナッツなどの風味も、全体にマイルドなお惣菜風。卓上調味料もあるといいかなぁ。ウベ、は、甘かった。(^^;)
        → Back to List
 
 

  なんた浜
  
目黒区自由が丘1-8-20 03-3723-2933
 

・ 自由ケ丘の沖縄料理
 
        → Back to List
 
 

  ノング インレイ Shan Restaurant Nong Inlay
  
新宿区高田馬場2-19-7 03-5273-5774
12:00~23:15 無休

・ 高田馬場駅前のシャン(ビルマの一地方)料理
2006年 9月 ☆☆

 *シャン風牛ソーセージ
 *高菜・鶏炒め
 *センマイ・ハチノス煮込スープ
 *シャン豆腐の和え
 *空心菜炒め
 *豚のシャン味噌炒め
 *ミー・シェ、スープ入り
 *シュガーナン

[AQ!]
 うひぇ~、ウマかー!! しかも、頼んだもん全部ウマい~!…というのは久しぶりの体験。
 コンサート明け、某IT(元青年)社長(笑)から高田馬場シャン州(ビルマ)料理はどうかと発案あり、ウホホイと乗る。 壁貼りメニューはビルマ語オンリー、 日本人客もワシらオンリー…といわゆる一つのディープ系。しかして此処んちは、抜群にウマし! おどれーた。
 また行こ。ビルマビールも飲みまくり。
 食ってうる内に胸に沸いてくる、何処か懐かしい味、という思いは醗酵パワーかなぁ。かもすぞ~!

2007年 4月 ☆☆

 *シャン風牛ソーセージ
 *高菜・豚炒め
 *センマイ・ハチノス煮込スープ
 *タカ菜炒め
 *旬菜と豚の煮込

[AQ!]
 某ミュージカル仕事の初日帰途。ちょうど二人分空いて滑り込み。
 うーん、故郷の味はお袋の味よ(ハート)。
 いやーしかし雰囲気は「知り合い連中の共用食堂」みたいだけどなあ、相変わらず(^^;)。
 俺らの注文も上手く行ってるのかもしれないけど、意外と味・具合が重ならないというか、皿間のバランスが良いのは特色。
 ゴハンいるか、と聞いてくれるタイミングもばっちしでした。

[へべ]
 「そういえばあそこ、行きたいね」と言っていた矢先の池袋帰り。ちょうどいいかなと、ふらりと行ってみました。入れてラッキー。
 タカ菜、トウチ(的、豆みそ)、トマト、香菜、肉の発酵風味、ニンニク、唐辛子、ネギ、モツの旨み…(頼まなかった料理ではナッツものもあり)などがあいまって、ほのぼのとどこか懐かしい味ながらも、メニューで眺める以上に多彩な味わいに毎回驚きますなー。
 いい店だー。

2008年 1月 ☆☆

 *シャン風牛ソーセージ
 *シャン風豚ソーセージ
 *竹虫炒め
 *高菜・豚炒め
 *センマイ・ハチノス煮込スープ
 *シャン豆腐
 *空心菜炒め
 *鶏の油めし
 *シュガーナン


2010年 9月 ☆☆

 *シャン風牛ソーセージ
 *お茶サラダ
 *高菜・豚炒め
 *油そば
など


ノングインレイ 2015年 6月 ☆☆

 *牛とお米の皮無しソーセージ
 *お茶サラダ
 *生姜サラダ
 *鯉の熟れ焼き
 *川魚のシャン風清蒸
 *豆腐カウスェ
 *コオロギ炒め
 *竹蟲
 *鯰のモヒンガー
 *高菜豚炒め
 *ひよこ豆とマトンの煮込み
 *サティ(マトン)
 *あげせんべい
 *油そば
 *タピオカココナツ
 *デザートパラタ、揚げパン
 +Myanmar Beer
 +13 Shiraz Tempranillo / Red Mountain Estate (Myanmar)

ノングインレイ
[AQ!]
「久しぶりにノングインレイに行こうぜい!」…と、6名宴会。
 前回に比べ、ビル内の店舗が3倍規模程度に膨張したノングインレイ。さらに領土拡大してシャン州自治ビルにしてくれ(笑)♪
 相変わらずの「定番シャン料理」はじめどれも美味しいが、ワシらの「今回の発見」は、生姜サラダ・川魚清蒸・豆腐カウスェ・鯰モヒンガーあたりか。
(ヒヨコマメのシャン豆腐に米麺でカウスェ。ところでシャンの豆腐って、露骨に日本や中国を想起しないとこがあるので、モダン料理のヒトなんかにも具合良い豆腐だと思うのだが(笑)。モヒンガーも米麺か、鯰はやっぱりイイ)
 サラダにしても虫にしても煮込みにしても、ガンガン複数頼めるのは大人数のおかげだなあ。2人で、お茶サラダと生姜サラダの両方は頼めないもんなあ。
 時節柄か、生ソーセージ類の品書はおとなしめにしてるようだけど、余りあるほど色々な銘品があるし。

[へべ]
 久々に行ってみたら…店が3ブロックくらいに増殖してた(笑)。
 めでたい。
 待ち合わせのヒトは、1カ所であきらめないで全部覗いてみるように♪
ノングインレイ
 生姜サラダは、揚げ豆各種、的なものが入ってて、いい食感のアクセントになってました。これはいい!

 川魚清蒸は、ドドン、と立派なのが登場。身のしっとりとした仕上がり、腹にこれでもかと詰め込んだ太いレモングラスがきいてて嬉しい。汁、旨し。旨くて、のちにケッコー辛い。

 豆腐カウスェ、新食感! これとか、鯰モヒンガーとか、気になるモノがすぐに頼める大人数って、素晴らしい…。

ノング 2016年 9月 ☆☆

 *牛とお米の皮無しソーセージ
 *お茶サラダ
 *川魚のシャン風清蒸
 *シャンカウスェ
 *ハイビカツ
 *シャン豆腐
 *かわえび揚げ和え
 *餅米と豆
 +Myanmar Beer

[AQ!]
 某コンサート打ち上げでなだれこむ。
 謎のハイビカツ!?…が旨いんすけど。酸味がたった高菜炒め休め…的。なんなんだハイビカツ(^^;)。

 食後、K幹事が「このビル、ビルマ化してて上階もおもろい♪」というので、夜中の怪しいエレベータへ(笑)。
 こんな時間でもビルマ・スーパーが数軒、営業してる。楽しい♪
「俺がアンタなら絶対コレを買うぜ」と言う高級茶葉漬物をゲット(たしかに旨い)。
        → Back to List
  

 
 

  パッポンキッチン 
  
渋谷区宇田川町41-26 03-6427-0377
12:00~売切/16:00~22:30 日休

・ NHKセンター下のタイ料理
2014年 8月 ☆☆

 *発酵肉揚げ盛合せ:腸詰、豚バラ、築地宮川鶏肉、築地宮川手羽
 *ジャックフルーツの和え物
 *アカシアの葉の一種(チャーオム)入り玉子焼
 *ホウボウの蒸し物
 *トムカーガイ(南京生姜とココナツミルクのスープ)

[AQ!]
 やったね、やりました! わっひょいです。
 渋谷NHK近く、カウンター主体10席弱。厨房にタイ人男女シェフ、サービス女性で3人。客席vs.スタッフ人数はガストロ並や(笑)。
 イサーンの日常食…が中心になるのかな。

 前菜役の肉揚盛の、発酵くちゃさ…で既に悩殺。チャーオムもちゃんと、くちゃい。
 毎回必須!…になりかねないのが、ジャックフルーツの和え物。これ、名乗りからは想像しにくいのだが、んんん、とてもまとまりの良い、タイの香りの、炒め和え。
 香り、…フレッシュハーブも発酵モノも、良いです。魚の蒸し物でも、かなり面白旨く、いただける。

 イサーンが得意?…と聞いての訪問だったので、懸案といえば懸念(^^;)だったのが「激辛」問題なんだけど、中には爆発系もあるのかもしれないけど(^^;)、今日の5品はまったくセーフ。「俺のため?」…ってくらい、丁度良かったのよ。

 ジャックフルーツもだけど、品書 (基本的には黒板板書) は、投げやり(笑)。「南京生姜とココナツミルクのスープ」としか書いてないのだが、厨房へ通すのは「トムカーガイひとつ」。で、鶏肉が多過ぎるほどちゃんと入っている。書いとけよ!(笑)

[へべ]
 アバウトな品書きから、ええいままよ、と選んでみると次々に出てくる、香り立つタイ料理。
 レモングラスやバイマクルーの効いたジャックフルーツの和え物(炒め煮…のようにも見える)、発酵力みなぎる揚げ肉盛り合わせ、などなど。これはいい!
 お近くの方々は日替わりのランチもいいデショね~。ヽ( ´▽`)丿

2014年11月 ☆☆

 *チェンマイの黄色いソーセージ
 *イサーン式牛もつの煮込み
 *ピータンのホーリーバジル炒め
 *発酵魚のフライ
 *アミ海老発酵味噌入り焼き飯 甘辛煮豚肉・玉子焼き添え
 +Singha, Esprit Trapadis Helen Durand

[AQ!]
 上から、800.700.800.900.900円。「肉揚げ4品盛り」以外に4桁のメニュー無し(笑)。


[へべ]
 イサーンもつ煮込み、うまーい! クリアなスープの「トムヤムもつ」って感じで牛モツ各部が入ってて楽しい。
 レモングラスの香り立つチェンマイソーセージもいーいお味。
 発酵魚は尾頭つきが、まるまる2尾。冷凍なのか白っぽいのが冷蔵庫から出てきて、棚の上の高いところにある電子レンジにかけた後、からっと素揚げになって登場。意外にも淡白で上品な味わいでした。
 アミ味噌焼き飯は、まずふんわり玉子焼きから作業開始。玉子も肉も野菜も焼き飯も、ぜんぶ取り合わせて一口にほおばるのがベスト♪

[AQ!]
焼き飯が「すべてのバランス」で、ウマイ…ってとこに着地してるなんざ、見事だよねー。

2015年 2月 ☆☆

 *チェンマイの黄色いソーセージ
 *ジャックフルーツと豚肉の炒め
 *南瓜と玉子と豚肉の甘辛炒め
 *舟そば
 *ソムタムパラー
 +Singha

[AQ!]
 時には満席お断りにあったりするパッポン、水曜夜でセーフ。

 ジャックフルーツは「和え物」名乗りで出してたのと概略、同じ。

 南瓜甘辛炒めは、漏れ聞こえるスタッフ会話によると、「そう言ってたけど“辛”は全然入ってないのよね~(笑)」。
 かように「名乗り」はマイペンライに満ち満ちている。ほんまワシらにはモーマンタイだけど神経質なヒトはお覚悟の上(笑)。

 そのいい加減な名乗りの元、ではあるが、ここのラインナップはホントにイイんだよな~。どれ頼んでもいいくらい。逆に言うと、例のあの、「“日本式タイ料理店仕上げ”で出てくる トムヤムクン~トートマンプラー~カレー~ココナツアイス」…的なアレって、全然好きじゃないのよね~(^^;)。

 舟そばは豚血入りの牛だし麺。「専門料理」に取り上げられた記念(?)…に、今日は注文。

 まあどれも、スッキリすんなり、心底、美味しい。
 量は3品+〆…だとやはり少し物足りなく、ソムタムパラー(プラー?)を追加。4+〆、か、更にもう1品…くらいだな。嬉しいことに、ここのソムタムは「辛過ぎない」。我々的にはブラヴォ!

[へべ]
 「今日は舟そば」と、うっすら思い決めての訪店。どれもウマい~。

 チェンマイ黄ソーセージはこんがり揚がって登場。調理中は店じゅうに妙なる香気が漂い誰の何かと思ったらウチのコレだった(^^;)。 ソムタム辛すぎなくて大丈夫、は、大朗報!

パッポン 2015年 7月 ☆☆

 *チェンマイの黄色いソーセージ
 *ジャックフルーツ豚肉炒め
 *発酵仔羊とチンゲン菜の辛炒め
 *チャオムの玉子焼き
 *イサーン式牛もつの煮込み 米麺入り
 *ナタデクリスチアノのエッグタルト(マンゴー)
 +Singha

[AQ!]
 ボクらが電話してちょうど満席、くらい。
 いやあ楽しい近さ、狭さの味ですな(笑)。
 どれも香りがホントにうるわしい。味付けと辛さの「程良さ」も嬉しい。
 ちょっと酸っぱ具合の羊がたまらん。
 イサーンもつ煮は好きなのだが、センレック入りはよく合っていると思う。
 また、クリスチアノの蛋達がばっちりハマルお食後。

[へべ]
 カウンター2席、ちょうど空いててよかった!
 コックピットのような厨房で、小さなフライパンで揚げ物しながら、横の火口で炒め物。あのギリギリのスペースで、よく鍋をあおったりできるなーと、いつもながら感服する。ああ、いい匂いがしてきた…。
 その傍らでは「あと青梗菜も、6個よろしくねー」などと、明日の食材仕入れの段取りが進行中。そっか、夜のこのくらいの頃合で見積もるのね。
 などと言ってるうちに、料理ができてくる。バイマックルーが、レモングラスが、香り立つ。ああ、これこれ…。

 この日の注文は、まんま繰り返してもいいくらい好きかなー。麺入りのイサーンもつ煮、グッドでした。

パッポン 2015年11月 ☆

 *ソムタムパラー
 *ネーム
 *発酵仔羊とチンゲン菜の辛炒め
 *沢庵玉子炒め
 *カオソイガイ
 *ピータンのホーリーバジル炒め
 *ナタデクリスチアノのエッグタルト(マンゴー)
 +Singha

[AQ!]
 17時くらいに電話するとタイ人おかーさんが出ることが多い。
 気のいい日本人サービスは鈴木さん。

 案外にネーム・カオソイガイが初注文だったかな。これもイイ。
 沢庵、イナタいわー。向こうで似たようなんがあるんかな。塩はキツイ。

パッポン 2016年 7月 ☆☆

 *ソムタムパラー
 *豚バラ肉揚げ
 *発酵仔羊とチンゲン菜の辛炒め
 *ジャックフルーツ豚肉炒め
 *蒸し魚の梅干し葱生姜ソースがけ
 *イサーン式牛もつの煮込み 米麺入り
 *ナタデクリスチアノのエッグタルト(マンゴー)
 +Singha

[AQ!]
 この季節、最強のパッポン(笑)。
 パッポンのビルまで歩いてくると、建物は暗くシーンとしている。階段を上がりその中に分け入る。
 …月祝ってことですね。パッポンは変わらず営業。
パッポン
 豚バラ/発酵仔羊/ジャックフルーツ…この辺で飲むのはサイコー。
 もつ煮はやっぱ麺入りで〆に持ってくるの、強力に良い。

 まあしかし、ごく冷静に眺めると、パッポンは〆に行く手前で、一品、抜きというか爽やか系の皿があると更に更にコース的には良くなるんだけどなあ。多少、ね、「同じウマさ」が多いこいことは多い。
 まあ9席の極小厨房を眺めるとさすがに無理なオネダリだが(^^;)。

[へべ]
 廃墟?
 ビル停電で全面休業?
 なんだか暗く静まりかえったビルのたたずまいに、ちょっとドキドキ。おかげでさらにシンハーの旨さがアップ♪

2017年 2月 ☆☆

 *ソムタムパラー
 *発酵肉揚げ盛合せ:腸詰、豚バラ、築地宮川鶏肉、築地宮川手羽
 *ジャックフルーツと豚肉の炒め
 *蒸し魚の梅干し葱生姜ソースがけ
 *イサーン式牛もつの煮込み 米麺入り
 *電車チャーハン

[AQ!]
        → Back to List
 
 

  ハノイ ベトナムの食卓 Ha noi
  
横浜市神奈川区西神奈川1-18-4 045-434-6676
11:30~14:00/17:00~22:00 無休

・ 東白楽のベトナム料理
 店名には「ハノイ」とつくが、ニャチャン地方の料理。

2008年 5月 ☆☆

 *青パパイヤのサラダ
 *ベトナム風ミートローフ+ベトナムハム2種類の盛り合わせ
 *チャージョー エビのすり身のレモングラス揚げ
 *グオイクオン
 *Mui cua don thit ベトナム風クラブケーキ
 *豚の角煮のナッツかけ 二種のパクチーとミント
 *Pho ton エビのフォー
 *チェー
 +Saigon Beer 2種
 +Vang Delat red wine

[AQ!]
 いやあ、東白楽(!)ですよ。東白楽でニャチャン料理。
 ワタシゃあ、東急線っ子だからまだ「ああ…」だけど、多くの東京人には「何処ソレ?」じゃなかろか(^^;)。
 ちなみに、東神奈川駅からも歩ける。徒歩で、東白楽5分・東神奈川10分。しかして、住所は「西神奈川」。さっぱりワカラナ~イ(笑)。
 鬼が出るか蛇が出るかはたして何処へ売り飛ばされるか…とアタマの中が少しばかり日活無国籍映画に染まる寂しい県道沿いに(←東京人は多少、横浜に夢を持ち過ぎる(^^;))、小ぢんまりしたスナック風店舗が佇む。
「あ、ここか」
 どんなにイナタく現地調のご対面になりますかね…、と(半ばワクワクと)足を踏み入れるワシらであるが(予約はしてあります)、其処に現れたのは、意外にも、“西麻布かい?”というようなクールな都会センスの内装調度、落ち着いてサッパリとしたカウンターとテーブル。2階もあるようだ。
 うーむ。「謎」の一軒。白楽の狸に化かされた(笑)。
 注文はオニーチャン。これぞ“ベトナムの微笑み”を浮かべて、「こちらは初めてですか?」から会話は始まる。ほぼ誘導的な「初回用おまかせ」は、コチラも、凡そ“そのつもり”で、来ました。
 ミートローフに震える! コレは食えやぁ! 今日は祝祭・人生は楽しい、…と、そのくらい舞い上がる味覚である。魚介系隠し味かな。東白楽まで来て、ヨカッタ!
 ハムは軟骨+キクラゲだったか。
 レモングラスを芯にした海老団子は、
「まずレモングラスを引き抜いて匂ぐ。そして噛むと海老の風味が楽しめる。しかる後に、野菜・香草とどうぞ」
 とのこと。なるほど!
 拍手また拍手の美味。材料もいいモノ使ってる。
 オネーサンはニホンゴ学習中。
「レモンをサバって…」
 と言って帰ったあと、(ワシら「鯖って」?)
「シボって(絞って)、でした」
 と、わざわざ訂正に来たのは、ワラた。
 ニャチャンフエより更に南、海岸の地方のようだ。
 パリの「為平」で必ず出てくる、太い葉のパクチー…を初めて?日本で見る。
 「これ何?」と聞くと、「パクチー」と呼んでいた(^^;)。いや、知ってる、たしかに味はパクチーそっくりなんだよな。
 (後日注:誰かかが作り出したのか輸入が増えたのか、この太葉パクチーは、この頃より急激にあちこちで見かけるようになった。正しくは、「パクチーファラン」と呼ぶみたいですね。ググってしまうと何でもわかってしまってツマラナイのだけど(^^;)、ガーデニングで作ってる人もいるみたいだ…。ベトナム料理店の皆さん、蒔きましょう! 店で山盛り出しましょう!(^^;))
 仕上げは勿論、チェーチェーの奥深さとアオザイのエロさ、は、ベトナムのガチ!(違

2008年 8月 ☆☆

 *エビと青パパイヤサラダ
 *Bun rieu
  カニ味噌とトマトのスープビーフン
 *チェー
 +ハス茶

[AQ!]
 「Hanoi」から僅か徒歩8分ほどにある「かなっくホール」での仕事を受注した。
 チャー!
 これは、一人で…とはいえ、寄らないで帰るわけにはいかないでしょう。
 こんばんは。
 ここのブンリュウは、魂がフルフルとするくらい旨いです。蟹味噌の臭い具合が抜群。
 それにしても、これだけのものを供していて、例えばこの店を人に紹介しよう…と思ったときに、店名の「Hanoi」・「ベトナムの食卓」は、どうにもピンと来ない。「東白楽」って地名はいい(面白い)んだけど。(^^;)
 おニーチャンが、もうちょっと日本語が堪能になったら、
「店名を"ニャチャン"とかにしよおよお」
 と入れ知恵したいと思う、…野望(^^;)。

2009年 7月 ☆☆

 *Cha la mien
  ベトナム風ミートローフとハム
 *Goi thu du
  青パパイヤサラダ
 *Mui cua don thit
  ベトナム風クラブケーキ
 *エビのタマリンドソース炒め
 *gia cay
  豚軟骨の煮込み
 *Bun rieu
  カニ味噌とトマトのスープビーフン
 *チェー
 +Saigon Special Beer
 +Vang Delat red wine
 +ハス茶

[AQ!]
 やっぱり、タダナラヌ美味さ。
 ウプ!と興奮しホワ!と溜息が出る美味さ。
 オニーチャン(マスター)は、二子玉川ジャンズの旦那をちょと思い出す。
 ニコヤカでタオヤカで弱弱しく風に吹き飛ばされそう…、でいて、実は芯が強い
 ザッツ・ベトナム人。
 多分、芯が強いんですよ。だから、この場所で、これだけブレナイ。アメリカと戦っても、勝つ。
 料理の注文に対しても、自信をもってサジェストしてくれます。
「これは合わない」「それは味がカブる」「**を挟むのはすばらしい」
 次回はまた「おまかせ」に戻ってもいいかもね。

2012年 1月 ☆☆

 *Banh cuon
  蒸し春巻
 *Goi thu du
  青パパイヤサラダ
 *Cha gio
  揚げ春巻
 *エビのすり身のレモングラス揚げ
 *Mui cua don thit
  ベトナム風クラブケーキ
 *gia cay
  豚軟骨の煮込み
 *Pho hai san
  海鮮のフォー
 *チェー
 +Vang Delat red wine
 +ハス茶

[AQ!]
 ちょっと久しぶりなので「おまかせ」にて。この3500円は安い。
 まずは、蒸し春巻とパパイヤを、ゆっくり味わってみる。ミントの切れ込み、香草の具合、ニョクマムに砂糖、…それぞれの要素が精妙に主素材を祝福する。とても品が良くて艶っぽいバランス。
 やっぱり、こちらはウマイ。ここの味・香の決め方、ベトナム系の中でも最も好きな一軒だなあ。

[へべ]
 ちょっと久々になりましたが、やっぱりいいですね。蒸し春巻のタレまでここのは品がよい味わい。次回はまたぜひ、あのミートローフをいただきたいものです。
 「飲みながらゆっくり食事」派としては、あとは料理と料理の間がもうちょっとだけあいてくれると、ちょっと嬉しいかも… (^^;)
        → Back to List
 
 

  ハルコロ HaruKor
  
新宿区百人町1-10-1 03-3368-4677
ランチ/17:00(土日16:00)~23:00 不定休

・ 大久保のアイヌ料理
 「百人町1-15-3」から上記へ移転。(2013)

2011年 9月 ☆

 *コマイ
 *鹿肉ステーキ
 *ホッケ
 *キトピロギョーザ
 *オハウ
 *鹿肉ジンギス風炒め
 *ささみ湯引きキトポン
 *鮭チャーハン
 *ラタシケプ
 *イモシト:ジャガイモ、カボチャ、ヨモギ

        → Back to List
 
 

  バンコク
  
港区六本木3-8-8 03-3408-8722
11:30~15:00/17:00~22:00 無休

・ 六本木のタイ料理
 
        → Back to List
 
 

  バンタイ(新宿)
  
新宿区歌舞伎町1-23-14 03-3207-0068
11:30~15:00/17:00~23:45(土日祝11:30~23:45) 無休

・ 新宿のタイ料理
 
        → Back to List
 
 

  バンタイ(二子玉川)
  
二子玉川
 

・ バンタイの二子玉川店
 ええと、再開発で無くなったかなぁ…。 (2002)

1995年 4月

 *トムヤムクン
 *青茎菜炒め
 *牛ミント炒め
 *ソムタム
 *サテ
 *蟹カレー炒め
 *緑・赤カレー
 *クェティオ
 *ココナツアイス・ココナツパインアイス・カボチャ&里芋ココナツミルク

[AQ!]
 テニスシーズン到来。久々のテニス帰り。桜が満開。
        → Back to List
 
 

  ピッチーファー 2号店
  
新宿区西新宿1-4-5 www3.ocn.ne.jp/~plik
11:00~15:00/17:00~23:00 無休

・ 西新宿・タイ料理の名店の2号店
2005年10月 ☆

 *タイソーセージ
 *ソムタム
 *トムヤムクン
 *ヌアと茄子のヤム
 *海老とカシューナッツのレモングラス炒め
 *ココナツアイス

[AQ!]
 ピッチーファーは、近年、タイ料理ファンの間ではひっじょ~に評判の高い店である。…ってな訳で、いつかは覗きに行ったれ、と思ってはいたのだが、「かなりちゃんと辛い」店でもあるらしい。うーむ。昔は激辛も嫌いではなかったのに、どうも年をとってきて(^^;)激辛さに面倒くささを感じるようになってないでもない。どうしたらよいかどうかと思い暮らす日々であった(のかよ(^^;))。
 新宿で昼過ぎの所用を済ました日、腹が空いたものの、天気が不穏である。駅前で何か…、となって、ピッチーファーの2号店が駅近くに出来た筈、と思い出した。たしかに駅至近、ハルクの裏のごちゃっとしたビルの5階にありました。

[へべ]
 ビル内店舗ながら、天井がわりと高くて店内を見渡せる作りなので、広々とした印象。気楽な感じで、使いやすそう。久々のタイ料理に大量の汗を流し、ヒイヒイ言いながらのんびりいただく。

[AQ!]
 メニュー豊富。うめぇヒィうめぇヒィうめぇヒィ汗どばっ。(^^;)。やぁたしかに、此処んち、ウメェですねぃ!
        → Back to List
 
 

  風 弾
  
那覇市久茂地3-29-70 098-867-2220
11:30~24:00 無休

・ 那覇の沖縄料理
 
        → Back to List
 
 

  ヴェトナムヌードル フォー・ハウス 赤坂本店 Pho House
  
港区赤坂4-2-5 
11:00~14:30/17:00~22:30 日祝休

・ 赤坂見附のベトナム料理
 閉店? 移転?

        → Back to List
 
 

  フォー・モティティ Pho Motiti
  
神奈川県藤沢市長後924-2 www.pho.motiti.com
11:00(土日祝10:00)~22:30(土日祝23:30)
2009年開業 料理長: ファン・トゥロング・クゥエン (敬称略)

・ 長後のベトナム料理
 2014年、この長後店は閉店。関内セルテ店は続くようです。

2011年 7月 ☆☆

 *レモングラス入り肉団子・bo cuon sa
 *五香粉風豚焼肉・heo nuong ngu vi
 *ベトナム風ゴーヤチャンプル・kho qua xao trung
 *鶏肉入りフォー・pho ga
 *蒸し春巻
 *夏味アイス五色ぜんざい・che 5 mau
 +サイゴンスペシャル、ダラット赤

[AQ!]
 長後の駅で初めて降りた。で、10分近く歩き、国道沿いにある。
 非常にシッカリした、良い料理。本格的に、料理をいただく喜びが、ある。香草類は、さほどふんだんとも言えないのだが、皿上の味覚に不満無し。
 肉団子・豚焼肉・蒸し春巻あたりが、魅力大。
        → Back to List
 
 

  フォン・ベト
  
中野区東中野5-3-3
17:00~22:30 月休

・ 東中野のベトナム料理
 なんか、移転したとか聞いたんだけど、ホント? (2005)

1996年 5月

 *ベトナム風生餃子
 *ベトナム風玉子焼
 *豚挽肉と春雨炒め
 *揚げ春巻きとベトナムソーセージの米紙包み
 *フォー
 *チャーハン

[AQ!]
 美味しいです。ああ、これで(香草の)「葉っぱ」(の皿)があれば~。
[へべ]
 玉子焼食べると、違いが明らかですね。おいしい。フォーもとても感じ出てます。ほんっとに、これで葉っぱ盛り合わせを別料金でもいいから出してくれれば…。
        → Back to List
 
 

  ブーゲンビレア
  
渋谷区道玄坂2-25-9
17:00~22:30(土日11:30~15:00も) 無休

・ 渋谷のベトナム料理
 閉店とのこと。姉妹店「ミス・サイゴン」は健在。

 
        → Back to List
 
 

  ブルーセラドン Blue Celadon
  
世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋S・C www.tamagawa-sc.com
11:00~22:00
2006年開業

・ 玉高SC内のタイ料理
 公式サイトによると2013年閉店。

2007年 3月

 *パットカナームークローブ カナー菜とカリカリ豚肉炒め
 *ゲーンキョウワーンガイ
 *ココナッツジェラート
 +グラス赤

[AQ!]
 一人で。
 此処は、玉高SC南館の、たしか、オイスターバーのあったところ? いやー、ノロ恐るべし(^^;)(←注:この冬はノロウイルスが大流行。風評被害的側面も含め、オイスターバーには災難な年でした。此処にあったオイスターバーがどうだかは正しくは知らんが)。2006年12月開業。
 かなりパリっとお洒落に作っている。フロアの面々は、感じイイ人からそうでない人まで、凸凹アリ。お値段はそれなりになってしまうが、TPO的に合った時には使える感じの店。
 カナー菜(芥藍菜)もあるでよ。
        → Back to List
 
 

  ベトナムハウス
  
武蔵野市吉祥寺本町2-34-12 
17:00~22:00(土日11:00~22:00) 無休

・ 吉祥寺のベトナム料理
 2000年開業、2007年閉店。お店は閉じられたが、出張料理教室などで活躍されているよう (→ブログ)。

VH1 2002年 5月 ☆

 *蒸し春巻
 *揚げ春巻
 *小型お好み焼
 *海老とパパイヤ炒め
 *海老・蟹・春雨炒め
 *牛肉と空心菜炒め
 *牛肉のフォー
 *バインフラン(プリン)
 *ココナツアイス

[へべ]
 西東京で仕事の後は吉祥寺でベトナム料理! と思い立ったが吉日。早めにスタートしたのが幸いして、すんなりテーブルに着くことができました。でも食べてる間にも着々と混んできた。予約可能みたいなので、心を決めて行く時は予約して行きましょう。
 いろいろおいしい。二子玉のジャンズみたいに、奥さん料理ダンナさんサービス(夫婦とは限らない…けど)、男性が物腰やさしいベトナム黄金パターン。で、海老とパパイヤ炒めの甘い蠱惑的な香りにたちまち悩殺されてしまった当家でありました。いやー、あれ美味しかったなー。次回はタマリンド鶏もぜひ食べようのこと。

[AQ!]
 料理をしてたベトナム人女性が、ベトナムで10年間料理の先生をしていた村井クィンさん、であるらしい。サービスが旦那の村井さん…なのかなぁ、どうでしょう? 色々と食材はベトナムから輸入もしてるようだ。
 ジャンズに似て、わざとらしくなく本格的で美味しい。ジャンズより、やや全体に「臭め」かな。臭さのエキゾチック・エロチック具合がヨカタ。
 香草類は、やっぱり、あんまり種類も量も使ってない。値段からいって、しょうがないんだろうねぇ。でも、一皿の量が少ないから何だかんだこのくらい食べて、1万円(一人5千円)は越えてしまう。香草ケチっても、こうなっちゃうんだよなぁ。勿論、それでも、このお店がたいして儲けているわけでもない。
 日本のベトナム料理って難しいわい。
 ココナツアイスは、トルコのサレピ・ドンドゥルマみたいに、ネバネバするタイプ。

[へべ]
 サレピ・ドンドゥルマ…、あれって、そそそ、そんな名前だったとは (^^;)

[AQ!]
 粘るのは、トルコ・オリジナル的には、ある種の地生ランの塊茎を使うから、だそうだぞ~。…って、ベトナム料理の項でトルコ話で盛り上がるな~。

[へべ]
 若い女性客のテーブルなどを横目で見ていると、みんなあんまり量を食べない。だからあんなにやせてるのかなー。
 でもウチのようにドカドカ頼んでいると結構な値段にはなるのね (^^;)
 でも香草盛り合わせ、ほしいなー。ここみたいに香りにチャーンポイントがあると、つい欲が出ちゃいます。ただ、ここだとコリアンダーの葉っぱ、ごく少量使ってある料理でもとってもよく香ってました。なにかコツがあるのかな。
        → Back to List
 
 

  ペ ペ
  
新橋
 

・
1995年 2月

[AQ!]
 新橋なるスパイス料理屋。深夜営業が嬉しい。小粋に美味しいのもあるものも全体には今一歩的印象かも。
[へべ]
 なんか、熱々の、塩ナッツみたいなおつまみは気に入った記憶がある~。
        → Back to List
 
 

  ホァングン Hoang Ngan
  
渋谷区宇田川町14-1 
11:00~15:00/17:00~23:30
2004年開業
・ 渋谷のベトナム料理
2004年 9月

 *揚げ春巻
 *蒸し春巻
 *青パパイヤのサラダ
 *茄子トマト豚炒め
 *海老のレモングラス風味
 *空心菜炒め
 *フォーボー

[AQ!]
 渋谷のパルコそば、本格派ベトナム料理の新店。優しくて旨い。此処も香草類が少なめなのが、ちょい惜しいんだけど。値段との見合いでしょうがないかな。

2005年11月

 *揚げ春巻
 *青パパイヤのサラダ
 *鶏とジャガイモ炒め
 *フォーボー

[AQ!]
 映画レイトショー前で軽食。繁華な場所のお助け店。
 鶏とジャガは、ベトナム料理屋にしてはかなり辛めの甘辛スパイシーだが、旨い。ベトナム版モレデポジョ。(…?)
        → Back to List
 
 

  マイソンカー Mai Soong Kha
  
新宿区高田馬場3-12-1 
11:00~23:30 月(祝除く)休

・ 高田馬場のシャン料理
 複数のネット情報によると閉店(または移転?)している、とのこと。うーん、超貴重なシャン料理店が、、、(シャン文化情報誌「マイソンカー」によると、『日本でシャン料理を食べることのできる場所は、現在のところ高田馬場のシャン料理レストラン「ノングインレイ」と「マイソンカー」をおいて他にはありません』)。 (2012)

2008年 9月 ☆
        → Back to List
 
 

  マイペンライ Maipenrai
  
町田市原町田6-17-1 042-727-2506 maipenrai.jp
11:30~14:45(土日祝ノンストップ)/17:00~23:00 無休

・ 町田のタイ料理
2006年10月 ☆

 *ムーサテ
 *ソムタム
 *カナナンマンホイ
 *パットマクア
 *カオパッシーユー
 *鶏の蓮の葉包み揚げ

[AQ!]
 町田を通りかかったついでに。
 町田駅から席の有無だけ確認しようと電話する。タイ人らしき店の人が出るが、なかなかにホスピタリティが高くて、段を踏んだ予約を取ってくれた。丁寧な店だ。
 小さい居酒屋風、な感じだが、綺麗にまとめられた店内。
 オーソドックスに美味しい。
 カオパッシーユーは黒醤油のカオパッで、イナタイ甘味がいかにもタイ気分。

[へべ]
 鶏の蓮の葉包み揚げが、なんか気分に合っていたかも。
 なかなか居心地よく心配りの行き届いた店内でいただくタイ料理はよいものでした。温泉帰りなのにスパイス発汗で、結局帰宅後にまたシャワーが必要になるというマヌケなおまけつきですがマイペンライ ヽ(^o^)丿
        → Back to List
 
 

  マカンマカン  Makan Makan
  
大和市中央1-6-19 046-260-7010 www.makanx2.com
11:00~14:30/ティータイム14:00~17:00/17:00~21:30 火・第2.4月休

・ 大和のシンガポール料理
2013年 5月 ☆☆

 *Otak Otak
 *サテー
 *牡蠣春巻
 *茄子のサラダ
 *Ayam Merah
 *福建麺
 *アーモンドゼリー・龍眼

[AQ!]
 もう20年近くやっているシンガポール料理店だそうだが、さすがに場所が大和とあって、初訪問。
 そして、今まで来なかったのを大いに悔やむ(^^;)。

 オタオタを一口して、頭にピカン!
 ウマくてピュア。
 困るくらい安い。

[へべ]
 これは知らなかった! しょっぱなのオタオタですでにして愕然。また行こうね~ (^^)

2014年 2月 ☆☆

 *Otak Otak
 *サテー
 *ナスと小エビのチリ炒め
 *キャロットケーキ:大根もちとエビの黒しょうゆ炒め
 *虾醤鶏
 *ナシゴレン
 *マンゴープリンwith龍眼
 +タイガー、赤ワインボトル

[AQ!]
「あ、この前もこの席でしたね~♪」…とオニーチャン。
 前回は半年以上、前じゃなかったけ? けっこー、スゴイ。
 あらためて、こちらのオタオタは絶品!…では?

2014年 7月 ☆☆

 *Otak Otak
 *サテー
 *ナスと小エビのチリ炒め
 *アジア風バーニャカウダ
 *虾醤鶏
 *空心菜チリ炒め
 *ラクサ
 *パイナップルクッキー
 +タイガー、赤ワインボトル
 *菊普茶

[AQ!]
「あ、この前もこの席でしたね~♪」…とオニーチャン。…歴史は繰り返す、、、じゃなくて、定番の情景(笑)。
 いや、美味い! 季節も「気分」だの~♪
 オタオタ・ラクサ…、現地の一線級にそんなに負けてないと思う。

[へべ]
 この日の気分はオタオタにラクサ。ここのはおいしい! …と、やはり思う。

 さくさくの中にとろーりジャム入りの、パイナップルクッキーが意表を突かれるおいしさでしたね。
        → Back to List
 
 

  丸安沖縄そば
  
世田谷区代沢5-32-7 
 

・ 沖縄料理「ちゃんぷるー」の下の沖縄そば店
 閉店された模様?

        → Back to List
 
 

  マレー アジアン クイジーン  Malay Asian Cuisine
  
渋谷区渋谷2-9-9 03-3486-1388 www.malayasiancuisine.com
11:00~14:30(日曜は通し)/17:00~22:30(日21:30) 無休
2014年開業
・ 青山通り沿いのマレー料理
マレー 2015年12月 ☆

[週末ランチ]
 *イカンバカール
 *マレーシアチキンカレー

[AQ!]
 へ~、いつの間にか、イメージフォーラムのそばのビル2階にマレー料理店が生えてた。
 最近のオープンらしく、そこそこクールな店内。
 キチンと美味しい。都内、マレー料理店は少ないから、イイかもね~♪
 イカンバカールは白身魚サンバル塗りバナナリーフ包み焼。そのサンバルペーストはアラミニュイなのか、爆裂的に大蒜が強烈(^^;)。
        → Back to List
 
 

  馬来西亜 マレー
  
世田谷区祖師谷4-21-1 03-3484-0858 malaysiamalay.s2.weblife.me
11:30~15:00/17:30~21:00 火水休

・ 祖師谷の住宅地にある、マレーシア料理中心の東南アジア・南アジア料理店
2005年11月 ☆

 [ランチ]
 *サンバルプタイ
 *バクテーバビ
 *カチャンカレー

[AQ!]
 サンバルからして自家製。
 「日本人に合わせた味」である、とは店に書いてあるけど、合わせ方が素晴らしい。ちゃんと「欲しいトコは残し」「いらんとこを削った」アジャストぶりだよん。

[へべ]
 世田谷通りのモスが駐車場満員→ガラムマサラの祖師谷カフェでスープカレーでも、と思ったら水曜定休だった→という流れで、住所から探して(住宅街の中、少しわかりづらい)初チャレンジすることに。
 辛いのには弱いがスパイスは好き、という人の気持ちがわかってる感じのアレンジ。カレーなどは辛さ加減が可能なものも多いとのこと。これはいいなぁぁ。
 思わぬところで臭豆プタイに再会!
「ジャングルに自生してるのをとってくるのを、向こうから輸入してるんですけどね、あっちの人にも、なんでこんなモノ好きなの?臭いし、苦いし、って言われるんですよー」

と、ご主人(笑)。豆なんだけど不思議に青い野菜っぽい感じと独特の香りとほのかな苦味があって、癖になる味わいなのです。干し海老たっぷりの自家製サンバル炒め、結構でした。メニューを見るとカレーもあるみたい。
 バクテーバビは、いかにもマレーらしい、しみじみとしたスープ煮込みかけご飯。カチャンカレーは、ひよこ豆とレーズン入りのジューシーなキーマカレー風。オクラが散らしてあって、フレッシュなスパイスに深みのある玉葱こんがりベースにレーズンの甘みが調和していて大好きなタイプ。これ好きだー!紅茶で煮込んだバクテー肉も載って出てきます。

[AQ!]
 バクテーが此処の看板料理のようである。「肉骨茶」と書く。すげ~字だな(^^;)。マレーシアで、中国人系が作って屋台などで朝からバンバン食う、というポジションの料理らしく、マレーとシンガポール以外ではあまり見ないと言う。
 シンガポールで例えて言うと、ペラナカンのニョニャ料理とか、そんな感じですかね。
 とっても美味しい。ご飯にバシャバシャとかけていただく。此処のご飯は、あれえーと何米と言ったかな、イイの使ってるし。

2009年12月 ☆

 *カチャンカレーセット

[AQ!]
 ここはもっと頑張って来ないといけませんなあ(^^;)。

2010年12月 ☆

 *プッタイライス
 *カチャンカレー

[AQ!]
 アオジソシガヤが予約満席で(ああもう、お昼も要予約ですか、こないだ開店したばかりなのに、はえー)、近くの馬来西亜マレーに回る。
 …と、こちらも満席!、待つかどうか思案してると「あ、そろそろウチ出ますよ~」と気のいいご婦人連から声がかかり、その後に入れてもらう。ありがたや。
 というわけで、最密充填の店内なのだが、その上更に次から次へと来客が訪れる。大した人気である。諦めたり、空いたら電話もらうことにしたり。
 ちょっと久しぶりなので、ウチ的三大メニュー「バクテー」「カチャン」「プッタイ」から後ろの二つ。いや、バクテーは最近ウチで作って食ってたもんで。
 やっぱり美味しい。プッタイは今でも、なかなか見ない食材だしねえ。
 オーナーご夫妻は今年、キナバル登山してきたそうな。元気じゃー! この店は本当に、「人間味」!

2014年 1月 ☆

 *サンバルソーセージ
 *カチャンライス
 *プッタイライス
 *ココナッツアイス

[AQ!]
 ドリアンエッセンス(?)品切れにつき、来月現地で買って来る、って。(コンテナ一台丸ごとでなら入るらしい、のだが)
 漏れ聞こえた話では、プッタイも先月まで切れていたようだ。

[へべ]
 ドリアンフレーバー、って言ってましたっけ。実態は、謎だけど。

 カチャンライス、やっぱりおいしいなー。プッタイライスも、その入荷した(とおぼしき)プッタイが結構惜しげなく投入されていて、素晴らしい。
        → Back to List

 
 

  ミュン (新宿)
  
新宿区新宿1-3-8
11:00~15:00/17:00~22:00 無休

・ 新宿のベトナム料理
 閉店されたとの噂。

        → Back to List
 
 

  ベトナムDining ミュン
  
文京区小石川1-11-13 5689-0252
11:30~14:30/17:30~23:00(金土27:00) 日祝休

・ 春日のベトナム料理
 「すごく久しぶりに行ったら、ベトナムっぽさが減っててビックリ」(へべ) (2002.3)

 長く「ミュン本郷店」として「本郷4-2-8」で愛されてきたが、上記へ移転だそう。まあ、近所か(笑)。 (2013)

 
        → Back to List
 
 

  ミ・レイ My-Le
  
大田区蒲田5-1-4 03-3732-3185
17:00~22:00(土日祝~21:00) 月休

・ 蒲田の素晴らしいベトナム料理
 大変な人気店で週末など予約必須…というか予約を取るのもお早めに、かも。 (2004)

2004年 2月 ☆☆

 *長芋のスープ
 *チャージオ
 *青マンゴと干し海老のサラダ
 *牛肉のレモングラス炒め
 *ヘチマと春雨

MYLE1 [AQ!]
 蒲田ミレイ。東京ベトナミーズの代表店と言われることが多いようだけど、ホントーにそうだった! うまー。

[へべ]
 評判を裏切らない旨さ! 周囲の街の雰囲気はなんともいえないけど店内はなんだか美大のそばの店みたいな感じでレトロおしゃれ。長芋スープが旨くてたっぷりあってトロトロしていてファンになりました。ヘチマと春雨(定番の組み合わせだったのね)などなど、いずれも鮮やか。辛さもビビッド。

[AQ!]
 周囲の街のふいんき…って、あーた、ここら辺りっちゃ、和賀英良が亀嵩の男の頭かち割るわ、真樹日佐夫先生(へべと誕生日が同じ)は梶原一騎先生と一緒にヤクザの長ドスを下駄で受け止めちゃうわ、京浜安保のオニーサンたちは下宿で自家製爆弾のパワーアップに余念がないわ、俺ら目蒲線沿線の厨房は蒲中に睨まれてカツアゲされて身ぐるみ剥れちゃうわ、って、どえりゃー土地なんですよ、奥様ほーほほほ (最後の一項だけは一応実感がこもっている地元民なワシ(^^;))。
 …って、最近は、そういう迫力のある土地じゃないみたいですから、訪れる方はご心配なく(^^;)。

2015年12月 ☆☆

 *チャージオ
 *ソーセージのせ蒸し米粉
 *青パパイヤのサラダ
 *エビのこしょう煮
 *ニガウリと牛肉の炒めもの
 *海老揚げ
 *フォー・ボー
 *スペアリブのせごはん

        → Back to List
 
 

  ムアン・タイ・なべ
  
千代田区神田神保町2-13 03-3239-6939
11:30~16:30/17:30~22:00(土21:00) 日祝休

・  
神保町のタイスキ

 
        → Back to List
 
 

  メ イ  May
  
品川区上大崎2-16-1  myanmarsai-may.com
11:30~14:30/17:00~22:30 日月休

・ 目黒駅前のビルマ料理
 一時、ディナーの通常営業を休んでいたが、2013年11月再開とのこと。

 公式サイトによると「Mayは2015年12月20日を以て閉店しました」とのこと。まことに残念。

2013年 8月 ☆

 *チェッターアチンチェ
 *干し魚とトマトのカレー

[AQ!]
 夜は4人以上予約のみ。…の店のランチ。500-1000円くらい。
 ほのぼのしみじみ、期待通り、近くのついでのランチには是非寄りたし。
 豆とスープとふりかけ、お茶が付く。
 カレーは、トマト…よりオクラが目立つ。香菜の量は尋ねてくる。

[へべ]
 そうか基本はランチのみなのか…と営業コードなど確認しつつエレベーターを5階で降りてドアを開けると、意外なほど広々とした店内に、ちょっと驚く。ゆるいカフェ食堂(やや昔風)的なつくり。カウンターの向こう側は、なんとなく「撮影用のキッチンセット」みたいに見えるオープンキッチン。テレビモニタには当然の如くビルマ語カラオケが流れる。なんとなく昭和。

 料理が来る。カレーは、干し魚が具とダシを兼ねてていいお味。オクラとゆで卵も載ってて、卵との相性が、なかなか。チェッターアチンチェは、肉と茸の炒め(炒め煮だっけ?)的なもの。食べてみると、これまたなんとなく昭和っぽい。よその家に遊びに行ってたら時分どきになって出てきたおかず、みたいな、しみじみとした味わい。カレーと行ったり来たり、ふりかけ(結構辛い)を試してみたりしつつ、なごみ系エスニックのランチタイムは過ぎてゆくのでありました…。

メイ 2015年 8月 ☆☆

 *シャンカオスェ
 *ケヤンティナッ

[AQ!]
シャンカオスェ:ナッツとトマトのタレをかけたシャンの麺。スープ版。
ケヤンティナッ:ナスと豚肉炒めをご飯にかけて卵をのせた。
 どちらも酷暑にもめっさウマ。
 ふと隣卓に、当家も愛読してる筆者さま御一行が打ち合わせ中で、にわかにコーフン…のランチ(^^;)。

[へべ]
 シャンカオスェは、なぜか太めと細め2種類の麺が入る。和え麺・汁麺どちらもありで、一瞬迷ったけどここは汁麺で。
「汗をかいて暑さを吹き飛ばす」作戦、ばっちりだったかも。トマトの麺と、こってり味のナス豚炒めは好対照で、元気倍増!
        → Back to List
 
 

  メコン川
  
品川区上大崎2-16-4 
12:00~13:30/17:00~23:00(日祝夜のみ) 無休

・  
 「閉店したみたいだよ」と知人が言ってました。

 
        → Back to List
 
 

  メーヤウ
  
新宿区信濃町21大門ビルB1 03-3355-0280
11:30~20:00(土~19:00) 日祝休

・ タイカレー店
1996年10月

 *豚肉カレー
 *スープそば

[AQ!]
 近所にあれば便利だろうなぁ…
        → Back to List
 
 

  ヤッタナー
  
新宿区百人町1-11-31
11:30~22:30 無休

・ 新大久保のミャンマー料理
 閉店されたらしい、と聞きました。 (2008)

1995年 3月

 *チキン野菜サワースープ
 *豆とお茶炒め
 *春巻サラダ
 *酸味ミャンマーソーセージ
 *魚スープうどん
 *海老カレーココナツ御飯
 +ミャンマー茶

[AQ!]
 ミャンマー語カラオケ大会も凄かった。料理、気に入った。

[へべ]
 さすがの新大久保。(^^;)
 日本人の方が少ない中、まるむし文字テロップ付きミャンマー語からおけの続くここは出島か租界か、状態で面白かった。料理はエスニック色は強くて、かつあまり辛くなくてヨイ感じ。すごくおそうざいっぽい。
豆とお茶 :これおもしろい。豆とニンニクが揚げてあり、お茶の苦味がいい感じ。
春巻サラダ:甘酸っぱいカレー味の刻みキャベツ&春巻。
ソーセージ:見た目が予想を裏切る1品。でもって、おいしい。
うどん  :これ濃くておいしかった~。細い麺に、こっくり魚スープがどろろん。
ミャンマー茶は、いわゆるチャイみたい。サンザシせんべい(?)出ました。
        → Back to List
 
 

  ヨヨナム
  
渋谷区代々木5-66-4 03-6407-1545 www.facebook.com/yoyonam.tokyo
12:00~14:30/18:00~22:30 火休

・ 代々木公園のベトナム料理カフェ
 

2017年 5月 ☆

 

[AQ!]
        → Back to List
 
 

  ライステラス
  
港区西麻布2-7-9 
12:00~14:00/18:00~22:00 日祝休

・ 西麻布のモダンなタイ料理
 公式サイトの発表によると、2017年1月一杯で閉店とのこと。26年間続いた。お世話になりました。

1995年 9月 ☆☆

 *トムヤムグン
 *ヤリイカのガーリック炒め
 *パッパ(野菜炒め)
 *ラープヌア
 *鶏の香り包み揚げ
 *ゲーンギョワングン
 *クッティオヌア
 *ライチーシャーベット
 *クワイとタピオカのココナツスープ

[AQ!]
 たおやかで都会的なタイ料理。とっても美味。グラスワイン失念。90のドイツ白は、Drブルックリンヴォルフ? 91のオーストラリア赤は、Pyrusカベルネメルロ?

[へべ]
 ダシ味の濃ゆい、おいしいタイ料理。予約してまた行きましょう。タイ料理屋にしてなぜかワイン。ヤリイカなんか、合いましたけど、さすがに辛いモノの後ではどうかなぁ(^^;)。まったりめのトムヤムグン、微妙にナンプラタイっぽいヤリイカ、菜っ葉炒めパッパ、牛挽肉サラダラープヌアはすごく美味、おすすめで頼んだ鶏揚げは葉っぱに包んで揚げてあるとてもふっくらジューシーでおいしかった、緑カレーよし、ごはんが蒸したモチ米でおかわり付きなのもよし、クッティオヌアに至る頃には私はもーおなかいっぱいっ。シンハー、本日のグラスワイン白赤、食後酒(なんだろ、グラッパかな)隣のブティック女だかモデルだかの卓は濃ゆかったなぁ~。(^^;)

[AQ!]
 デザートでは、赤っぽい橙色をしたクワイが珍しかったなぁ。

1996年 5月 ☆☆

 *タイ野菜のココナツ風味ヤム
 *トムヤムグン
 *豚挽肉と海老の炒め温野菜添え
 *牛の鉄板焼ステーキハーブソース
 *茄子のヤム
 *カピの炒め飯
 *イカ団子のスープ麺
 *クワイとタピオカのココナツスープ
 *ライチシャーベット
 +93 Cote Chalonnaise Digoine Villaine

[AQ!]
 ダシの旨さに支えられた上での香りと味の乱舞はたまりません。

[へべ]
 ここのタイごはんは、ダシが強力で旨い~。牛焼き肉香草ソースは、とてもここらしい、香り美味がうれしい。ココナツヤムもよかった。でも、この日のなんといっても、は、カピ飯でしょ~。

1997年 7月 ☆

[AQ!]
 なかなかにしみじみと旨いなぁ。辛すぎて疲れたり、はしない、ということまで含めれば、タイ料理は、ここですね。

1998年 8月 ☆☆

 *生春巻プリンセス風
 *ホイ・ジョー(蟹シュウマイ)
 *タイ野菜のココナッツソース
 *揚げスペアリブ
 *鶏の葉包み焼
 *ヤム・ヌア
 *ヤム・マクア
 *トムヤムクン
 *アイナメの梅干し蒸し
 *カオ・ガピ
 *ゲーン・キョワン・クン
 *汁きしめん
 *ライチシャーベット、ココナッツアイス
 *クワイとタピオカ、しるこ
 +94 Cabernet Sauvigon Coonawarra - Mildara

[AQ!]
 4人で。大人数だといっぱい食べられて嬉しい。ライステラスの料理は相変わらずマイルドで食べ易く、抜かりなく美味しい。

2012年 4月 ☆

 *トムカーガイ
 *ヤムマクア
 *牛肉の味噌焼き
 *ムール貝のタイ流お好み焼
 *鶏肉のバイカパオ炒め
 *シュリンプペーストの炒め炒飯
 *タピオカとクワイの冷たいカクテル
 *ココナツアイス
 +08 Termes Numanthia

[AQ!]
 10数年ぶりにライステラスに舞い戻る(^^;)。

 辛いものが特段苦手ということはないけど、タイ料理の「激辛」との付き合いはちょっと大変。…というワシら (最近は、寄る年波のせい…も) に、「ややマイルドだが美味い」という90年代に開店したライステラスの提案は素敵なものであって、ずいぶん通ったものだった。
 つまり、「激辛はごめんなさい」だけど「ハーブ・おダシは十分」の「真っ当・正調」「良質材料」で「低(できれば無)化調」のタイ料理…ということだ。
 その後タイ料理が広まるにつれ、その方向の店もポツポツと現れたのだが、ここのとこ、「ゲウチャイ目黒」が閉まり「ラーンチンチンタイ」が閉店し、で、また
「何処行ったらいいんだっけ?」
 となってきたところであった。
 そこで、「またライステラスに行ってみようよ」と相成った。

 行ってみると、それ以後に現れた更に「フレッシュなハーブをどっさりと」使う店…ほどのキレは感じないようになっていたものの、やはり、我々の要求にバッチリの、タオヤカで美味しい料理なのであった。
 何でも、開店20周年…とかになるらしい。我々が行っていたのは、わりとオープンすぐの頃だったんだなあ。よく続けられたものです、偉いです。
 チラと御主人も見えたんだけど、ああたしかに、見覚えがある…っちゃ、ありましたわ(笑)。
 またどっかみつけるまでは、ワシらの「マイルド・タイ欲求」はこちらで満たすことになりそう。
        → Back to List

 

  ラーン・チンチンタイ成城 Raan JingJing Thai
  
世田谷区成城6-3-14 www.raan-jingjingthai.com
11:00~14:00/17:30~22:30 月休
2005年開業 料理長: Chiraporn Pramaul, Chiraporn Ratda ~ 佐藤頼太 (敬称略)

・ 成城のタイ料理 2011年閉店
 チラポン・プラマウル料理長はグランド・ハイアット・バンコクの副料理長、アンバサダー・ホテル・バンコクの総料理長を歴任。

 料理長の一時帰国などのため、10/1~26を休業。 (2009)

 お店のサイトによりますと、
「ラーン・チンチンタイ成城は、2月13日(日)をもちまして移転の為、しばらくの間休業させて頂く事となりました。移転先等や詳しい事につきましては、随時ホームページ上にて、ご案内させていただきますので、何卒ご容赦下さいます様お願い申し上げます。約7年の間、皆様にご愛顧賜りました事を、心より感謝申し上げます。」
 とのことです。

2005年11月 ☆☆

 [ランチ]
 *Yum Wun Sen
 *生春巻
 *Tom Yum Kung
 *玉子のスープ
 *Graprau Gai
 *Kaen Khiaw Waan Gai
 *Saaku

[へべ]
 これはしたり! スープの旨み濃厚なトムヤムクンが絶品。グリーンカレーも極上。夜も行ってみなくては~。

[AQ!]
 Graprau Gaiの、ご飯にのってる半熟玉子すら既にウマい、っていう気合いの入り方。是非、近いうちに。

2005年12月 ☆☆

[AQ!]
 今日は有料レセプション。一人1500円飲み放題(一応ちゃんとしたワインなど)で、かなりフードも出た。大盤振る舞い。「永世グラスワイン只ありがたや」券もゲット。
 やっぱ、此処んちはウマイと再認識。(***さんに敬意を表して)とりわけラープがメチャ旨とメモする。

2006年 1月 ☆☆

 *タイ風干し牛肉
 *ラープ
 *海老と春雨の土鍋煮
 *トムカーガイ
 *タイ風炒飯

[AQ!]
 美味しいよね! 干し肉をアントレにしてワインが進み、締めの炒飯まで素晴らしい出来だ。
 そーそー、タイ料理なのに、十分に辛いのに(激辛系ではないが)、途中・アフターともに、ちっとも喉が乾かないのは、かなり凄い。化調と無駄塩が無い、ってことだ。こういう調理技術は、“効く”。んだよね。

2006年 2月 ☆☆

 *ソムタム
 *トムヤム海鮮
 *鶏のスイートバジル炒め
 *豚と隠元炒め
 *海老のレッドカレー
 +シラーズ

[AQ!]
 海鮮スープは「本日のスープ」で、烏賊・貝・帆立・海老など。
 豚隠元は、隠れヒットかも。

2006年 4月 ☆☆

 *ラープヌア
 *トートマンクン
 *豚トロのスパイシー炙り焼
 *トムカーガイ
 *空心菜炒め
 *パッタイ
 *ドリアンとマンゴアイス
 +Chateau Bouscasse

[AQ!]
 「チューボーですよ」でパッタイを見て、頭の中がパッタイになって(^^;)。「カレーをパスしてパッタイ」…を(固く)テーマに決めてチンチンタイへ。
 しかし相変わらず、どれも誤魔化しがなくてウメーんだよなー、ここ。

2006年 5月 ☆

 ランチ
 *トムヤムクン
 *カオマンガイ
 *ヤムウンセン
 *野菜の森カレー
 *ハーブサラダ

[AQ!]
 今日はランチで。野菜の森はけっこう辛い。

2006年 9月 ☆☆

 *ヤム・ネーム・タレー
 *ヌア・デート・ディアウ:豚トロのスパイシー炙り焼
 *トム・カー・ガイ
 *パッ・プリッキン:豚と隠元炒め
 *カオ・パッ
 *マンゴーアイス

[AQ!]
 ヤムネームタレーは、タイソーセージと海鮮のヤム。
 ヌア・デート・ディアウもソムタムやラープのように東北料理みたいだ。
 非常に安定してハヤッててウマい。ケッコーなことであ~るのヨ。

[へべ]
 ヌア・デート・ディアウも旨いっ

2007年 6月 ☆☆

 *カシューナッツのナンプラー佃煮風味
 *前菜盛合せ
  海老と生ハムの生春巻き、魚醤ベースのハーブドレッシング添え
  甘海老のナンプラーソース添えハーブ風味
  生タコのカルパッチョ・サラダしたて、ハーブソース添え
  牛肉の一夜干し揚げ、タイ風やわらかジャーキー
  パルミジャーノ・レッジャーノ
 *ヤム・ヌア・ヤーン・パックルアン:牛肉フィレ肉の炙焼きと温野菜、ハーブサラダ仕立て
 *トム・カー・ガイ
 *クン・トード・サムロット:ブラックタイガーのパクチー蒸し・ニンニク風味ライム仕立て
 *マンゴーとオレンジピールのグラニテ
 *ラープ・ナムトック・ムー:豚フィレ肉とハーブ和え一口ステーキ
 *マンゴーとそのアイス
 *ココナツアイスに71ペドロヒメネスかけ
 +04 Marques de Riscal

[AQ!]
 プリフィクスコースが二つ出来てた。これは有用。
 うーん、また美味くなってるじゃん?
 トムカーガイ、そもそも此処のが東京ではかなりイケてると思ってたんだけど、もっと美味しくなってる。
 まぁ最近は、満席御礼をしょっちゅう叩き出すくらいで、店の姿勢も良し…、東南アジア料理店には珍しく高価新鮮材料がよく買えているとかはあるけどのー。
 一般論で言っても「とてもいいレストラン」で間違いない。
 いや、しかし、美味かった。
 ラープ・ナムトック・ムーは、デフォルトが辛いと言うので「穏やか目」でお願い、それでも程よくジーンと…けっこう辛い。ご用心ご用心。ピーナッツみたいなナッツの砕きが絡めてある(?)のが、めっちゃよろし。

[へべ]
 週末は満席も多いので、ふと思い立って平日に訪店。
 なんと、ますます美味しくなってました。うれしい…。
 ふんだんに使われた生ハーブの香りがいいこと!
 プリフィクスコースの「(冷)前菜盛り合わせ」は、進行をスムーズにする上に、こちらも色々少しずつ食べられてお互いによい企画。しかも甘海老や生タコみたいな品が、月並みでなく、おいしいのが凄い。素材の良質さもさることながら、「ハーブをきかせたエスニックドレッシング」的なソースが二色それぞれにくっきり違ったおいしさなのが素晴らしい。
 盛り合わせに当家のお気に入り「牛肉の一夜干し揚げ」がちゃんと入っているのもありがたいことでした。
 久々にいただくトムカーガイも、感激の旨さ。進化してるし。これがご町内とは、東京も大変なことになってます。
 平日も最終的にはほとんどの卓が埋まる盛況ぶりでした。

2007年 9月 ☆☆

 *烏賊のハーブ風味
 *前菜盛合せ
  海老と生ハムの生春巻き、魚醤ベースのハーブドレッシング添え
  甘海老のナンプラーソース添えハーブ風味
  生タコのカルパッチョ・サラダしたて、ハーブソース添え
  牛肉の一夜干し揚げ、タイ風やわらかジャーキー
  パルミジャーノ・レッジャーノ
 *ラープ・ムー
 *トム・カー・ガイ
 *ヌア・パー:牛フィレ肉の炙り焼きステーキ、レモングラスソース風味
 *マンゴーアイスとフレッシュマンゴー
 *ココナツアイスのペドロヒメネスがけ
 +05 Escudo Rojo

[AQ!]
 まさに「快進撃」。
 それにしても、むしろどうでもいいかもしれない所を見るに、こんな良質な烏賊やマンゴを仕入れるのにOK出してるタイ料理屋は滅多にないと思われ…ですわ。
 トムカーガイの、カーは、必ずしがんでしまうワタシたち。

2008年 2月 ☆☆

 *鶏の炙り焼き
 *前菜盛合せ
  海老と生ハムの生春巻き、魚醤ベースのハーブドレッシング添え
  甘海老のナンプラーソース添えハーブ風味
  生タコのカルパッチョ・サラダしたて、ハーブソース添え
  牛肉の一夜干し揚げ、タイ風やわらかジャーキー
  パルミジャーノ・レッジャーノとミモレット
 *季節野菜のオイスターソース炒め
 *トム・カー・ガイ
 *クン・オップ・ソース ブラックタイガーと長ネギのシーズニングソース・ソテー
 *ヌア・パー 牛フィレ肉の炙り焼きステーキ・レモングラスソース風味
 *マンゴーアイスとフレッシュマンゴー
 *ココナツアイスのペドロヒメネスがけ

[AQ!]
 夕方から雪が強くなり、長靴でチンチンタイへ。ソファじゃなくテーブルで良かった(^^;)。
 ソファではファミリーが団欒、坊やが賢い。小学校低学年くらい(?)のカレはパパに、オケの就職ではチューバよりホルンの方が広い門だ、と説いているらすぃ。日本のドモコは大変なことになっている。
 積雪の東京の癖して、店内、入りは悪くない。
 相変わらず、好調。ウマ。

2009年 3月 ☆☆☆

 *特製あれこれコールド前菜5種の盛合わせ
  ポピア・ソッド(海老と生ハムの生春巻き)、帆立温製のナンプラーソースがけ、クン・チェー・ナンプラー(活ぼたん海老と活天使の海老のナンプラーソースがけハーブ風味)、ヌア・デート・ディアウ(牛肉の一夜干し揚げ、タイ風やわらかジャーキー)、パルミジャーノ・レッジャーノ、ミモレット
 *ラープ・ムー
 *クン・オップ・ウンセン
 *国産牛のアキレス腱と竹の子・椎茸のコラーゲンいっぱいの煮込み鍋(エン・トン)
 *マンゴーアイスとフレッシュマンゴー
 *ココナツアイスの79ペドロヒメネスがけ

[AQ!]
 チラポンさんはやっぱゴイス。オレはびびる\(☆〇☆)/。
 週末予約は数日前が安心、とか。繁盛店となって、いい材料が買えて、俺は嬉しい(^^;)。
 クン・オップ・ウンセンは同種料理の最高峰レベル。典雅ですら、ある。
 エントン…アキレス腱入り酸辣湯…、ってウメーじゃんかよぉ。\(☆〇☆)/
 あと、ここんちのココナツアイスは、なんでだか激ウマ。ペドロヒメネスが、前回まで71から79になりましたー。

2009年 7月 ☆☆☆

 *特製あれこれコールド前菜5種の盛合わせ
  ポピア・ソッド(海老と生ハムの生春巻き)、帆立温製のナンプラーソースがけ、クン・チェー・ナンプラー(活ぼたん海老のナンプラーソースがけハーブ風味)、ヌア・デート・ディアウ(牛肉の一夜干し揚げ、タイ風やわらかジャーキー)、パルミジャーノ・レッジャーノ、ミモレット
 *季節野菜のオイスターソース炒め
 *トム・カー・ガイ
 *クン・トード・サムロット ブラックタイガーのパクチー蒸し・ニンニク風味ライム仕立て
 *ヌア・パー 牛フィレ肉の炙り焼きステーキ・レモングラスソース風味
 *マンゴーアイスとフレッシュマンゴー
 *ココナツアイスの79ペドロヒメネスがけ
 +06 Riesling Sekt / Steininger (glass)
 +07 Zahel Schloss Schonbrunn weiss Gemischter Satz (glass)
 +07 Sauvignon blanc / Tement (glass)
 +08 Platin Riesling / Jurtschitsch (glass)
 +Gruner Veltliner / Nikolaihof (glass)
 +06 Blaufrankisch Hochacker Weninger Burgenland (glass)
 +06 Merlot / Esterhazy (glass)
 +04 Beerenauslese / Esterhazy (glass)

[AQ!]
 2階、テーブルセットなど変更、少しだけキャパ増えて(普通の)レストラン風になったか? タイ人のフロアの男の子が入ったようです。
 料理は相変わらず素晴らしい!

2009年12月 ☆

 [ランチ]
 *生春巻
 *ガパオ・ラート・カオ・カイダウ
 *ゲーン・キヤオ・ワーン・ガイ
 *トム・ヤム・クン

[AQ!]
 一ヶ月の休店から、営業的には復活。チラポンさんはまだ来日できないそうで、佐藤さんが自ら厨房に立つ体制。
 ランチだからよくはわからないけど、とりあえず料理は大丈夫。

2010年 8月 ☆☆
        → Back to List
 
 

  リトル・サイゴン
  
世田谷区北沢2-19-17 
 

・ 下北沢のベトナム料理
 閉店。閉店というか、同じく下北沢にある「ベトナムカフェ・カラテチョップ」(北沢2-7-3)へ合流…みたいなことのようだ。(2010)

2001年 5月

 *揚げ春巻
 *青パパイヤのサラダ
 *蟹と白アスパラのスープ
 *ベトナム風焼肉
 *魚の煮付
 *牛肉のフォー
 +333の瓶

[へべ]
 (珈琲の)花泥棒のやってるシモキタベトナム料理店のうち、駅から近めで地下にある方。内装ちょっと凝ってて、料理出るのはちょいゆっくりめです。蒸し暑くなってくるとこういうのも食べたくなるね、とか言いつつ久々に。葉っぱ(ハーブ類)の盛り合わせが別注できたりするとさらに嬉しいのですが、どこかそういうベトナム料理屋さんないでしょうか…?
        → Back to List
 
 

  琉 球
  
吉祥寺本町1-29-5  0422-21-6015
17:00~24:00 無休

・  
 

 
        → Back to List
 


  ローンスラータイ1950's Rong Sura Thai 1950's
  
世田谷区北沢2-17-14  03-6450-7644 www.rongsura.com
18:00~23:30 月休

・ 下北沢のタイ料理
 フードメニューは全品ワンコイン(500円)。

2010年 6月 

 *ソムタム
 *タイソーセージ盛合せ
 *カナープラーケム
 *海老とレモングラス炒め
 *トムカーガイ
 *カオガパオガイ

[AQ!]
 シモキタに流行ってるのか(?)、ワンコイン均一(ALL500円)メニューの店。まあ、向き不向きはあって、750円にしていいから材料費をもうちょっと…、という皿もあるが、全体には「タイの街場」の味の雰囲気は出てる。
 ソーセージカナーはいい、カナーの塩魚は「ゴハンと一緒に食べてもオイシイよ」とお兄ちゃん。たしかに。

        → Back to List
 


  Bo.lan  ボ・ラン
  
House number 24 Soi Sukhumvit 53 (Soi Pai dee ma dee) Klong Toey Nua Wattana Bangkok +66(2) 260 2961 www.bolan.co.th
月休
2009年開業 料理長: Duangporn Songivsava (Bo), Dylan Jones (敬称略)

・ バンコックのタイ料理

2015年 1月 ☆☆☆

 [ Bo.lan Festive ]
 ---
 *ยาดองกระชายดำ ก ับผลไม รสเปรี้ยว
  Ya dong grachai dum served with local sour fruits
 *เริ่มแรกระเริงรส
  Bo.lan amuse bouche
 *Second Amuse Bouche
 *จานเดย ี่ วจานเด ียว
  Single plate of the day

 *Salad of Songkla lake prawns with grilled aubergines & soft boiled egg
 *Dried prawn chili relish with a touch of coconut cream served with abundant local greens & quail
 *Stir-fried pork belly and prawn with Thai cucumber & pickled garlic
 *Grilled red curry of “KU” Beef wrapped in banana leaf
 *Coconut cream based soup with local chicken, banana blossom & Vietnamese mint
 *Accompaniment of the day
 ---
 *หวานหวานเย ็นเย็น
  Pre-Dessert
 *ขนมหวาน
  Dessert
 *ขนมหวานอยางแห ง
  Petits fours & Bo.lan blend tea
 +Chilled Lemongrass & Pandanus
 +Twilight Summer Ale, Deschutes
 +Blanc Kagua, Nippon Craft Beer
 +13 Sauvignon blanc Margaret River / Fermoy estate
 +12 Rose / elliot rocke estate
 +11 Chardonnay-234 Enate Somontano
 +13 Alvarinho contacto / Anselmo Mendes
 +12 Campredon Coteaux du Languedoc / Alain Chabanon


[AQ!]
 バンコックのガストロ・タイ料理シーンで話題の一軒。
 nahmスピンアウト組…ということになろうか、タイ人Bo Songivsavaと米国人Dylan Jonesのシェフ夫妻が営む。
 サイトのデザインは古文書なんだろうか、実際、伝統的料理の研究に基づく王道タイ料理の現代リファイン版…といった芸風である。
 そのサイトのフィロソフィーに
「Bo.lan is founded on the belief that the best Thai restaurants should be found In Thailand」
 とある通り、志は高い。

 実際コチラは、のっけから「ガツンと本気」という料理に感銘を受けた。シェフの眼光が光っているような、というか。
 この日までにガストロ・タイ料理店として「nahm」「Sra Bua」「Issaya」と回ってきて、それぞれ良いところ・面白いところはあったのだが、何処もまあ大元は大シェフの書き下ろしなんだろうが、我々のとこにまで届くのは、何となく・どことなく「流れ作業」っぽい印象が混じる皿だったのよね。
 それに対して Bo.lan の料理は活性が高く、リアルに息づいている。…まあ事実、アラミニュイ度が高い、というようなことはありそうだけど。

 ***

 注文。コースが幾つか。
 「Bo.lan Balance」というのが標準コースと聞いていたのだが、それに数点プラスされた「Bo.lan Festive」というのがある。ソレにしましょ。正月メニューか?(笑)

 最初のおつまみセット:枝豆南京豆・乾飯・醤油ビスケ、…なんか実にカンタンなものだが、古民家調を活かした店内から更に鄙びた風情を導入するのに力になってる。
 万事その調子で、こちらはイイ意味で「きちんと計られた」提供が出来る店。

[へべ]
えだ豆・茹でピーナツ、干し米、みたらしクッキー

ยาดองกระชายดำ ก ับผลไม รสเปรี้ยว Ya dong grachai dum served with local sour fruits
 カクテルグラスに茶色い酒(少し漢方的たんす風味?)、これをすっぱいフルーツ3種(青リンゴっぽいシャクシャク、茶色い殻(タマリンド?)の間の果皮、真紅の花弁風)に海塩とチリ、パンダンゼリーを添えて合いの手に、という趣向のよう。面白い!と期待高まる。

[AQ!]
 「Ya dong grachai dum」だけど、Ya dongで「薬漬」ってことらしい。grachai dumは「黒生姜」かなあ? ま、そんなタイ・リキュール。
 検索ついでに言うと、パンダンゼリーはパンダンジュースで添えることもあるようだ。
 青リンゴっぽいのは、どうも「kamias」ってフルーツのよう。茶色い「なんたらタマリンドだよん」って言ってたのは、fresh velvet tamarind かなあ。

 ウェルカムドリンクが、Chilled Lemongrass & Pandanus。ついで、クラフトビールリストが目をひくのでそれで乾杯。
 ペアリングワインは「3/5杯」が選べるので5杯コース。

[へべ]
 グラスワイン/クラフトビール/カクテル/ジュースと、4種のペアリングが用意されている(のは当地ではわりと珍しい?)。

3種アミューズ 1:
 平皿コリアンダ シャロット 上に揚げカリカリ 魚
 Uクリア杯 コリアンダ シャロット ジンジャ ムール
 ライスパフカナッペ 貝マリネ ピーナツ

 2段階のアミューズ、まずは魚介の3種。これはいい!
 「魚介と香草、香味野菜を合わせたマリネ/サラダ」と表現すればすべて同枠内の3品でありながら、甘さや香ばしさ、酸味の種類や強さなど、少しずつ味のトーンに違いが出ていて、鮮やかに塗り分けられている。

[AQ!]
 ここのライスパフはまことに快い食感。

 ワインペアリング5種は、前半戦に3杯、後半の一斉主菜に白赤。

[へべ]
3種アミューズ 2:
 茶色 肉
 発酵ソーセージ しょうがキャベツ
 薄ダック串 茶甘

 アミューズ2は肉3種。
 出色だったのが発酵ソーセージにしょうが入りせん切りキャベツを合わせた一品。発酵ソーセージの酸味がたまらない。

本日の一皿 米と茶色肉、豆小花
 続いて今日の一皿、カオパ? 味つきごはん少々に肉を添えて。ここまでいずれも味は全体にやや抑えた上品なトーンで香草や素材の味・香りが楽しめる品のよい仕上がり。求めていたのはこれだ!と大いに盛り上がる。

Salad of Songkla lake prawns with grilled aubergines & soft boiled egg
 えび焼なす、半熟玉子

Dried prawn chili relish with a touch of coconut cream served with abundant local greens & quail
 レリシュ ココクリーム 鶉・野菜

Stir-fried pork belly and prawn with Thai cucumber & pickled garlic
 豚バラ・エビ炒め タイ胡瓜・大蒜ピクルス

Grilled red curry of “KU” Beef wrapped in banana leaf
 バナナ葉包み 牛肉レッドカレーグリル

Coconut cream based soup with local chicken, banana blossom & Vietnamese mint
 バナナ花・鶏ココナツスープ ベトナムミント

Accompaniment of the day
 青菜玉子

 「本日の一皿」の後はごはんと主菜群がドドドと登場。
 ああやっぱりここもこの点はタイスタイルが…。

 スパイスをきかせてバナナリーフで包み焼にした牛肉や、甘酸っぱい焼ナスサラダ(りっぱなエビ添え)などそれぞれよい。
 けど、これを2段階くらいに分けて順に出してくれればよいのになー (外国人向けオプションでもいいので)。

 バナナの花入りココナツスープ、うす紫、品良くうまい。


[AQ!]
 こちらは、ソウルフードマハナカン同様、ゴハンが白・茶から選べる。茶色…玄米って感じなのかな、にする。

 ***

 一品ごとにきちんとエッジが立っている。
 美味しい、来てよかった、…と素直なカンドーがすぐに湧き上がる。

 ウマイ。

 極めて整理の行き届いた献立・調理で、それが一品ごとに味・香りとして客に届けられる。やっぱ、整理って大事だよなあ。
 オーソドックスな伝統派の精神に立ちながら、“モダン”も股にかけて…というか自分の範囲内に置けるような配慮のなされた料理。

 盛り方や器についても、程よく時代を感じている。
 タイ古民家イメージの内装がとても上手く行ってるし、卓上の明るさは料理を引き立てる。

 クラフトビール好きは旦那の米国人Dylanが、か?…がヘベの推理(笑)。

 ところで、えー、なにかで「アジア3大美人シェフ」…みたいな見出しを見た覚えがあるが、たしか、

 陳嵐舒 Lanshu Chen/Janice Wong/Bo Songivsava

 じゃなかったけ?
 よし! コンプリートヽ(^~^;)ノ。
        → Back to List
 


  Candlenut  キャンドルナッツ
  
Dorsett Residences 331 New Bridge Road #01-03 Singapore  +65 8121 4107 www.candlenut.com.sg
日祝休

・ モダン・プラナカン料理

2013年 8月 ☆☆

 *Kueh Pie Tee
  "Top hats" served w braised turnips, pork belly and prawns filing
 *Ngoh Hiang
  Deep-fried beancurd roll stuffed w minced pork and prawns, water chestnuts, mushrooms
 *Buah Keluak
  A Peranakan signature, the buah keluak or black nuts are scrubbed and aoaked for a minimum of 5days, then cracked and the "black gold" filing extracted by our chefs. It is done Candlenut style, with a thick and rich buah keluak gravy.
 *Yeye's Kari
  4th generation recipe from the chef's great grandfather, where yeye means grandfather, white coconut curry of chicken w green chilli padi, green peppercorns, kaffir lime leaf
 *Sambal Petai Prawns
  Pan roasted tiger prawns w stinky petai beans, tamarind and sambal
 *Itek Tim
  soup : Local duck, salted mustard cabbage, tomato
 *Bakwan Kepiting
  soup : Crab meatballs, bamboo shoots in rich chicken broth
 *Banana Caramel Pudding
  Steamed banana cake, caramelised banana, ginger crumble w gula melaka ice cream
 *Chendol Cream
  Signature coconut custard w Gula Melaka sauce and pandan jelly


[AQ!]
 シンガポールの特徴的食事、と言えば、プラナカン・ニョニャ料理。
 ここに「Candlenut」というレストランがある。シェフMalcom Leeが率いるこの店は「inspired Peranakan Cuisine」を標榜し、モダンプラナカン料理の世界を開拓して評判を取っていると言う。
 大変に興味深い。ただ、この店、2012年に閉店してしまった。アラ残念…なのだが、着々と準備は進んでいたらしく、2013.6にドーセットレジデンスという立派なとこに出てきて移転再オープンとなった。
 これは覗きに行くしかあるまい。

 noma調の簡素テーブルにFrantzen調のカトラリーセット、(笑)…はこの世代だとホントに意識してるのかもしんない。
 料理は大変にケッコー、幾つかは激ウマ。
 モダン…と言っても、プレゼンに新奇性を出しているものもあるが、基本的には「リファイン」スタイルで、祖父母・父母の世代のプラナカン料理を受け継ぐモノも多い。
 むしろ、「手抜きが増えてきた」近代のニョニャ料理に対して、「本来のめんどくせー」手順に立ち帰っている所がモダン、…という意味合いもあるようだ。
 厨房に日本人ハーフの子がいて色々聞けたが、
「ウチは一切ゴマカシ無しなんで仕込みは大変です。早朝からみんなでずーっと何かしら(木の実とか果実とか海鮮とか)剥いて掃除してるような毎日ですね」
 とのこと。
 (カレは、現在が兵役と厨房勤務でその後に大学…と言ってたか。シンガポールらしい感じ。“料理という仕事”にはかなり手応えがあるようだった)

 切干大根パイ以外の料理はがんがん登場して卓上に並ぶ。あまりモダンでない(笑)。
 ブラックナッツから作るBuah Keluakの悩殺力は驚倒的。辛いことは辛い料理。
 海老・プッタイ、日本以外で初めて臭豆を食べた、ウマ。この二者はやはり好相性なのか。注文時に、「プッタイ…って何か、わかってる?」的な念押し、ありました(笑)。
 Yeye's Curryは、おじいさんのレシピだとか。素直な組合せ。  鴨スープは意外なことに?、“オススメ”された一品。かなり鴨臭いのだが、魅力に転化してて病みつきになる感じ。
 デザート、ジュンサイに見えるのは何か練り物か、ナカナカよろしい。

[へべ]
 地元の料理文化、プラナカン・ニョニャ料理のレストラン。
 ブラックナッツから作る「Buah Keluak」は絶品でした。
 利用しやすく、おいしいお店。アラカルト一皿の量は案外あります。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  chat thai thaitown  チャット・タイ・タイタウン店
  
20 campbell st. haymarket,Sydney 9211 1808 www.chatthai.com.au


・ シドニーのタイ料理
2012年12月 ☆

 *mhu bhing
  grilled pork skewers
 *khao mok gai
  chicken and rice braised in turmeric and five spice with green chilli and garlic sauce with rice
 *khao dtom sen
  fresh rice noodles with pork ribs in a clear pork broth

[AQ!]
 到着日昼、腹減る。まあモタレずに程よく何か食べたいネ、とへべ検索すると、すぐ出てくる人気タイ料理店の一つ。
 一休みしていたカフェからも(歩いて)近そうだったので向かってみる。

 モダンなハコ、スマートな料理…と今っぽいタイ料理だが、「安くて・ウマくて・量いっぱい」という古典的“安メシ原則”をよく押さえていて、人気が爆裂している。
 ピーク前の、11時半にもならないうちに入って良かった(但し、後日判明したところによると、回転がいいし、店頭ウェイティングリストに名前を書いておくシステムも整理されているので、待つのは苦にならない店)。

 品書も魅力的。
 食べると、日本の「安タイ」より、材料が圧倒的に良いなあ…(と、ここは溜息)。辛味の具合は「必要に応じて…」って感じだし。
 香菜は必要量が付いてる。シドニー、台湾料理「朱媽媽」みたいに香菜ケチ臭い店も、ある。
 料理の種類はかなり多いが、このkhao mok gaiは人気の一品みたい。美味。写真からはわかり辛いが、鶏、立派。

[へべ]
 豚の串焼:ふっくらジューシー、香ばしい。たれはナンプラ系。
 鶏ごはん:ターメリックとfive spice風味…というがあっさり旨い。グリーンチリのソースがよく合う。Broken rice? ぱらりとよい食感。
 豚スープ麺:とろみのある汁(ちょっと甘め)に5~8cmくらいの太丸めん、骨付肉、ハムだど各部入り。タイバジルともやし投入、ライムしぼってgood。

 3階まで客席のある大繁盛店。入り口横のミニキッチンコーナーでは春巻?など揚げてて、テイクアウトも売れている。
 早めのお昼にするりと入れてラッキー。

 暗茶ウッディに石積み壁、質感のあるモダンな内装にパリッとした絵と照明。
 こういうアジア料理店、いいなあ。

 味よし、盛りよし。3,4,5人で来てる卓も多そう。いろいろ頼めてうらやまし。
 日本のタイ料理はなんであんなに皆、メニューも味も同じになっちゃうのか (あと、辛さで勝負…に走るところが多い)、その辺は残念。

2013年 1月 ☆

 *mhu bhing
  grilled pork skewers
 *kana mhu grob
  stir fried chinese kale and crisp pork belly
 *khao padt bpla kehm
  fried rice with salted mackerel

[AQ!]
 元旦である。
 (^^;)
 さすがに世界的にお店は「やってたらラッキー」…な気配の日であるが、まあ、アジア系は開いてるだろう。…と、一昨々日に行ったばかりのchat thaiを覗く。
 OK!

 カナはものが良いし、タイのハムユイチャーハン…も素敵だ。
 盛りがよいので、2人で、串焼・肉青菜・ゴハンもの…で十分(^^;)。
 まあ、夜が軽い予定の日なら、もう1,2品って感じ。


[へべ]
 今日も大にぎわい。2階(3階もたぶん)もフル回転。

 豚串、豚カリカリ肉入り青菜炒め、塩魚入りチャーハン、シンハー。
 good!

2013年 1月 ☆

 *mhu bhing
  grilled pork skewers
 *khao padt
  fried rice with chicken, eggs and chinese kale

[AQ!]
 昼3回目。豚串とカオパ鶏。カオパ美味い。
 夕食が18時半…と早いので、このくらいにしておく。…それでも、結構、ある。

 席待ちは、店頭のリストに名前・人数・相席の可不可など記入して、番号片をちぎって持っておく。番号を呼ばれたらそれを渡して、案内される。
 メシどきは常に席待ちだが、ヒジョーに回転が良いので、さほど待たないし、スムーズだ。

2013年 1月 ☆

 *mhu bhing
  grilled pork skewers
 *gai satay
  chicken satay skewer.**includes peanuts**
 *todt mun goong
  prawn cakes with pickled plum relish

[AQ!]
 昼4回目。

 トートマングン、がなかなか美味ではないか!
 メニュー写真のように、海老を積み上げたプレゼン…では、ないが。

 ついに、「アンタたち、毎日来るねー(笑)」…と言われる(^^;)。
        → Back to List
 


  珍美真  Chin Mee Chin Confectionery  
  
204 East Coast Road Singapore +65 6345 0419

・ シンガポールのカヤトースト

2013年 8月 ☆

 *カヤトースト


  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  為平牛粉 Dong Huong
  
14 Rue Louis Bonnet 75011 Paris 01 43 57 42 81
火休

・ パリ・ベルヴィルのフォー中心のベトナム料理
1994年 5月 ☆

 *蒸しラビオリ
 *牛丸汁麺
 *香牛串焼飯

[へべ]
 ミント香菜もやし が豊富。

1995年 1月 ☆

 *牛丸とtripeのヌードルスープ
 *海老ブロシェット
 *排骨飯

[AQ!]
 パリのベルヴィルのベトナム料理屋。

[へべ]
 起きたら、外が、白い。
 雪が夜のうち降って、この寒さで溶けなかった、という程度か。量はさしてないけど足もとが心配。思ったより寒くはない。
 例によってクイズ番組の時間帯。風呂に入って支度して、Belleville為平へ。
 トリップうまし。海老ブロシェットはさとうきびの茎みたいな芯に擂身をのばして焼いたの。皮に包んで野菜と。よいよい。排骨飯、こうばしくておいしい。
 しあわせな葉っぱ山。ミントも香菜もいいけど、あの大きめの長い葉っぱで香菜みたいなにおいのがいいなぁ。なんていうんだろ。行くたびごとにおっきく、きれいになってるような気がする繁盛店タメヘイ(電子レンジとTVモニター導入)だけどベルヴィルの駅前の店頭の古風な電気釜はいつまでもあるなぁ。

1996年 1月 ☆

 *牛肉河粉
 *豚焼乗せご飯
 *蝦生春巻
 +青島ビール

[AQ!]
 さすがに元旦、やっているのは有色人種の店ですね。うまいっす、ここは。

[へべ]
 困った時のBelleville頼み、為平は裏切らない。輝くネオン。相変わらずの繁盛ぶり。

[AQ!]
 汁麺はTonkinose Soup、とかそんな感じの表記。牛肉と牛胆と牛団子。実に美味しくて、ハグハグ食べとなる。

[へべ]
 …ので、平らげられてしまうのではと私はいつも気が気でないけど、たっぷりあるから大丈夫。今回はベトナムビールが入っているようであることに途中で気づく。店内はいつものように色モールで飾られ、「ボジョレヌーボあり升」の貼紙が壁のそこかしこに。
 さすがベルヴィルは元旦でも店々もやってるし、人通りも多いのはマドレーヌと大違い。東洋人が多いのもさすがこの街(ジャポネはあまりいない)。今回ウィンドウに電気釜見えず。さびしい。

[AQ!]
 豚メシは、タレ漬豚を焼いてゴハンに乗せる。うめぇ~。Parisのモヤシ、も美味しい。濃い。縁がギザギザの、味が香菜そっくりの、謎の葉っぱも健在であります。

1996年 1月 ☆

 *牛肉河粉
 *焼鶏乗せご飯
 +HALIDA(ベトナムビール)

[AQ!]
 夜がグランドレストラン続きの昼には最強の為平、というわけで。

1997年 6月 ☆

 *牛肉河粉
 *焼鶏乗せご飯
 *バンセオ

[AQ!]
 変わりなく繁盛し、美味しいことでした。

[へべ]
 ベルヴィルの交差点の角のウィンドウからついに電気釜の姿が消えて、ちょっとさみしい(^^;)。それはさておき、為平はあいかわらずの大繁盛。この葉っぱシステムの日本上陸が待ち遠しい(ティエンドンのはちょっと気取りすぎ。庶民的ベトナム料理店にもぜひぜひ)。

1998年12月 ☆

 *トンキン風特製フォー肉丸入り
 *串焼牛肉飯
 *鮮蝦肉巻(生春巻)

[AQ!]
 あいかわらず、ベルヴィル駅前で最も繁盛している。フォーと飯ものは間違えないが、サイドオーダーで旨いのはどれだっけな? 生春巻は悪くはないけどもっといいのがあったはず。

[へべ]
 ネムでしたっけ、揚げ春巻に相当するものがあったと思うんだけど、いつもこれかな?と思って頼むと違うものが来る (^^;)。

1999年 4月 ☆

 *フォー
 *サテー・フォー(赤いの)

[AQ!]
 赤サテフォーは辛くないタンタン麺に香草をドバドバと入れて食べるような仕様で、新発見(^_^;)。採用に値する、ちょいと元気の出る味。

2008年 1月 ☆

 *牛肉河粉
 *牛肉串飯

[AQ!]
 2品だけなら、P1(牛肉フォー)のサイズはグランでいいかも(夜のガストロノミーに備えてプティにしたのでした)。
 8年ぶり10度目の訪問、懐かしい店内。最初に来た頃に比べると、ずっと広くなっている。
 ウチらのサルのお運びのニーチャンも見知った顔のような気がする。怖い顔してるけど、実は、愛想悪くもない。
 品書が、いわゆる「写真入り」になり、超頼み易くなった。
 「15ユーロ以上カード可」の表示。「さすがにビール飲めば(15ユーロ以上)行くよね」と言ってたら、17ユーロ弱の勘定…とギリギリ、やっぱ安いんだわ。いや、これでカードはあんまり、払いは現金にしましたんですけどね。
 すげーウメェよなぁ、東京まで広げてくれよ。…でも東京店開いたら、フォー一杯2000円とかになっちゃうんやろか?(^^;)
        → Back to List
 


  EAT (Eat All Thai)  
  
2nd Fl, Groove@Central World, Pathumwan Bangkok +66 2 251 1230 www.facebook.com/eatallthai

・ バンコックのタイ料理

2015年 1月 ☆☆

 *Larb Mushroom
  Minced mushroom salad with peppermint, lime, and freshly roasted rice
 *Hoi Joh Jew
  Deep fried mini homemade crab sausage wrapped with tofu sheet, served with sweet & sour dip
 *Khao Pad Kiew Whan Goi Khai Kem
  Chicken fried rice with green chilli paste, served with fried salted egg from Chaiya
 +Beer Lao

[へべ]
 Siam駅からCentral Worldへは2階レベルの空中回廊伝いにいける。
 地上の歩道と違ってバイクが突進してきたりしないし、凸凹やナンプラ風味の水たまりもないし、ほど良く風も吹き抜けて、快適々々、サバーイ。
 ショッピングセンターの中でもCentral Worldはディレクトリが見やすくわかりやすい。
 その一画のGROOVE レストラン街にあるのがEATことEat All Thai。

 ウッディでカジュアルな今らしい造り。店内のテーブルも良し、表のソファ席でゆったりも、らしい感じ。
 メニューは写真入りタイ英併記英語説明あり、超明解。(ところで最終ページはベジタリアンメニュー「齋」)

 …かように店としてすこぶる使いやすいが、それにも増して、ここの料理がいい!

Larb Mushroom
 マッシュルーム・ラープ いり米・インゲン
 新鮮なマッシュルームのラープに散らした、いり米の香ばしさ。

Hoi Joh Jew
 カニ湯葉巻揚げ

Khao Pad Kiew Whan Goi Khai Kem
 カオパ 塩玉子
 ハーブの香るカオパ。

[AQ!]
 年越し一食目のランチは、セントラルワールドの新館グルーヴの中のEAT(Eat All Thai)で。
 ソムタムデーやスパンニンガの系列の新店。…だって。

 案外、空いてる。グルーヴ自体、案外空いてる。

 此処は、美味しいわー。
 Hoi Joh Jewと茸ラープとグリーンカレーのカオパ(塩玉子の目玉焼付き!)。
 茸のラープは再食したくなるくらい。

使い勝手もまことに結構。

2015年 1月 ☆☆

 *เย็นนี้ขอนำเสนอเมนูหมูปิ้งเลิศรส อาหารกับแกล้มใหม่ขายดีครับ
  Street-styled pork skewers
 *Soup Mora Toon Yud Soi
  Clear broth of bitter melons stuffed with seasoned ground pork
 *Pad Ki Mao Talay
  Spicy flat rice noodles, wok-fried with seafood and crispy basil leaves
 +Beer Lao

[へべ]
เย็นนี้ขอนำเสนอเมนูหมูปิ้งเลิศรส อาหารกับแกล้มใหม่ขายดีครับ
 豚串 イサーンきりたんぽ

Soup Mora Toon Yud Soi
 ゴーヤ ひき肉詰めスープ
 色の淡い大きなゴーヤにひき肉と春雨を詰めたスープ煮。

Pad Ki Mao Talay
 巾びろ麺 揚バジル えび・いか
 腸粉を思わせるびろびろっとしたテクスチャの幅広めんと海鮮の炒めに、濃い緑鮮やかな揚げバジル(香草)をどっさりのせて。
 頭のてっぺんからシューっと何かが揮発していく感じで辛いが、爽やか。抜けがいい。

 シドニーのチャッタイもそうだけど、こういう店が日本にもこのクォリティをそのまま保って進出してくれればいいのに…と願う。

[AQ!]
 びろびろセンヤイの快食感は、想像を超えてましたわ~♪
        → Back to List
 


  知味鮮大蝦麵 Fresh Taste  
  
70 Zion Road Riverside Food Centre Singapore 

・ シンガポールの蝦麺

2013年 8月 

 *蝦麺

[AQ!]
 Zion Road Riverside Food Centreの名物をもう少し漁る。
 まずは「知味鮮大蝦麵」、プローンミーのストール。
 こちらも行列。人気店ということもあるが、一杯一杯作っていて、アラミニュットな工程が多いせいでもある。フードセンター内でも、レベルが高い所は、そういう傾向。
 楽しい味で、うーん…これは「ラーメン」好きのヒトにオススメ!、って感じ。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 


  Hai Cafe  ハイ・カフェ
  
Calmeyers gate 6, 0183 Oslo  +47 22 20 38 72

・ オスロのベトナム料理

2014年 8月 

 *揚げ春巻
 *牛肉フォー
 +Ringnes

[AQ!]
 オスロでは評判のベトナム料理。
 「11時から開店…ということで行ってみた。中は暗く扉は閉ざされドアの取っ手には朝刊が挟まっているし、呆然」…というオスロ市民を激写(笑)。…いや、勿論ワシらも同じ目にあってるんですが(^^;)。
 近くのアジア食材スーパーなど冷やかして15分後くらいに戻ったら、開いてた。

 申し分なく、丁度良い、出来。
        → Back to List
 


  Hooked On Heads  フックト・オン・ヘッズ
  
6 Sin Ming Road #01-01/02 Sin Ming Plaza Tower 2 Singapore  6455-4948 www.hookedonheads.com
無休

・ フィッシュヘッドカレーをはじめとしたシンガポール料理

2013年 8月 ☆

 *Curry Fish Head
 *Beef Rendang
 *Kang Kong with Garlic
 *西瓜


[AQ!]
 郊外、Sin Ming Plaza(何処じゃそれ)にウマイ魚頭カレーがあると聞き、向かう。それが、「Hooked on Heads」。郊外ったってタクシーでワンコイン程度のようなので、タクる。
 帰りはテキトーにバス。

 一言でシンガポール名物「フィッシュヘッドカレー」といってもタイプは色々のようで、大きく分けると、バナナリーフスタイルのインド式と・もっと汎アジア的なもの、となるようだ。こちらのは後者。私は前者のタイプしか経験無い。

 土鍋グツグツ仕様で現れる。かなりの量がたちまち消える(笑)。
 魚はレッドスナッパーかな。
 またこれが、評判店だけあって、か、B級な味ジャンルの癖して(?)、なんとも澄んでいて濃くて、たまらん。
 タイのニュアンス、中国のニュアンス、マレーのニュアンスなど、入り混じって感じられる。…し、何となく、溝の口「すらさ」のスリランカカレーのことが思い出される(笑)。

 サイドオーダーの空芯菜牛ルンダンもばっちり。とくに空芯菜は、私は
「うんうん、こっちでは、こうだよな」
 って感じだけど、東南アジア旅行が若干少ないへべ
「え!?空芯菜ってこんなにウマイもの!?」
 とビックリしてた(笑)。
 「いやイイ店だなこりゃ!」…っつうてたら、西瓜はオマケ(笑)。

[へべ]
 レストラン型、やや郊外の店。私は初体験の魚頭カレーでしたが、ここのはやや南アジアっぽく酸味や香りのきいた仕立てで、美味でした。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 


  Issaya Siamese Club  イッサヤ
  
#4 Soi Sri Aksorn, Chua Ploeng Road, Sathorn, Bangkok +66 (0)2 672 9040-1 www.issaya.com
11:30~14:30/18:00~22:30 無休

・ バンコックのタイ料理

2015年 1月 ☆

 Chef Ian Kittichai Tasting Menu
 *Sai Klok Talay
  House Made Fresh Shelfish Sausage with Hua-Hin Style Seafood Broth
 *Yum Nua
  Grilled Imported Tender Beef. Fresh Herbs. Organic Vegetables in a Charred Bird's Eye Chili Vinaigrette
 *Yum Makur Koong Tod
  Crispy Habor Shrimps. Melting Eggplant and Hard boiled Eggs with Chili-Tamarind Dressing
 *Kradook Moo Aob Sauce
  Spice Rubbed Pork Baby Back Ribs glazed with Issaya House-Blended Chili Paste
 *Hor Mok Goong Mung Korn
  Steamed Whole Fresh Maine Lobster. Lobster Curry Custard. Fresh Coconut Milk and Sweet Basil
 *Paneang Nua
  Grain Fed Australian Veal Cheek simmered in House-Blended Spices, Hand Pressed Coconut Milk and Kaffir Lime Leaves
 *鮭のスモーク仕立て
 *Wok Sauteed Short Grain Rice with "Hed Por"
  Asian Multigrains, Chiang Mai Mushrooms and Garlic Sprinkled with Mushroom-Scented Oil
 *Issaya's Seasonal Vegetables
 *Issaya Ruem Mit
  Assorted House-Made Desserts
 +Altos Las Hormigas Malbec


[へべ]
 ・ツナタルタル、バナナ花、もやし玉子ココナツ
 ・紙鍋トムヤムソーセージ
 ・一口ヤムヌア
 ・茄子サラダ海老天
 ・青菜
 ・仔牛カレー
 ・ソモン
 ・エビ赤カレー
 ・ライス(豆・ナッツ)麦
 ・泰山鳴動ココナツ - 雪見大福ひとくち
 ・ドリアン、パンナコタ、マカロン

 タイの鉄人プロデュースの店…というところから、高めのお値段・突飛な創作料理・居酒屋風の味…などの失礼な予想をしつつ、ここだけはタクシーで訪店。
 案外といっては悪いが、演出オーバー気味のプレゼンはやや目立つものの、品目はわりとノーマルなタイ料理(味つけは濃いめ)。

 巨大なロブスターのレッドカレーフラン仕立てみたいなものが出て、メートルドテル格風のおじさんが「オトーサンえび!」と言いにきたりして。えびの赤カレーはなんとなくめでたい(ホリデーシーズンらしく)イメージなのか、いくつかの店で出た。
 ここのメイン料理一斉登場、の段で出たライスが麦粒やナッツが色々とはいっていて、おいしかった。(実はこのごはんがここで一番の好印象)

[AQ!]
 タイの鉄人の店、だそう。
 日本で鉄人…というと、鳴かず飛ばずの中堅店でヒマならあるでよというオヤヂ料理人がテレビ局のオファーに乗ってみたらアレヨアレヨの大当たり…ってのが90年代で、テレビですっかり恥かいちゃいましたよ…ってのが10年代、って感じだが、タイの鉄人と言われてもなあ、どうなんでしょ。
 まあ行ってみる。

 場所が、どうも、フランクフルトのシルクベッドレストランとか昔のクラブニュクスみたいな、「人通りの無い変なとこ」らしいので、今晩だけはタクシーで伺う。
 行ってみると実際、「徒歩での訪店」は想定外っぽい雰囲気。
 ちなみに帰りのタクシーは、レストランのサービスにホテルのアドレスを告げておけば運転手には完全に伝達しといてくれる。このあたりは行き届いている。

 店は、敷地内に入ってしまえば「コロニアルなクラブ」で寛いだもの。デンマーク人デザイナーと言う内装はなかなか小知恵が効いて、いい感触。
 予約時にインサイド/アウトサイドを選ばされるが、外だと蚊が多いんちゃうかなあ?

 さて、こちらは想定としては「無国籍居酒屋モダン」なんてくらいを思っていたのだが、実際はそんなに無国籍色は強くなかった。モダン度もア~ハイハイくらいで、基調は「高額食材タイ居酒屋」みたいな感じ。パリの「Ze KG」みたいに、すべって転んで激マズ…とかではないんで、一晩の楽しみとしては一安心。

 全体に味は濃い目、わかりやすさとも言えるか。やや作り置き感の出てしまうものが混じるのが残念。
 トムヤムソーセージ…みたいなの、なんて、ハッキリしててトムヤム食ったど~…って気分。
 奉書カレーや焜炉焼は、タイ人が見ると「わあ、テレビで見たアレやわあ!」…とか、あるんかなあ?
 茄子サラダには海老天乗ってなくてもいいけど。
 品書上のダックが本日は鮭に差し替え。ま、仕立ては似たようなもんかな。
 最後のロブスターは、無闇に巨大。タイでも海老はでかいと豪勢なのかな。
 豆ゴハンがとっても美味で、バクバク食ってしまう。本日、主役(^^;)。

 いかにも…な、気取ったスタッフの兄ぃ。
 アルゼンチンのマルベックは店のリコメンドの1つ。案外(?)、クールなオススメが多い。
 夜更けてもどんどん入ってくる店。そういうタイプのユースもあり、か。
        → Back to List
 


  Jim Thompson CAFÉ 9
  
9 Surawong Road, Bangkok (662) 632 8100 jimthompson.com/restaurants_bar

・ バンコクのカフェ

2014年12月 

 *Khao Phad Gra Prow Gai
 *Khao Phad Sappalot Goong
 +Singha beer

[AQ!]
 Jim Thompson本店2階にある、便利なカフェ。
 ビアシン(シンハー)のツマミに出てくるトムヤムピーナツが、なんとも、ウマイ。
 これ、売店コーナーで売っているので思わず購入!(^^;)

 壁のレリーフの像が、どう見ても、北野たけちゃんマンヽ( ´▽`)丿。

 Khao Phad Sappalot Goongはジムトンプソンクラシックらしいが、現代の舌にはマア…。

[へべ]
 ガパオごはん、食べやすい。
        → Back to List
 


  金源香 豆花  Jin Yuan Xiang Soy Bean Drink Soy Bean Curd
  
#01-48 Bedok South Road Food Centre Singapore 


・ 豆花水のホーカー

2013年 8月 

 *豆花

[AQ!]
 坤记鸭饭の昼食後、隣のデザート「金源香 豆花」も人気店らしいので、豆花をいただいてみる。
 ほのかな甘みに温かな滑らかさ、いいデザート。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 


  kawmunkai sompong  カオマンガイ ソンポーン
  
1228 Rama4 Rd., Klongtuy, Bangkok 081 899 8036
7:00~20:00 無休

・ バンコックのカオマンガイ

2014年12月 

 *カオマンガイ

[AQ!]
 昼、カオマンガイとかですかね。
 文字通り星の数ほどの店から、「いなたい風情ながら人気店」と聞く、クロントーイの駅と市場の間にあるカオマンガイ ソンポーンへ。
 カオマンガイ40バーツ。市井の、それは何ということもないものながら「突き詰められた」バランスがまことにウマイ。
 店先で捌く鶏はことさらに福福しさを主張するわけじゃないけど目先の市場で売られるイケの鶏の感覚、キリッとごはん(ウマイぞ)、胡瓜、苦瓜の汁(これが呼ばれる!)。わお!

 ごちそうさま。…が12時半。よく入ってるが行列とかはない。
 この後クロントーイ市場を冷やかして帰りがけに覗いた14時半には完全撤収にかかってたんで、行く人は時間にご注意…とか、何となく書いとく。
        → Back to List
 


  Koon Kee Duck Rice  坤记鸭饭
  
Blk 16 Bedok South Hawker Centre. #01-47. Singapore 
無休

・ 滷鴨肉など肉焼きご飯のホーカー

2013年 8月 

 *Braised Duck Kway Teow with Peanut

[AQ!]
 サイコーのCKTは何処だ!…とカトンを越えて空港の方のホーカーズ(Bedok South Hawker Centre)まで出張ってみたげな、夏休みなのか、臨休でやんの(Hillstreet Fried Kway Teow)。
 ま、そーゆーこともあるか、…と切り替えて、こーゆーローカル・フードセンターではやっぱ「行列が出来てる店」が手堅いかね(おお、原点だ)…と探す。

 で、「Koon Kee Duck Rice」。滷鴨屋、braisedやroastのduckや叉焼の丼(飯・麺)を商う。braised duckを、メシも美味そうだがちょっと成行きに従ってクイティオで。花生も追加。
 しっつこそうな見た目に関わらず、すっきり爽やかな食い口。マル。

 隣のデザート「金源香 豆花」も人気店らしいので、豆花をいただいてみる。

[へべ]
 失意のマナコになんとなく浮かび上がって見えてくるのが各店の人気・不人気。
 よっしゃこの辺で手を打とうかと、さきほどからわりと行列の絶えない、鴨鶏焼豚のっけ麺飯粥の店に決める。
 さてチャーシューか鶏か鴨か、はたまた焼(ロースト)か煮込(ブレーズ)か、飯にのせるか粥か麺かクイティオか、…と並びながら迷う。
 御自慢の一品らしく看板の写真のでっかい鴨Duckのブレーズを、ここはひとつシンガポールらしくクイティオ(平打麺)にのせてみようと衆議一決。
 おとーさんの機転でトッピングした花生もよい相性。
 意外とスパイシー(このピリ辛は胡椒?)なタレに、散らした緑の香草でいく鴨肉とクイティオ。
 これは旨い! ついてきたスープもいい香りでおいしい。
 別の屋台で調達してきたタイガービールで乾杯!

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  Lac Hong ラック・ホン
  
Paris 67,rue Lauriston 01 47 55 87 17
~22:45 F.aout.

・ バリ16区、女性シェフのベトナム料理 (1999.4)
 下記にある通り、美味しくて我々はとても気に入っています。メールでは、「本場に比べると、おお味で??」という声もいただきました。(2000.7)

1998年12月 ☆☆

 *ネム(揚げ春巻)
 *野菜の蒸うま煮風
 *大海老の脳味噌ソース、ラックホン風
 *鶏の7種詰め物グリル
 *ココナツアイスとフレッシュマンゴ
 +97 Bandol Rose / Otte

[AQ!]
 旨い! 美味しいベトナム料理屋だ。16区だかの品の良さそうな地域の一画に、嬉し恥ずかしいアジアンテイストな外装を構える。店内には果物が山と積まれ、南洋の造花造木には緑のランプがあたっていたりするものの、全体には趣味良く居心地良くまとめられていると言えよう。

 カクテルメゾンはTimgadのそれを思わせ、頼んだ私が馬鹿でした(「いや、Timgadよりは良かったよ、ライチ茶風で」へべ談)。
 ネムは味付けといい揚げ具合といい、ベストな出来。またタレのニョクマムと酸と糖の塩梅が特筆もの。野菜もバッチリ。自慢の海老も旨く、ソースにそそられる。海老の皿の時点で炒飯(炒め、良し)が到着していたのがgoodで、海老味噌タレをちょっとつけると、止まりません。
 大書すべきが最後の鶏。コンガリと焼けた鶏のフィリングは、春雨にキクラゲ・トウモロコシといった辺りが目には入る。香りが凄い。どんな香草・スパイスの響宴か、めざましい旨さ。一瞬、モレデポジョを思い起こす部分もある。ゴロンと皿の上に転がってサーヴされ、サーヴィスが2等分まではしてくれる。それぞれの皿の上に盛った後、自信ありげに「これはノー・ソースである」と言い放っていく。この一皿で客にウラをかえさせるパワーのある料理。

 武骨なオヤジがいい加減に電話を受け、いい加減なセーターを着てサーヴィスにあたる。手下のキョンシーたちはどことなくTan Dinhのキョンシーに似る。日本での紹介を丁寧にファイリングしてある所もTan Dinhと同じ。日本語メニュー完備で比較的間違いの少ない日本語プリントアウトなのを見ると、懇意な日本人が目を通している感じ。フランス人客の卓で眺められているフランス語メニュー&ファイルを見るともなく見ると、ル・モンドの記事と並んで何だか見覚えのある絵が見える。お、ロビュションのメニューの絵だ。おお、と、フランス語メニューを見せてもらうと、ロビュション直筆の賛辞(のコピー)であった。へへぇ~、と思い、再度日本語ファイルを読むと、ロビュションもこの店が好きでよく来るらしい。また、多分ゴーミヨだと思うのだが、「本年の料理人」に選ばれたことがあるそうな(アジア人女性で!)。そう、その料理人は例のオヤジにはもったいないところのカミさんだそうで、なかなかの美貌がチラと見えた。ちなみに15/20ゴーミヨである。不思議なことに(と言ってよかろう)ミシュランには記載が無い。

1999年 4月 ☆☆

 *海老揚げぎょうざ
 *大海老グリルと青パパイヤのサラダ
 *フォー
 *ソールのジンジャーソース
 *炒飯
 *ランブータン、マンゴー
 +97 Alsace Pinot Noir / Hugel

[AQ!]
 ラックホンはWilli'sとT.d'Argentに挟まった日程で、軽目で。
 やはり精妙感があり美味なアントレ。フォーは「さすが!」と思わせる深い旨さで、また食べたくなった。ポアソンはオヤジ(シェフのマダムの旦那さんらしい「オヤジ」然としたメートル)のお勧めだが、この店と思うとやや凡庸かも。仕入れた魚介を捌きたかったか?デセールも本日は軽目狙いでフルーツ。ランブータンの奇矯なルックスはパリ市民にウケていた。食べ終わったランブータンのボンボリの様になった外皮を持ち帰る陽気な奴も。Hugelのピノなどを試すと(冷やし過ぎだが)なかなか面白い相性、かつ単独でも実にこれは悪くない。ボロボロっとしているようでいて、なかなか選べるワインリストである。
        → Back to List
 


  老吳菜頭粿 Lau Goh Chye Thow Kway  
  
70 Zion Road Riverside Food Centre Singapore  

・ シンガポールのキャロットケーキ

2013年 8月 

 *菜頭粿

[AQ!]
 キャロットケーキの店、…って、さあ、シンガポールで言うこの「キャロットケーキ」というのは、大根餅のオムレツ…のことなのでありんす。
 こちらは「白」と「黒」(と「白黒両盛り) がある。「黒」は黒甜醤仕立て…で、甘い。寿司屋の玉子くらいの意味合いで、デザート的にも良い。
 やはり見た目によらぬ、繊細な仕上がり。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 


  nahm  ナーム
  
Metropolitan by COMO 27 South Sathorn Road Tungmahamek Sathorn Bangkok +66 2 625 3388 www.comohotels.com/metropolitanbangkok/dining/nahm


・ バンコック・メトロポリタンホテルのタイ料理

2014年12月 ☆

 *Ma hor
 *pork and lobster with shredded ginger and thai citron
 *blue swimmer crabs, peanuts and pickled garlic on rice cakes
 *grilled mussels - southern style
 *prawns and coconut wafers with pickled ginger
 *wild mushrooms and ginger soup
 *salad of fresh river prawns with pork and asian pennywort
 *Gaeng Hang Lay
 …and the set menu parade goin'on…
 *custard apple in coconut cream with sesame biscuits
 *sapodilla steeped in coconut cream with taro pudding and deep fried shallots
 +10 Cuvee de Siam rouge / Monsoon Valley

[AQ!]
 で二日目、nahm。
 手と手を合わせて、ナ~ム~。
 高級ホテル・メトロポリタンのタイ料理、タイ料理研究家豪州人デビッド・トンプソンが仕切る。
 ここで味わうべきはデビッドのタイ料理への純愛の深さであり、スモーキーフレーバはとりわけ素晴しい印象を残す。
 たっかいけど、ね(^^;;)。

[へべ]
 プールサイドのテラス席からガラス1枚へだてたテーブルにて。
 デビッド・トンプソン(シェフ)がタイ料理とは甘酸辛塩のバランスと見つけたり、というのはともかく、その思想を皿上に体現した料理はどれも味が濃い(くどい)。砂糖と塩たっぷりの某国料理に酸を加えてスパイシーに仕上げたような。
 料理はほとんどが、どんと一度に来る。

[AQ!]
 …まあでもやっぱ、「言われても」来ちまいましたけど、ナーム(笑)。
 …っていう呟き雑談に行きますか、やっぱ(^^;)。

 もう今は、そうゆう「なかなか面白いとこもあるぢゃん」じゃすまない、
「サンベリベスト50が自爆してしまったことの、犯人なのか?功労者なのか?」
 という議論ばかりがネット上を騒がせるその、『サンペリ・Asia Best50』が選ぶ、
[ アジアNo.1 ]
 ことナーム…ってことであります(^^;;)、…って話。
 まあ私の見る限り、世間では非難轟々…とまでは行かないまでも、「なんぢゃそれ?」の声で溢れた、話。

 じゃあ俺もそれ聞かれる?…って言ってもさあ、元々、ベスト50って、ある意味偉大な「紹介力」は有してても評価機能とか格付け有意性とかさあ、それは持ってないシステムでしょ、ということは、元々だからねー。
 ナームの一件で「いかにベスト50の評価法が駄目か」をとうとうと説くタイの解説ブログなんかがあるんで、論理的講釈なんかはそーゆーのを読んでいただければいいんですが。
 まあサンペリ評価チームは「だってNリサワより美味いじゃん?」とか言いそうな気はする。まあそれはそうだろうけど、それ、アジア1って話とかんけーないすから(笑)。

 ま、そんながあるんで、別にハッピーでいいんだけど、料理論的に、も少し見れば、デビッドのタイ料理論の核の甘酸辛塩のバランス…ってのはその通りなんだけど。…まず、色んなシェフたちはナームに来て「辛過ぎるよ」と言うんですねー。
 辛さの点、それもそうなんだけど、自分の感じで言うと根源は、(椰子)砂糖をとにかく入れる、入れ過ぎる。とにかく砂糖甘い…んで、それに対してナンプラーがどばどばになり、チリが山ほど入る。
 …結果、辛くなり、「調味料のミックス」の料理になるところはある。主素材よさらば、的な。
 砂糖入れ過ぎよ、と言ってる料理家ブログはどっかにあったなあ。

 本格タイ料理に敬意を表しながら料理としてバランスを取る感覚は、昨日のソウルフード・マハナコーンの米国人の方が上手だ。値段4分の1だし。
 でもまあ、ここの豪州人の純愛には打たれる点がある。かんけーない嵐に見舞われているにしても。ひつこい味であるにしても。

 でもデザートはパーフェクトに美味い。し、すべてのイングレディエンツ、とりわけハーブの質は素晴しいにも程がある(笑)。ここの材料で、かつての成城ラーンチンチンタイのチラポンさん(元バンコック・グランドハイアット副料理長、アンバサダー料理長)が作ったら、美味いだろうねー??(^^;;)

[追記]
 サンペリ50ベストについて一言足しておけば、50ベストってのは、とくに上位ではハイパーモダンな店を取り上げることで注目を浴びてきた過去がある。「旧来のモノサシでは測れない」価値を提案してきたから、そこに「ああ測れないよなあ」というモヤっとした共同幻想?的な納得があったのだが、そこに、アジア50になって顕著になった旧型構造店のランキング入りの増加という事態。
「なんだ測れるじゃん」というのが入ってくると、それはひと目で測れるわけだから、「それでソコなの?」という疑問になり、馬脚があらわれるんだよなー、そりゃ。

 ***

 nahmのアミューズの一発目はゆーめーな「マーホー」…だと思うのだが、ここからして若干の「?」は始まる。
 煙ムールがいちばん良かったかな。
 ゲーン・ハンレイが連夜となったのはまったくの偶然。nahmのはピーナツ入りなのは良かったが、出来はSoul Food Mahanakornの方が好み。
 野菜は酢豚ちっく。
 それにしても全体の印象が暗くなるのはやはり茸の砂糖汁の影が大き過ぎるのかもしれない。これは悲惨。

 「セットメニュー」の選択はオマカセしたのだが、セレクションは自分たちでやった方がまだ良さそう、とは思った。

 かんけーないけど、この店の夜はダダ暗い。昼に来た方がまだ良さそう。相当の暗さの中に、例の「ドーン」で料理が一斉登場するんで、何つーか、闇鍋じみている。
 あと、室内だが蚊がいる。

 それからタイのローヌセパージュ、モンスーンバレー2010は、タイ料理とまことに結構な相性。
 タイ・ワイン、赤でもイケちゃうの、あるんね。値段はそこそこ、するけど。
 しかしソムリエ君、リストに載ってるんだから、「今日はタイワイン飲んじゃうぞぉ~」に対して笑うのはやめなさい(笑)。
        → Back to List
 
 

  Ngoc Xuyen Saigon
  
4 Rue Caillaux、75013 Paris +33 1 44 24 14 31 ngocxuyensaigon.com
ferme dim.

・ パリのベトナム麺
NGXS 2016年 6月 ☆

 *Banh cuon
  Raviolis vietnamiens
 *Pho dac biet
  Soupe tonkinoise
 *Bun bo hue
  Soupe royale
 *Biere Saigon

[AQ!]
 さてお昼。
 ある程度軽く済ましたいので、一膳メシ屋型ベトナム料理…あたりを狙う。
 いつもなら「為平牛粉」…ってとこだが、ちょっと評判を聞いた「Ngoc Xuyen Saigon」の写真が良さげだったので、訪ねてみる。
(実のとこ:まあ為平もご無沙汰なんでアリ…だったんだけど、ネットを見ると最近の写真が「あれ、これ為平?」…って感じのもある。近年はうつろいやすきパリ、新しい評判の方に流れた…ということはある(^^;))
NGXS
 13区…とかって見当つかないんだよなあ、最寄はMaison Blanche駅で徒歩5分強。
 大通りからRue Caillaux通りに入る。大して賑わってもいない細道だが、ベトナムはじめアジア料理店がポツリポツリとあって、ミニミニ・アジア街っぽい。何か経緯あるのか…って見当つかないんだよなあ。
 駅から歩くと、その通りの果てあたりに「Ngoc Xuyen Saigon」の派手なネオン看板が見えてくる。

 で、11時半くらい。店は(なんと)朝9時半からやってる。
 夜に向けてオナカをすかしたいので早く来た訳だったのだが、正解だった。
 いやいやかなりの人気店で、そんなに狭い店でもないのだが、12時には席は埋まってしまう。
 まあ回転もよいので、満席でも待てばすぐ空くだろうが。

 メニューを見ると(更に、いただいても…か)為平あたりと比べても、「中華料理←→ラーメン屋」で言うとかなりラーメン屋寄り…なタイプ。一杯頼んですすってけ、型。
 それでもちょっとだけあるサイドオーダーからバインクオンをツマミにしてビールで乾杯。必要十分な感じ。
NGXS
 麺は、表の看板に書かれてるフォーとブンボーフエ。
 香草セットが届く。十分に盛ってる。赤紫蘇が珍しい。パクチーファランが香りが薄いかな。
 で、丼が、ドン・ドンと登場。けっこー大盛り。
 うん、いいスープだわ~、美味しい♪ やや軽くスッキリさっぱりなタイプで、さりとて高尚過ぎもせず、フツーに旨い…って感じかな。
 どちらも具沢山…というか具の量が豊富。質の方は労働者ちっくで、んー、個人的にはもうちょっと麺の量とバランスが取れてる方がいいかなあ。麺をいただいてる時間に比べ、具と奮闘してる時間が長過ぎるような。
 ただし、だからこそ人気あるんだろうな~(^^;)。
 ま、しかしおいしゅーございました♪

 用途的には、繰り返しになるがラーメン屋っぽく一発で済ませたい時の必殺技。
 大衆ベトナム料理でも、色んなメニューがあって麺飯にもプティとグランがあって…な用向きには向かないかなあ。

[へべ]
 Soupe tonkinoise に、ハーブともやしをドカドカ入れて食べる、久々のしあわせ♪

  → 2016パリ旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  No. 18 Zion Road Char Kway Teow  No. 18 Zion Road Fried Kway Teow
  
70 Zion Road Riverside Food Centre Singapore 

・ シンガポールの炒粿條
2013年 8月 ☆

 *Char Kway Teow

[AQ!]
 さて、ここらで一発、「CKT」を決めないと!
 「CKT」ってのは、炒粿条:Char Kway Teow…の略。以前は気がつかなかったけど、シンガポーリアンは何でも「3文字」略語にするのが好きらしい。そう思って眺めていると町のあちこちに3文字が転がっている。

 前日は「Hillstreet Fried Kway Teow」に行ってみたのだが、臨時休業だった。
 今晩はもう少し近場でアタックしたいな…ということで、Zion Road Riverside Food Centreにある(その名も)「No 18 Zion Road Fried Kway Teow」へ。

 このフードセンター、まずまずの評判の中規模センターのようだが、地下鉄駅からやや遠いので、タクる。
 この時の運転手氏が、まあ折り良く?ホーカーマニアだったようで、
「Zion Road Riverside Food Centre…ってんだけどわかる?」
 と聞くと、目の端がキラっとして、
「ん、オマーら、CKTだな? 入口んとこの『18』ダロ?(笑)」
 と来たもんだ。続けて、
「アソコはいいぞ、楽しんで来いや。…でな、オナカに余裕があったら、…」
 とその後のレクチャー(笑)。
 また、Zionへの道中でも、
「ああ、この道の一本裏のChicken Riceはオススメだな。その先のホテルの横のChicken Riceは有名だけどオイリー過ぎてワシャ好かん」
 などなど、ホーカーズ系薀蓄はとどまるところを知らない(笑)。

 到着。
 22時近かったせいか、半数ほどのストールはそろそろ店仕舞いモードに差し掛かる。
 「18」は一応、18-23時…なので大丈夫。
 まあ人気はショージキと言うべきか、「18」と、運転手推薦店には数人の行列が出来ている。

 「18」のCKTは、3/4/5ドル…これはサイズの違い。1ドルは70円くらい、ね。

 オヤヂさんが黙々と一皿ずつ仕上げて行く。
 渡されたCKT(3ドル)は、見ての通りの「B級丸出し」具合のグチャグチャ感、…っつうか、皿の片側に傾いて寄ってるし。
 「あっハッハ」とビールとともにワシワシといただく訳だが、食べて驚倒!(^^;)
 なんつーか、品がイイのである。ハンナリとして、キレが良くて温かみのある、サラリ味。
 軽くキレイな味出しを軸に、上部で胡椒などの香りの櫓が組まれる。
 う、美味い! ま、美味さ自体は、「驚倒」は言い過ぎだろうが、見た目とのギャップは、ひっくり返りクラス(笑)。
 しかしなんだ、総論的に、ホーカーズのフードも、まあすんごく評判のいい人気店でしか食ってないけど、どこも、味・香りはタイヘンに品の良いシンガポールであった。
(見た目はともかく)そのベクトルは、ガストロとそんなに違わんような気もした。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  Palanquin パランキン
  
12 r.Princesse Paris6e 01 43 29 77 66
ferme dim.

・ パリのベトナム料理
Pal 2000年12月

 *ネム
 *Pho、ハノイ風
 *豚肉の五香炒め
 *牛肉・春雨のスパイシー炒め
 *ソルベ・エクゾチーク
 +NV Champagne / Moe Chandon

[AQ!]
 6区のお洒落なエリアの小洒落たベトナミエン。標準的な料理で食べやすく、使い勝手の良さそうな感じ。女性誌にでも紹介されたのか、若い日本人女性観光客を何組か見たが、買い物メインの小さな胃袋にも好適だろう。

[へべ]
 どこかな~、このへんかな~、と手探りで行ってみると実はLina'sのすぐそば。若い女性にも人気のエリアで使いやすそうなオシャレ系ベトナム料理店。料理はいずれも結構。でも個人的にはPhoなら為平、スパイス系ならラックホンに軍配上げてしまうかなぁ。
        → Back to List
 
 

  RICK'S  リックズ
  
The Taj Mahal hotel Number One Mansingh Road New Delhi - 110 011 India  Telephone: +91 11 66566162 / 23026162 http://www.tajhotels.com/luxury/city-hotels/the-taj-mahal-hotel-new-delhi/fine-dining/ricks-bar.html


・ デリー・タージマハルホテルの東南アジア料理
2013年12月

 *トートマンプラー
 *ロータスリーフベジタブル
 +ミントジュレップ
 +Pinot Noir O.Leflaive

[AQ!]
 またしてもオリヴィエ…よく見るなあ。
        → Back to List
 
 

  Somtum Der  ソムタム・デー
  
5/5 Saladaeng Rd. Silom. Bangrak 02-632-4499 somtumder.com
無休

・ バンコック・サラデンのイサーン料理
2014年 1月 ☆

 *Tum Suo Sakonakorn
  Northeastern-styled Papaya Salad with Rice Vermicelli and Kratin Seeds
 *Deep-fried Sun-dried Beef
 *Steamed Sticky Rice
 +Beer Lao Dark

[AQ!]
 1月3日、Yen Ta Fo屋台の正月休みも明けたかな?…とサラデンの裏通りの様子を窺うが、まだお休みのよう。
 あらま、じゃ、お昼はどうしよ~?
 それで思いついたのが“あ、ここはSomtum Derのすぐ近くじゃん”ということ。Somtum Derは予約満席も多い…と聞いてたけど、この距離なら「空いてますか~?」と覗きに行っても損はない。

「こんにちはえーと2人…」と見るとまだガラガラで、簡単に入れた。ラッキー♪
 我々が店を出る13時頃にはもうかなりパッツンパッツンに入っていたが。

 現代的なカフェ風のオサレ・カジュアルな雰囲気で、内容は本格イサーン料理。…という狙いだそう。

 系列店のEAT同様、ビールの一押し(?)はBeer Lao。乾杯しながらメニューを眺める。
 やっぱ、ソムタムはどれか行くよね。それと干し肉をカオニャオで。

 Tum Suo Sakonakorn、一口してウオっ!
 沢蟹?…の匂いが口内を蹂躙する。こりゃタマラン!
 クロックの底でゴリゴリと叩き潰されて行く蟹が「我ガ一族ノ恨ミヲ知レ!!」とばかりに濃厚なエアを放つ(笑)。
 癖になるわ(^^;)。
 …しかし、この臭いの食い物ですね、これが駅前の煤けた屋台から出てきたらヒクわな~。いや、ヒクというか逡巡しますわな(^^;)。やっぱ、ね、賭けに出るのか出ないのか、ってね(^^;)。
 Somtum Derみたいな綺麗な店なら、要らん心配をせずにワサワサと食える点は、ワシらには大きい。ウン。
 この料理では多めに入ってる麺(Rice Vermicelli)も、いいポジ。

 注文に関わらず、野菜スティックセットが来る。干し肉など、葉っぱに豆・人参(←へべ「うまい!」)・キャベツなどと巻き込んで食べると美味しい。

 店のスタッフは、今回の旅行全体に…だが、こちらが(料理に)食いついて行くとすんごく優しい、と言える。
 まあ、こちらが問えばニコニコ答えてくれる…のは何処でもそれはそう、ということはあるが、なんつーかバンコクのヒトのは「優しさが板についてる」感じがする(笑)。
 こちらのクロックは、でかい木製。
        → Back to List
 
 

  松發肉骨茶  ソンファ・バクテー Song Fa Bak Kut Teh
  
17 New Bridge Road #01-01 Singapore 059383 +65 6438 2858 www.songfa.com.sg
Closed on Monday

・ シンガポールの肉骨茶
2013年 8月 ☆

 *肉骨茶
 *滷粉腸
 *芥藍
 +普洱茶

[AQ!]
 4回目くらいだと思うが、直近から約25年ぶりのシンガポール。もはや、「変わったなあ…」という気すらしない(笑)。でも、ガーデンシティ…「緑の町」の印象だけは一緒だ。
 へべは初めて。

 到着日、「松發」で肉骨茶。
 これは美味い。こなれきってるけどクリア、バランスが奥深さに繋がっている。こんな麗しいバクテーは、よう知らん。

[へべ]
 クリアなスープ。コショウ。ポーレー茶。ごはんにかけて。スープおかわりやかん。

[AQ!]
 スープ、おかわりを足してくれまふ。
 滑らかで深くさりげなく、旨みもタップリ、ステキなバクテー。
 骨テーブルに始末しておーけー、スープおかわりおーけー。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 


  SOUL FOOD MAHANAKORN  ソウル・フード・マハナコーン
  
56/10 SUKHUMVIT SOI 55 (SOI THONG LOR) Bangkok +66-(0)-2714-7708 www.soulfoodmahanakorn.com


・ バンコック・トンローのタイ料理

2014年12月 ☆☆

 *Southern Thai Samosas with Lamb
  Minced milk-fed lamb from Khao Yai with cumin, spring roll wrapper, mint and yogurt dip
 *Yam Hua Plee
  Slices of banana flower tossed in a sweet and sour coconut dressing with grilled chicken and sweet basil.
 *Fish in a Leaf
  Fresh filet of sea bass stuffed with lemongrass, dill and slices of lime, grilled inside a green banana leaf
 *Gaeng Hang Lay
  Shan/Burmese curry of pork belly soured with tamarind and slowly braised with ginger and garlic
 *Brown Rice
 *Egg castard in Pumpkin
 +Yali (Chile)


[AQ!]
 いやあ冷房っていいもんですねー(^^;;)…のバンコク、一日目ディネ。

 まあ馴らし運転の日の店選び…は近くになってテキトーに決めたのだが、タイ料理ソウルフードマハヌコン。
 と軽く言ったけど、バンコクの数あるレストランランキングの多くでトップ10入りしてる店、とくに欧米人観光客の投票には強く、この店を「タイNo.1」推ししてるランキングもある。
 たしか米国人フードジャーナリストの経営で、客もファラン中心と言われる。

 気楽なガストロバー調。
 「本日、機械壊れちゃってさ、現金でい~い?」(^^;;)だったのだが、それで「ガチョーン」とならないくらいの価格設定。ワインを除くと一人1000バーツくらいだった。
 ホントに白人だらけで、更に大量の白人が「席、ある?」と覗いては断られたりウェイティングリスト記入したりしてる。
 内容もイイ意味、欧米人好きしそうな、つまり、

・無化調
・ノリのいい
・イングレディエンツはオーガニックや指定農場産などの気遣い
・わかりやすいキッパリした味付け
・こってりモノはこってり
・激辛過ぎない

 …というような感想を持った。
 この辺は我々にもとってもポジティブな話である。

 まあ材料が良くて、ファーストアタックがうめーし、ナチュラル・しつこくない。

[へべ]
 ファランに大人気なのもうなずけるガストロバル。
 居心地良く、落ちつき、旨いものにありつける。

Yam Hua Plee
 バナナの花サラダは良いもの!
 ちょっとタケノコ的な食感。

[AQ!]
 バナナ花は実物は初めていただいたんだけど、青パパイヤの隣くらいの感じ?…いいもんですねー。

Fish in a Leaf
 シーバスのバナナ葉包みでは、同梱のレモングラスの香りの高さにクラクラ…。これが「現地」だよなー(^^;;)。

[へべ]
 バナナ葉包み蒸し魚には一緒に包んだ立派なレモングラスのいい香りがしみわたり、緑ソースもよく合ったいい料理。
 ブラウンライスが実直にうまい。

[AQ!]
Gaeng Hang Lay
 シャン州風のカレーはおもろいほどに「田舎臭いビーフシチュー」。鄙びててウマー。ワインとやたらと合う。これは白人もマストビー大好物だね。

Egg castard in Pumpkin
 南瓜詰めカスタードは「例のアレ」なんだけど、「えーホンモンはこう?」と驚嘆(^^;;)。南瓜の種類の天使さが、ごいす。これなら食うわ~!

[へべ]
 かぼちゃプリンのかぼちゃが違う!
 内心ひそかに「なんでわざわざこんなことするんだろ」と思っていたデザート1号だったが、みずみずしく汁気の多いタイのかぼちゃとなめらかなプリンは好相性。
 これはイイ!と納得。
        → Back to List
 
 

  Sra Bua by Kiin Kiin  スラブア・バイ・キーンキーン
  
991/9 Rama 1 Road, Pathumwan Bangkok +66(0) 2 162 9000 www.kempinskibangkok.com/sra-bua-by-kiin-kiin
無休

・ バンコックのモダン・タイ料理
2015年12月 ☆

 New Year Eve Menu
 ---กรุบกรอบ Nibblings
 *รากบัวกรอบกลิ่นมะกรูด Crispy Kaffir Lime Scented Lotus Root
 *ขนมกรอบไข่ขาวเม็ดมะม่วงหิมพานต์ Roasted Cashew Nut, Soya Meringue
 *ข ้าวเกรียบกงุ้และปลาหมกึ เสริฟ์ พรอ้ มมายองเนสหอยนางรม Homemade Squid and Prawn Cracker, Oyster Aioli
 ---เรียกน ้ําย่อย Street Food
 *เมี่ยงค า Miang Kham Cornetto
 *หอยเชลล์สมุนไพร Hokkaido Scallop, Lemongrass Snow, Kaffir Lime Granita
 *แคปหมพู ะโลเ้สริฟ์ พรอ้ มมายองเนสน ้ามันงา Crispy Five-Spice Pork Skin served with Sesame
 *ขนมปังหน้ากุ้ง Prawn Bread
 *ไสอ้ วั่ Chiang Mai Sausage
 *สะเต๊ะไก่ Chicken Satay
 *ไข่ตุ๋น Miso Flan and Roasted Garlic

 *ไข่ปลาคาเวียร์กับเชอร์เบทมะนาว Caviar with Lime Sorbet
 *หอยนางรมกับตะไคร้ Trio of Oyster, Lemongrass, Lime Leaves and Chili
 *หอยเชลล์กับซอสถั่วเหลือง Hokkaido Scallop, Sweet Soy and Miso
 *แกงแดงกับกุ้งมังกร Maine Lobster with Red Curry
 *ตับห่านผัดขิง Seared Foie Gras with Ginger and Plum Sauce
 *ต ้มข่านกกระทา Tom Kha with Quail and Coriander
 *เนื้อผัดขิงและเห็ด Beef Rib Eye, Thai Ginger and Porcini Mushrooms
 *เกาะสมุย Koh Samui
 *เสาวรสกับวานิลลา Passion Fruit with Kumquats
 *Petit Fours
 +10 Blauer Spatburgunder Pfalz / Knipser
 +10 Muscat / Monsoon Valley

[AQ!]
 サンシルベストルは、堂々、ホテル・ケンピンスキーはスラブア・キーンキーンのニューイヤーイヴ・メニュー。
 えー、ナームはロンドン・ナームの逆輸入なのだが、こちらは名前を見ればわかる通り、コペンハーゲンのタイ料理キーンキーンの逆輸入。コペン店は何回か行きかけたけど未訪なのが、ちょっと残念(?)。
 こちらやナームもそうだが、老舗のブルーエレファントも元は欧州店の逆輸入らしい。伝統的タイシルクの威光を一手に担ってるのはアメリカ人のジムトンプソンだ。…と、タイの逆輸入文化は日本などとパラレルには考えにくいところがある。
 自国文化を外国人に解釈・再構成してもらう、のが得意なのか?(^^;)

 ケンピンスキー様は、イスタンブールもそうだったけど、堂々の大伽藍。あまりの威風は噴飯モノ…じゃなくて、ええまあ笑ってしまうほどですわ(^^;;)。
 ロビーに入ってディレクトリを眺めるとすぐにオネーサンやってきて、
「スラブア?」
「そうそう」
 ですぐ、レストランまで案内してくれる。

 美しく水をはった落ち着く作り。
 壇上奥の、けっこう良い席。予約が早かったからか?
 卓上には、銀ピカのシルクハットもどき/カチューシャにバネ付きの青玉がビヨンビヨンしてる髪飾り/ピロピロ笛/クラクション笛…と、そう、年越しセットが用意されてる。
 サルを見渡すとたしかに、金ピカ銀ピカ帽子の紳士や頭上に赤玉青玉が揺れる淑女が、ディネを楽しんでいる。

 まあそんな感じで、実に、美味し楽しく年越しの一夜を過ごしました。

 料理は、見れば、「こんなん出してちゃ駄目だろ」級から「これを食いにはるばるやってきたものだぜ」級まで、まあ、色々、ある。
 スペシャルなナイトなので、キャビアやフォアグラも組み込まれているが、まあそこには触れないどいてあげよう。
 …など言うても、総合的には高水準だ。

 「ストリートフード」再構築の海老パンやイサンソーセージ、そして、トムカーガイならぬトムカークェルは素晴しい出来。とくに、コリアンダーオイルを浮かしたトムカーは感激した。
 いったいに、タイ伝統料理に一捻り加えた…くらいのモノの方が上手く行っている印象で、「miso」使いのような大技飛び蹴りはアサッテの方向に行きがちだ。
 コペンとバンコクの連絡をどうしてるのか知らないけど、コペンからの指示を未咀嚼のまま出してる部分もあるんじゃ?…みたいな邪推をしてしまうものもある。
 まあ、小さいことだが。

 とくに「味噌ソース」型の方は、味噌をつけない状態でほぼ完結しており、味噌が浮いている。
 二箇所使われていた「冷凍タイカレー」はマアマアかな。
 へべ曰く、「味噌とキャビアとフォアグラが無ければ、けっこー良く出来てたコースじゃない?」j(笑)。
 プラの皿が、ありそうで珍しい選択で、これはなかなか良いかも。
   デセールの「コサムイ」、可愛らしい馬鹿馬鹿しさですかねー(^^;;)。

 nahmやissayaは、「せーの、どん」で4,5種類の料理が目前に並ぶシステムで、いささか面食らうが、こちらはフツーのコース段取り。
 new year eveということもあり、4時間近くかけてゆったり進む。やはり客としては、こちらの方がありがたい。

        → Back to List
 


  Supanniga Eating Room  スパンニガー・イーティング・ルーム
  
160/11 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor) Klongton Nuea, Watthana, Bangkok  02 714 7508 www.supannigaeatingroom.com
11:30~14:30/17:30~23:30 無休


・ バンコック・トンローのタイ料理

2015年 1月 ☆☆

 *Yum Nam Bai Mayom
  Spicy pork sausage salad with ginger, shallots, scallions, lime & roasted pianuts
 *Soup Pla Muek Yud Sai
  Clear broth of baby squids stuffed with seasoned ground pork
 *Ka Lum Tod Nam Pla
  Fried chinese cabbage gravied with premium fish sauce from Trad province
 *Pad Nam Prik Sa-taw Goong Sod
  Southern wild beans stir-fried with prawns & premium shrimp paste from Koh Chang
 *Isan Steak - Beef
  Grilled premium Pone Yang Kam beef, Isan style, served with grilled sweet sticky rice
 *Thai Tea Panna Cotta
 *Mango Sticky Rice
  Fresh Mango with Sweet Sticky Rice topped with Coconut Milk and Roasted Beans
 +Beer Lao Dark、グラスイタリアワイン


[AQ!]
 夕方、トンローで滞在最後のタイマッサージで癒された後は、通りをそのまま進んで「スパンニガ」。
 ここまでの昼食で寄った、系列店の「EAT」「Somtum Der」が良かったもんで、期待値高し。

 店をみつける。
 噂通りに、まあ土曜でもあるが、パツパツの満席。
 覗いて行く人が凄い勢いで断られている。

 我々は19:30予約を19:20くらいの到着だったが、
「予約はある? OK! 2分待ってけれ」

 メニューを眺める。
 直前までかかってたマッサージのペースがしみついて、頭がスローになっている。
「おおお、おいしそうだにゃあ」…って、ちっともまとまらない(^^;)。
 それでも写真入りの威力で、決定を出してく。
 そーそー、ここの系列は日本語メニューの用意あり、わりと翻訳もダイジョーブ。

[へべ]
Yum Nam Bai Mayom
 発酵ソーセージ入りサラダ:ライム・コリアンダー・シャロット・ジンジャー・ピーナツ・たけのこ

Pad Nam Prik Sa-taw Goong Sod
 えびプッタイカレー

[AQ!]
 プッタイ…あ、サトー豆表記か…は、(やはり)日本に入ってくるのより一段フレッシュで香りが立つ感じがする。海老といくのはオーソドックスなのねぇ。ところでこの皿も、味付けがきわめて上品。味の方向は見ての通りだけど、香りは立つがハンナリ。

[へべ]
Soup Pla Muek Yud Sai
 いかスープ:小イカ・豚ひき肉詰め物・コリアンダー
 上品!

[AQ!]
 烏賊詰めスープも、そう。ビビるくらい(笑)美しい味、ほんとに品が良い薄味ベース。これは頼んで良かったあ!…な一品。

[へべ]
Ka Lum Tod Nam Pla
 きゃべつナンプラ

[AQ!]
 キャベツをナンプラーで和え炒めただけ!の一皿がスペシャリテだ、っつうんだから、これは、カッコイイ! (実際、メニューの中でもこの皿の写真はデカイ)
 味も優しくてカッコイイ!
 精神がカッコイイ!
 Tradのナンプラー、うまい。
「これとゴハンだけで数日通ったりして」とメーワクな冗談は、へべ。

[へべ]
Isan Steak - Beef
 牛肉グリル・いり米チリソース

[AQ!]
 ビフテキは、見た目ただのステーキだが、マリネが効いておりタレ(これも上品)も良くて、ウマイ。
 へべは「タイ現地のタクライは無敵ぢゃ」と唸っている(笑)。
 我々、酒でやってる組にはかっこーの「プラ」役といったところ。
 またここには、キリタンポ状のカオニャウがつくのだが、ナイス・アソシエ。

[へべ]
Thai Tea Panna Cotta
 こげ風味フラン

[AQ!]
 タイ茶パンナコッタも、焦げ香ばしさがアッパートーンに一筋乗って、たおやかかつ癖になる。

[へべ]
Mango Sticky Rice
 マンゴー・もち米

 内心ひそかに「なんでわざわざこんなことするんだろ」と思っていたデザートの(かぼちゃプリンに次ぐ)大逆襲2号はこれだ!
 日本だと高価なよく熟したあまーいマンゴーと甘いココナツ風味のもち米(ココナツミルク(甘)がかかってくることも)なのでもっぱら敬遠してきた。
 が、この日はスパンニガの肝っ玉かあちゃん的な気の良いフロアサービスのおばちゃん(追加注文などにもまめまめしく世話を焼いてくれていた)が、デザートに頼んだsapodillaがfinishedと告げに来て
「あたしのオススメはなんつってもコレよ、コレ!」
 と満面の笑みをたたえてスタンバイ…してたので、ええい、ままよ、と頼んでみた。
 酸っぱさの勝ったあっさりマンゴーに塩味のもち米が意表をつく好相性で、これはイイ!
 いやー、驚くことってのはいつまでたってもあるものなのね。と盛り上がる。

[AQ!]
 面倒見のよいおっかさんタイプの女性サービスが、笑顔満面でかまってくれる。
 頼んだデザートの欠品があって、「今はこれ、是非食べて」がマンゴスティッキーライス。
 これ、自分らではまず頼まない品なのだが、食べてみて良かった。
 全然違う!
 塩気すらあるライス、酸の綺麗なマンゴで、あのぼったるい甘さに絡みつかれるところが無い。
 うわー、ホントはこれですかい!

 ***

「今回のバンコック旅行で、どっかオススメのレストランありました?」
 とヒトに聞かれたら…。
 ま、その時は相手の顔を読んでムニャムニャ言うわけだが(笑)、それにしても、聞かれたら、
「スパンニガーなんかいいですよぉ~」
 って答えるケースは、多いだろおおお、なあ♪
 …ってような、店。
        → Back to List
 
 

  Tan Dinh タン・ディン
  
60 r.Verneuil Paris 75007 01 45 44 04 84
ferme aout et dim.
Leon Vifian, Robert Vifian, Freddy Vifian

・ 超弩級のワインリストを誇るパリのベトナム料理
1994年 4月 ☆

 *揚げ春巻
 *鴨の薫製のラヴィオリ
 *牛肉ソテ、タンディン風
 *スティームドライス
 +79 Ch.Le Gay


1996年 1月 ☆

 *ワンタンスープ
 *鴨の薫製のラヴィオリ
 *牛肉ソテ、タンディン風
 *スティームドライス
 *バナナフランベ
 *サワーソップとパッションフルーツのソルベ
 +75 Ch.Trotanoy

[from旅行メモ]
 また来たぞ。どことなく黄昏な店内は前回のまま、無表情or仏頂面の多いキョンシー黒服も健在。隣席の一方はビールでベトナム料理の親子、反対側は水を飲みつつマダムを口説く東洋人ムッシュ、入り口挟んで反対側には背肩脚出しゴージャス美女含む卓あり、奥の卓にも客のいる気配。新年から随分入ってること、と思いきや、その後も次から次へと、来るわ来るわ押すな押すなの大賑わい。でした。

 食べ物はさっさと決めて注文、とともに「ワインリストおねがいします」と例の分厚いカタログ様のノートが出てきます。そうヴィフィアン兄弟は最初から店内にスタンバっており、着くなり安心していたことでした。そういえばワインスペクテーターのアワードの盾の列も伸びて、最新の94.95まで並べられています。
 さて、ペトリュスの項でプライスチェック。うん、カーブドタイユヴァンで購入するのにくらべれば半値位だろうか。リスト中で最も安い79だと2400FF。(80以降はまだ出してません) というわけでトロタノワの項に目を移すと、こちらはほぼ1500FF以下。1000FF以下のものもいくつか。というわけで飲むのはトロタノワに即決。それからリストの鑑賞。いやぁ、あるわあるわ。うー。あまりの豪華さにほぼ気絶。
 ほどなく兄ヴィフィアン登場。
「我々はトロタノワをいただきたいのだが、どれかしらん?」(仏語で言ったんだよ~ん)
に、0.5秒で
「75だ」
とのこと。もはやこれはご託宣、という感アリ。この年はまだ、とか、この年はso-so、とつらつらっと誦じたのち、
「75年は素晴しい出来で、もうそろそろopeningだから、これがよいでしょう」
ややあって運ばれてきたボトル、ラベルはよくぞここまで、のボロボロ状態。ボーゼンと眺めていると、ヴィフィアンさん、ラベル(の名残り)の一点を指さして
「おお、あなたは運がよい!ここに肝心の所が残っているではないか」
と。
 見ると(TRO)TANOY(19)75が辛うじて残っている。いや、なんてラッキー(なのか)。
 サクサクとデカンタされて運ばれてくる。香りは重厚で、まだ、エンジンに点火してこれからファーストギアという感。そして口に含むと、、、ウ、ウマイっ!!
 何かもっと高尚な感想を漏らそうと思っていないでもなかったのが、とにかく、ウマイ酒~。ガーン、とそのまま減衰もしないのではと思えるアフターも圧倒的。とにかく凄まじく濃縮されている、全てが。他のワインが水のよう、、、(^^;)。甘い、敢えて甘いといえば、その甘さが幸福となって押し寄せてくる。そして、タンニンが、意識すれば多量のタンニンが、ウマさの根底を奥深く広げて支えている。香りはいつまでも濃く、ちょっとスグリのようで、靄の向こうに横たわっている。

 ワンタンスープはちょっと地味なスープのワンタンで、やがて地味が滋味に感じられ、なかなか結構。
 蒸しラヴィオリは、前回の印象よりも温かい状態で供せられ、これはウマい。
 そして牛肉タンディン。この皿の前辺りの時点から「パパ」ヴィフィアン登場。前回の「怪しいオヤヂ」ぶりもその通りなのであるが、今日はフレームのかっちりした眼鏡の姿はなかなかクロード・ブリナ氏のようであって味のある老レストラトゥールぶり。
 背後から軽く肩を叩いて
「ボンアネ~」
と現れる。
 店はこの頃から活況また活況で、地下まで活用して大忙し、我々の両隣はほどなく二回転目へと突入。そんな中を老ヴィフィアンは喜々として挨拶して回っている。何と嬉しそうなこと。幸福な家族、幸福な彼の人生。
 次に我々の所へやってきた彼は今回も「牛肉タンディン」の食べ方の指導。
 グラスに少量残った状態では濃厚なカラメルをたなびかせるトロタノワ。次第になくなる。
 デセールのバナナは皿の上で目の前でフランベする。ココナッツのグラスがなかったので冷菓はパパのお勧めの二種盛り。この辺から段々店の中も片付いてきて、ヴィフィアンファミリーの我がテーブルへの滞在時間が長くなる。

 パパは
「他所ではなかなかこんなワイン飲めないよ」
 とご機嫌で、次から次と息子たちが紹介された記事の載っている雑誌書籍をくりだしてくる。週刊文春も出てきたので
「ムッシュ山本のですね~」
 と言ったら
「彼は息子のトモダチでねー」
「シセイドーのフクハラも知り合いだよー」
 兄ヴィフィアンもやってきて
「東京の店も、フクハラなんか、もっと高くしなきゃダメだよ、なんて云ってたんだよねー」
 など。パパ
「東京でいちばん良い日本料理屋だというとこに行ったけど、あれはどこだったかなー忘れちゃったよ」
「辻留とか吉兆とか・・」
「あーそれそれ、キッチョーだ」
 パパ、カウンターの向こうへ引っ込んでほどなくポン!と景気のいい音。ややあってニコニコと泡たちのぼるグラスを手にやってきて兄ヴィフィアンにも手渡して、
「ボナネー!」
 兄、かまわずワインの話を続ける。ほんっとに好きそうで、こちらは残念乍ら大した相槌も打てないのに実に愉しげに
「75年のトロタノワは、んっとにいいんだよー」
「しかもリーズナブルですよね」
 と水を向ければ
「そりゃねー、出来のいい年はボクは飲めばわかるし、即、買っちゃうからねー.まだまだあるんだよ.ヨソではこんな値段で飲めないでしょ」
 さて93.94.95の出来は?
「んー、いいっていう人もいれば、あんまりよくないという説もあるけどねー、飲めばわかるよ、ボクは、でもまだ飲んでないのはまだ何ともいえないなぁ、まだワインになってないのもあるし、あ、でも、94年シャンパーニュは飲んだ、これはいいよ、よかった」
 と。うんうんと聞きほれながらああこんがりとキャラメリゼになってきたとしつこくグラスや、しまいにはボトルをクンクン嗅いでいたら、
「いや、もすこしだったらイケルかな」
 と笑って新しいグラスをもって来て注いでくれました。
 いやはや。楽しく妖しい時間でした。その他、ブルゴーニュのどこだかの村へ行ってどっかり買い占めた話やら、ポムロルのどこかの蔵は、アメリカ全土よりウチの方が持ってるよ、とか、ファンタスティックな話の数々でありました。(いや、何につけ、もっと具体的に聞いて覚えておけばよかったのだけど、語学力ないは、速いは、酔ってるは、そうは聞き返す知識の自信ないは、で(^^;)) まぁ、ADコロシアムを維持できなかったハジケバブルのジャポネとしては恐縮。ADコロシアムもいいカーブにしたんだけどなぁ、とも言ってました、数は多くないけど、と。
 というわけで、なんというかとても幸せな気分でヴィフィアン一家の店を後にしたパリの夜。

1997年 6月

 *海老の春巻
 *薫製鴨の蒸ラビオリ、もやし添え
 *鴨炒め、もやし添え
 *バナナフランベ
 *ココナツのグラス、生姜の砂糖漬
 +79 Ch.Petrus

[AQ!]
 パパ・レオンと弟フレディがいました。それからなかなか美人のマダムが新登場。フレディと二人で帰ってきましたから、奥さんなのかなぁ。それにしても、Petrus!!

1998年12月 ☆

 *薫製鵞鳥のラビオリ
 *ロブスターの黄金三角揚げ
 *仔牛の串焼カルダモン風味
 *鶏と野菜の八角風味
 *腸詰め入り炒飯
 *バナナフランベ、ココナツアイス
 +86 Le Montrachet / Delagrange-Bachelet

[AQ!]
 何か、帰ってきたような気になる不思議な「ホッ」感。でも店は、世界のワインブームを受けてか??にぎわしくもあり。ヴィフィアン一家も健勝そうである。パパ、ニコニコ。今年は、料理がとても良かった。一番最初にここに来たときの印象が蘇ってくるようであった。何でかなぁ。いつも食べてる最初のラビオリからして違ったね。仔牛の串焼はベトナム料理の楽しさ、そのもの。
 DelagrangeのLe Montrachetこれは凄い酒だ。ガキっと舌を掴んだと思うや支配するその力は、そのまま真直ぐにこちらの脳髄までも支配してしまうような莫大さである。ちょっと語彙に困るものがある。ハラハラと泣けるように旨い。

1999年 4月 ☆

 *ガチョウの薫製のラビオリ
 *ロブスターの黄金三角
 *アニョーのブレゼ・オー・ココ(茄子・カリフラワーetc.)
 *ブロシェット・ト・ヴォー、カルダモン風味
 *ベトナム風フライドライス
 *ソルベ(マンゴスチン(Corossols?)、パッションフルーツ)
 +76 Nuits-St.Georges Murges / Cathiard

[AQ!]
 Clermon-FDの列車に息を切らせて飛び込む。ワシの時間の見立ては相変わらずいい加減だが、へべの活躍で何とか乗れた…。
 その列車だがパリ到着は15分も遅れ、週末の行楽客でごったがえすリオン駅のタクシーには長蛇の列。メトロ14に切り替えるも反対向きに乗るワシ、などあってホテルに落ち着くと21:00近かった。
 99ミシュランで久しぶりにアジア料理に星をもたらした"Chen"がコンプレでとれなかったのは残念だが、Tan Dinhに21:30が取れれば良しとせねば。

 満席の客が賑わいをみせる店内、さすがに直前予約とあって入口ドア間近の「末席」。パパ・レオンが「おやおや、これはまた」とばかりに愛想を振り巻いてくれる。今回は4か月ほどしか間が空いてないせいか、ちゃんと覚えていてくれたようだ。
 注文は、最近気に入りの数皿のスペシャリテに、アニョーのブレゼという新顔を一ついれて。ロベール・フレディ・フーマンチュー・Mr.スポック…とここのスタッフは全く不変の顔触れが、忙しく働いている。ワインリストをもらい検討。
 もう22:00だし、グランヴァンも随分続いたので、今夜は「白か、赤なら古いのはどうだろう?」くらいの路線。
 70のル・ゲの900FFも一つ。76のNSGがG.MugneretとCathiardで4種ほど。ほほお、とこれに目を付ける。ロベールに尋ねると一刀両断のCathiard。(それにしても昨年の訪問からこっち、Tan Dinhの勢いはすっかり復活しており嬉しい限りなのだが、「ここ数年の作柄はどうかね?」なんていう間抜けなシロウト話を兄弟とダラダラさせてもらう余裕はまるでなくなってしまい残念ではある。とはいえ、盛況は喜ばしい)

 このNSGは一口飲んで万歳。思い通りの路線の延長線上で、予想をずいぶんと越えている。茶渇いた色そのままの23年の歳月。まさにブルゴーニュ古酒の味わい。大きい年だがタニックで難しい76のCathiardということで「ガンコ爺」方面の心配は、一抹はあったのだが、全然そんなことはない。ウットリするような美しい老年の色気。「いいねコレ」「いいねコレ」の連発で杯が進む。時間経過はわずかに胴回りの余裕をかもす。20年以上の時はたっぷりの熟成を呼ぶがジューシーな果実。干プラムではあるがみずみずしい感触を残す。

 料理は依然、好調感あり。ロベール・フレディともに表に出ている所を見ると、厨房スタッフが充実したのかしらん。お馴染みのスペシャリテは上出来。アニョー・ココは白くはなく、軽いココ風味で各種野菜と炒められて鉢に盛られ、以前いただいたプーレの皿に似ている。デセールはソルベで軽くしめる。コロッサスとかいうものを試すとマンゴスチンかランブータンのようだ。パッションフルーツは際立つ酸。
 勘定をして席を立とうとするとパパ・レオンが飛んできて「まぁ、まぁ…」。お得意のディジェスティフ、工夫茶杯に注いだグラッパである。
 地下には山のようなジャポネ客、地上階もどう見てもベトナム・中国人カップルに見えるのに日本語を話すミントグリーンセーターの若オヤジなど日本人リッチであった。

2008年 1月 ☆

 *薫製鵞鳥のラビオリ、もやし添え
 *海老フライ、甘酢ソース
 *ルジェのポワレ、キクラゲ添え
 *牛肉ソテ、タンディン風
 *腸詰め飯
 *バナナフランベ
 +88 Ch.Le Gay

(コメント工事中)
[AQ!]
 昼はランブロワジーで満腹。晩は消化の調子を睨んでいたが、「ウン!行こうよ、タンディン!」…とあいなる。
 20時前にTELして、21時予約をゲット。8年ぶり6回目の訪問。

 メシ時ゆえか、ベルボーイがタクシー捕まえるのに数分かかる。
Tan Dinhゆうてな、r.Verneuilなんやけどな…」
 タクシーの不馴れなニーチャンは早速地図を広げる。一方通行問題を除けば、ワシだってちょちょいと運転できるくらい“すぐソコ”ではあるのだが。r.Verneuilの長さもあってか、多分少し遠回り。
 この通りも明るくなったものだ。パリ中が明るい。東京みたいだ。「妖しく仄暗いパリ」…をもう、若い人なんかは見られないんだなぁと思うと妙な気分。

[へべ]
 アレックス(@Sa.Qua.Na)の店で壁面間接照明の蛍光灯づかいに「これって今っぽいのかな?」と話していたのだが、パリの街にも蛍光灯の白い光が増えて、夜がぐんと明るくなった。
 AQが「ここもこんなに明るくなって」…と驚くベルヌーイ通りを、ずんずんずんとかなり奥まで進む。(途中の角に新しくメゾンドカイザーができていた) いつも手前のここかなと思うインド料理屋(ここも悪くないらしい)を過ぎて、タンディンへ。

[AQ!]
 こんぼんそわ。
 おお、パパ、レオン!! 健在じゃないか!!
 全てが以前のまま。笑っちゃうくらい、まんま。レオンに、ロベール・フレディは白いコックコート、フーマンチュー・Mrスポックは黒の詰め襟。使いっ走りの若い者を入れるでもなく、往年の姿そのままにみんな少しだけ老けている。
 「ぼなねー」、パパはなんと1923年サイゴン生まれ。85才だ! スゴイな。店に出られる足腰だけでもスゴイ。顔が少しだけクシャッとしたかもしんないけど、変わってない。
 「あー、なに食べるね、キミら、ラビオリは絶対だよ、今のオススメは海老、プラには…マダムは魚と肉のどちらがいいんだね…」
 って調子で、いつの間にやら「パパレオン定食」に落ち着いている。此処は、これで良い。注文票の紙が2枚ひっついている。剥がすのは諦めて3枚目へペンを走らすパパ。
 「ラビオリは6ピース…1人3ピースでいいかい?」
 ママは10年前くらいに亡くなったそうだ。写真で拝見すると、すんげーしっかりしたオッカサンだったみたい。兄は細菌学、弟は文学。お小遣いでワインを買って学んだ。
 海老フライにパパ、
「いいかね、タレ(甘酢…けっこう旨い)をよーくよーく付けるんだよ。そして食べて、ウン、そこでワインを飲むんだ。どうだい?」
 ポワソンは焼ルジェ、シャンピニオン(木耳)とヒタヒタくらいの汁の上に置かれる。これは初めて。意外とイケる。
 牛は勿論“タンディン”。久しぶりに食うとなかなかケッコーなものだ。焼き香ばしさと甘ダレは、プルコギを思わせるものもあるな。パパが寄って来て、「いいかい、こうやって…」と箸を持ち肉をよくタレに絡め、「ハイ、口をアーンして…」…ハイ!、と食べさせてもらってしまう。「よく噛んだらそこでワインだよ!」
 ところで「アーンして…」は何度目かである。なんでパパはワシのこと見ると、アレをやるのだろう。出来の悪そうな東洋系を見て、喜んでいるのだろうか。

 さて今日は「ワインがっつき」訪問ではなく、ワインともなく食事ともなく、マッタリといただいていたのだが、こうして一歩引いた余裕をもって見ると、改めて、「ウチのベトナム料理にしっくりくるワインとしてポムロールをみつけた」という言葉が「なるほどなぁ~」と感じられた。
 今日のワインセレクトは、兄貴と協議。弟はVIP卓接待に忙しい。大体、このパターンは多いね。
 Tan Dinhは相変わらずカルトドクレディはノンメルシーで、手持ちの現金と相談すると、150ユーロ目安。リスト全体を眺め渡してアレコレと思うも、この価格帯での面白みを感じられるのは、ポムロールのマイナー蔵のちょっと古め…と判断、ソレで投げる。
 「モダンスタイルだと…」の90年代後半のオススメのあと、「クラシックスタイルなんだけど、ル・ゲもいい具合だよ」と。
 実は、88ル・ゲはリスト上でマークしてた148ユーロ。しかも、ワシら初めてTan Dinhに来た1994に飲んだ79ル・ゲを平行移動したようで何とも面白いではないか。
 これは即決としたものである。

 ストラクチャー、熟成感、過不足ないボディ、…美味い。しみじみウマし。昼も88だったので、88デーだ。
 兄がセラーから出してきて、フーマンチューが例の“栓抜き付酒屋のオマケ”ソムリエナイフで“一刀両断”抜栓、いんちきボルドーグラス“トレプティ”でいただく。何もかも変わらないTan Dinhスタイル。変えて欲しくもない。
 いや、Mr.スポックの血色が良くなり眼鏡をかけていた…のは、小変化か。バナナフランベの着火には、どこで拾ってきたかと思うような安プラ100円ライター。変えて欲しくもない。

 食後はパパお得意の、日本語雑誌攻撃。2001の「手帖」が面白い。1985年の一家のポートレイトが面白い。楽しそうにマラドーナ来訪時の話。いったい何を飲んだんだろう。でも奴は打つ方が楽しそうだからな(笑)。
 雑誌を眺めていて、フト、パパが居なくなって静かになったのに気付き見回すと、奥まった隅の客席で、チンマリとゴハンを食べていた。パパの賄いタイムだ。いいなぁ、パパ。「ひとり映画のワンシーン」男、である。
 往時へべはレオンのことを「東洋のクロードヴリナ」と呼んだものだが、パリのメートルドテル界の妖怪はこの年齢になるに及んで「メートルの妖精」になってしまったように思う。背中に羽根が見えそうだ。
 そして、恐らく、多分恐らく、ボクらがパパの名メートル姿を見ることが出来るのは、これが最後、これで最後。であろう。センチメンタルジャーニー、涙腺にコタえるものがある。…と感傷しながらも、「最後のトキは、ああやって客席の片隅でさんざめく店内を眺め回しながら、まぁるくなってゴハン食べてて、気が付いたら静かになっちゃった、という風であってほしいものよね」とマコトに不謹慎に興じる、そこはワシら酔っ払いである。

 トイレ脇にも新着ワインの山。とりあえず、ドメーヌ・ペルドリは大量に買ってたな。
 それにしてもワイン馬鹿ジャポネども、Petrusばっか飲み散らしてないで、少しは人情の機微も味わいなどしなさい。と、俺が言うか(笑)。
 それにしてもだ、買い置いたPetrusを日米人に売り付けた利幅だけで一家揃って「アガリ」とすることも出来ように、変わらぬショーバイを続けている、一種の立派さ。それに「グランヴァン・高価ワインを飲む奴だから偉い」、…と、大して思ってないよな、この兄弟。なんだか、それが、立派。

 クラシックなル・ゲ。思い出のル・ゲ。
 「シラクだって護衛2人なのにマラドーナは4人連れてきたよ!」とパパ。ミテランも来た、タサキも来たな、そうそうシラクはフクハラと一緒だったよ、と。

[へべ]
 今回はもう会えないかもねと思っていたパパ・レオンはむちゃむちゃご健勝なり。満面の笑みで小さな体をサルのあちらこちらへ。もうたぶん人の話とかはほとんどきかない感じなんだろうけど、幸せのオーラをふりまいていた。終盤、入り口わきの卓でひっそりまかない食べてたのも、なんかかわいかったなあ。

 タンディンのチームは、記憶にある限りいつも同じ。
 ジャケットにタイのパパ・レオン、白いコックコートの下はジーンズのフレディ(ちょっとふっくらした)とロベール(まんまちょっとふけた)、そして黒服のMr.スポック(ちょっと肉づきと血色がよくなってもうスポックじゃ通じないかも?)とフーマンチュー(ぶあいそうなようで、店での時が経つとともにほんのりやさしい感じになるのがけっこう、いい)も変わらず、うれしい。
 複写式の注文用紙をめくる手ももどかしく、パパレオン(ラペルに赤いブタ、ネクタイも!)がにこやかにおすすめ料理を挙げていく。大丈夫、これとこれで二人で少しずつ食べればいいからね、ごはんもつけとこうか?と、手際よくパパ定食の一丁あがり。

 いつもの蒸しラビオリで始まって今回の新ねた?はエビフライ。ソースをたっぷりつけてね、そのあとワインを飲むんだよ、と指導つき。
 ワインはル・ゲの88に。ロベールに相談して、予算(あまりない。なにしろここはキャッシュしかとらない。あと隣席の男性は小切手だった。これも可ときくが実際見たのは初めて)を伝えると、今風の造りでやややさしくやわらかいのが…何だっけ、ル・ゲはもうちょっと旧式な造りで、これもいいよと。初訪店時にぐるりと戻って、ブックエンドもうつくしいかとル・ゲにする。
 はじめ、ちょっといかつい感じが、時と食事とともにゆたかにふくらんでくる。
 マダムはプラは魚かな?と、ほとんどここだけだが選択肢があってルジェのちょっと辛い汁ソース、腸詰め入り炒飯。
 いつものタンディン焼き肉。ソースのわずかな酸と炭火のこんがりがワインによく合うこと!
 けっこうよく燃える皿上バナナフランベ。
 いつものように最後は雑誌があれこれ登場。2001ご馳走の手帖ほか。タンディンとパパの夜はしあわせに更けていく。

        → Back to List
 


  328 Katong Laksa  328 加東叻沙 328カトン・ラクサ
  
216 East Coast Road Singapore 428914  9732-8163
9:00~21:00

・ シンガポール・カトンのラクサ店

2013年 8月 ☆

 *ラクサ
 *オタ


[AQ!]
 ローコーフードを駆け抜けて行く~、次はカトンに出かけてラクサ。
 店は「328」。先月行われた料理対決イベントで黒船ゴードン・ラムゼイを退けた『ホーカー・ヒーローズ』…オッチャンもちゃんと胸に「I'm a Hawker Heroe」と入った赤いTシャツを決めている。

 いやあ、さすが英雄(笑)、ラクサみたいなちゃっちーテイストをバランスと勘所だけで見事に品良くクリアに仕立てあげる。麺も具もある程度の長さで切り揃えていて、箸を使わずレンゲだけでいただくのが仕様。レンゲの口への回転が止まらへん(笑)。
 入ってる海鮮とか安そう…なんだけどなあ。そっからダシ味出してるんだが、まあ、綺麗なこと、、、
 サイドでオタとチマキがある。オタをいただく。オタもサ・ス・ガ!の一言。

 それにしても、ここのヒーローのラクサの丼へのよそい方は独特。何回も湯切りをする。多分、秘訣の一つなんだろう。

 屋台と共用テーブル…のホーカースタイルみたいで、其処で食べたけど、のちほど角を曲がって正面に回ったら、「328」単独食堂部もあった。
 地元のヒトもかっこんでるけど、若い、容姿悪からぬネーチャンが椅子にあぐら座りで啜り込んでるのが、ワッハッハ…いい感じでした。

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List
 
 

  天天海南鶏飯  Tian Tian Hainanese Chicken Rice
  
443 Joo Chiat Road Singapore 427656  +65 6345 9443 www.tiantianchickenrice.com
10:30~22:00 月休

・
 上記Joo Chiat店の他、Maxwell Food Centreなど、全4店舗を広げる。

2013年 8月 ☆☆

 *鶏飯
 *油菜

[へべ
 マクスウェル・フードセンターで大評判をとった有名店がカトン地区に開いた店。ここのチキンライスは絶品でした!

  → 2013シンガポール旅行記はこちら
        → Back to List