AQ![AQ! Ishii Homepage]
|AQ! |Restaurant |Wine |Tea |Library |Mail-Novel |Family |Hebe |


覇気なき旅よ! 億劫の細道 6  


メールはこちら!



  →目次へ戻る



 





 

2022年 5月 新 潟

■ 木曜日

 大宮エキュート『ほんのり屋』で、おむすび・お味噌汁。

■ 金曜日

■ 土曜日

 燕三条駅。コンビニのカフェラテ。

 伊勢丹「加勢牧場」で、ガンジーソフトクリーム♪

 「みなとのマルシェ ピア Bandai」に辿り着く。
 『Baroque by Suzuki Coffee』で、バロックラテ/エスプレッソ。

 click!→夕食は『天ぷら はせ川』

 駅前のスタバで、エスプレッソ・ドピオ。

■ 日曜日

 伊勢丹「加勢牧場」で、ガンジーソフトクリーム、あげいん♪
 伊勢丹『Danro by Suzuki Coffee』でエスプレッソ。…のしてるなあ、Suzuki Coffee(笑)。
 伊勢丹で、カメヨコ納豆・肴豆納豆・にいがたさん納豆を購入。
 バスセンター「Je suis OWL」で、“金賞”カレーパン購入。


 

2022年 4~5月 北海道

■ 土曜日

■ 日曜日

 明日の温泉夜食に向けて、『ヴィノスやまざき』で、WESTEND BLACK SHIRAZ 購入。
 円山のフロマージェリー『Con Te』(昔の札幌フェルミエ)で、「行楽セット2022」。
  二世古ゴーダ&ミモレット、十勝野ブルードフロマージュ、NEEDSモッツァレラさけるタイプ、余市産枝付レーズン無添加(北海道のソムリエ氏手製)、北一サッポロクラフト生ハム。
 同じく円山、クラス内のフロマージェリー『Fattoria Bio』で、「おつまみチーズセット」。


■ 月曜日

 ブーランジェリー『coron』にて、コンプレ・セレアルノ/バゲットピザ/豚トロソーセージ…を購入。
支笏湖 支笏湖
 丸駒温泉旅館。素泊まりプランがあるのが、使い易い♪

■ 火曜日

支笏湖 北海道 ニセコ ニセコ 倶知安 倶知安 倶知安
 ユニークな菓子で人気の『お菓子のふじい』は、倶知安駅前に本店がある。買ったのは「ポン男爵」。
北海道 余市 余市
■ 水曜日

小樽
■ 木曜日

 おなじみ『アトリエ・モリヒコ』で、フレンチブレンド。
 札幌駅のどさんこプラザ:幌加内の干しそば、万葉の詩塩
札幌

■ 金曜日

栗山 栗山 栗山
栗山 栗山 栗山 岩見沢
■ 土曜日

 東光ストア宮の森店にて、北海道に響く変なモノ…など購入。
 栗山町「谷田の日本一きびだんご」、中札内大粒納豆、坂ビスケット「しおA字フライ」…

■ 日曜日

 円山クラスのスタバで、時間調整 ラテ。

 札幌駅パセオの横井珈琲で、時間調整 本日のコーヒー。


 

2022年 3月 関 西

■ 土曜日

 click!→夕食は「アイーダ」


■ 日曜日

 click!→昼食は『コメル。』

 click!→夕食は『YuLaLa』


■ 月曜日

 「若菜屋」で、焼き栗きんとんを購入。

 click!→買物は『いづ重』

 click!→昼食は『吉祥菓寮』

 「きなこととろり」で深みきな粉わらび餅、「吉祥菓寮」で茶大豆きな粉を購入。
 京都大丸で「大藤」の、千枚漬・きざみすぐきを購入。
 大垣書店で「藤原食品」の、京納豆:赤・青・大・小を購入。

京都
 click!→夕食は『middle』


 

2022年 2月 西山温泉~曽我梅林

西山 ■火曜日

西山温泉慶雲館

[如月の宴 御献立]
食前酒 かりん酒
先付け 南瓜豆腐
前菜
 うるいと煮貝のおひたし
 筍木の芽醤油焼き
 鼈甲玉子柚子見立て
 蕗の薹玉味噌和え
 菜の花からし漬け
吸い物 深山コンソメ仕立て
造り 茜鱒重ね造り 五月鱒 身延湯葉 妻色々
温物 温野菜味噌フォンデュ仕立て
しのぎ どんぐり麺
焼物 山女魚幽庵焼き 胡桃土佐和え
名物 甲州牛溶岩焼き 特選甲州黒毛和牛(A5) 付け野菜 焼きタレ胡麻風味 塩 胡椒
止め椀 赤出し汁 宝刀 あみ茸 浅葱
香の物 べったら漬け ピリ辛小胡瓜漬け ワインらっきょう
御飯 蓮根御飯
デザート 栃の実のケーキ 洋梨のゼリー フルーツ添え
 慶雲館 料理長 佐藤真司

曽我梅林
■水曜日

 小田原『Cafe de Sweet』でホットドッグ
 曽我梅林 …蜜柑色の鳥はジョウビタキのオスらしい

曽我梅林 曽我梅林 曽我梅林 曽我梅林
 下曽我駅前のスーパーで地産蕗の薹を購入

 click!→夕食は『頂 頂』



 

2022年 2月 名栗温泉~越生梅林

埼玉  名栗温泉 大松閣

 越生梅林 梅まつり 2/11~3/21
越生 越生 越生 越生


 

2022年 1月 鎌 倉

 click!→おやつは『レガレヴ』

 瑞泉寺
鎌倉
 click!→夕食は『アンチョア』



 

2021年12月 新 潟

新潟 ■ 土曜日

 click!→昼食は『目白 旬香亭』

 茜屋珈琲店大宮。

 click!→夕食は『UOZEN』


燕 ■ 日曜日

 燕三条駅内「燕三条Wing」で、つば九郎アルミアイススプーンを購入。めっちゃ使い易い、さすがは燕三条!

 click!→昼食は『三条スパイス研究所』

[へべ]
 岩室温泉ゆもとや。大規模宿でお湯はまぁまぁクオリティーだが露天の具合よし。

 click!→夕食は『KOKAJIYA』


■ 月曜日

 宿の朝バイキング:栃尾油揚げ炭火炙り納豆添え、茄子煮、けんちん汁、鮭おにぎり、番茶

 新潟バスセンター『みかづき』で「イタリアン」。
 Tジョイ新潟万代で「あなたの番です 劇場版」。
 バスセンター「je suis」で、カレーパン/パンドセーグル購入。(2021年度カレーパングランプリ 東日本揚げカレーパン部門で金賞)
 新潟伊勢丹「加勢牧場」で、バスチー/ベイクドチーズケーキ購入。バスチー、めちゃウマ♪

 click!→夕食は『はせ川』


 

2021年11月 長 野

伊那 ■ 土曜日

 伊那『Bon Gout chocolat』で、Edwin Yansane 「EDWART」の、ボンボンショコラ7点(プラリネ/ガナッシュ)。素晴らしい♪
伊那 伊那

■ 日曜日

伊那 伊那 伊那 伊那 駒ヶ根 駒ヶ根 茅野

■ 月曜日

 白骨温泉泡の湯
茅野 白骨

■ 火曜日

 Coffee Stand High-Five にて、インドネシア・ランテカルア


 

2021年10-11月 京 都

■ 土曜日

 click!→昼食は『きむら丼』

 改装中の若菜屋西洞院店で、焼き栗きんとん/渋皮栗焼き栗きんとん。

 click!→夕食は『KOKE』


■ 日曜日


 click!→昼食は『汽 [ki:]』

 click!→夕食は『Ñ』


■ 月曜日

京都
 click!→昼食は『中村軒』
京都 京都
 click!→夕食は『YuLaLa』

京都
■ 火曜日

 click!→朝食は『瓢亭別館』

 無鄰菴
京都 京都 京都 京都
京都  click!→おやつは『粟餅所 澤屋』

 北野天満宮
京都 京都 京都 京都
 click!→夕食は『LURRA˚』


■ 水曜日


 click!→昼食は『cenci』
京都 京都 京都
 京都駅で、大藤の千枚漬/すぐき、いづうの鯖寿司…など。


 

2021年10月 西山温泉

■ 土曜日

[へべ]
慶雲館 佐藤真司料理長

夜:
 +かりん酒
 *南瓜豆腐
 *二種茸の鬼おろし掛け
 *松茸銀杏紙包み焼(松茸の季節感を生かした素晴らしいキャスティング)、零余子ココア(モダンで洒落てておいしい)、栗きんとん!イチョウ見立て
 *鶏南蛮漬け  *深山コンソメ 白黒の木耳(滋味深いコンソメに茸、特に黒木耳の良質さが見事)
 *肉厚で旨い茜鱒、繊細な五月鱒、豆の風味豊かな身延湯葉。それぞれの個性がくっきり。
 *温野菜フォンデュ仕立て:味噌&チーズ&クリーム…でありながらさりげないソースの構成が素晴らしい。野菜は茄子 ミニオクラ 馬鈴薯 パプリカ他
 *どんぐり麺、氷冷、胡麻の香るつけ汁で
 *山女魚幽庵焼、串から丸かじり  胡桃土佐和え
 *溶岩焼き甲州牛内(黒毛A5) モモ ウデ モモ 葱 椎茸 人参 青唐
 *あみ茸 宝刀 浅葱 赤出汁、蓮根ごはん
 *べったら漬け、ワインらっきょう、ピリ辛胡瓜漬け
 *栃の実ケーキ 富有柿ゼリー

 アセゾネ含め調味料味を抑え素材の持ち味を生かしシリアスみのある品のいい味わい。
 ながら、温泉にきたお爺ちゃんもきっとすんなり普通に食べられる仕立てなのが、いつもながら素晴らしい。
 溶岩焼に油脂の酸化臭がない(まれ)、ご飯とともに供するタイミングもお見事、など。
 はしばしに、食べ手の気持ちになって考えられているがゆえの行き届いた快い感じがある。

朝:
 豆乳 豆腐 ぽん酢醤油で。刺身蒟蒻、葱と淡い醤油で。茄子煮。しじみ汁。鱒(たぶん)の焼き物、葉唐辛子。白飯、海苔、とろろ。白菜漬。切り干し大根白和え?。ハム、サラダ。煮物(肉そぼろ芋団子蕎麦米まぶし)


■ 日曜日

 静岡は日吉町駅前の『ETHICUS Coffee Roasters』で珈琲、まったり♪



 

2021年 8月 草津 軽井沢 佐久

KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS KKS


 

2020年12月 沖 縄

那覇 ■ 金曜日

 …、、、何十年ぶりの沖縄。人生、はえ~っ!(^^;)
 …ま、航空便はじめバカンス期には圧倒的人気による便宜難で避けてた、というのはあるのだが。
 世の中の諸事情との兼ね合いもあり、オフシーズン・週末中心短期…で出かけてみた。
那覇
 何じゃコリャ、空港からモノレールが走っとる!…と驚くのはウソだがw、ゆいレールと初対面。便利。
 小雨。
 美栄橋駅から沖縄第一ホテル。1955年創業の老舗、なかなかフンイキ出てる♪ 門があってシーサーがいて庭がトロピカル、部屋は広く、クラッシック。
 案内のマダムに「いやあさすがは沖縄、来ればあったかくてイイですね~♪」…と言おうかな、と思った矢先に、マダムから、
「今日はとんでもなく寒いですよね。朝から震えてます」
 …と言われてしまう(^^;)。それが沖縄。
 この後に伺った古宇利島『シス』でも、
「移り住んですぐの頃は“常夏の島じゃん”って思ったんですが、最近は“うわっ寒”って思うカラダになっちゃいました(笑)」
 と聞いた。
那覇
那覇  国際通りはすぐ、散歩。
 「泡盛マイスター協会」、「魅川憲一郎」(沖縄ご当地タレントらしー)、クリスマスコスプレ爺ぃマネキンの居酒屋。
 国際通りに出る。さすがに「あ!此処か!」…みたいな「町の眺めの記憶合致」があるかな?、と期待していたのだが、とくにピンと来ず(^^;)。ウン十年は恐ろしい。
那覇
 路地をちょこっと入った『T&M Coffee』というロースターでエスプレッソ、御機嫌♪
 沖縄中の塩展示が楽しい『塩屋(まーすや)』で、球美の塩・雪塩・小花を購入。
 ローソンで“後回しにすると忘れるかも”と、沖縄そばだし購入(^^;)。

 click!→夕食は『尊尊我無』

 帰りのローソンで、島どうふチップス チーズ胡椒/Uchi Café Specialite 流奏キャラメルサンド。

那覇
■ 土曜日

 click!→朝食は『沖縄第一ホテル』

 さて本日はエクスカーション、レンタカーでお出かけなり。
 借受場所は、おもろまち駅前「T ギャラリア」。(なお「おもろとは歌の意で、沖縄方言の「思い」から来た語」、関西弁「おもろ」とは無関係(^^;))
 「T ギャラリア」自体はDFSみたいで、ブランド好きには垂涎かもしんないけど、我々には無味乾燥(^^;)。レンタカー受付と貸出駐車場が妙に離れてて経路が入り組んでるのがナニだが、ま、ともかく颯爽とスタート。
 向かうのは古宇利島。
 ゆいレールに沿って北上。ずっと下の道で行こうかとも思ったのだが、案外と混んでいる。また、コンビニや軽食食堂の類が案外と少ない。…ってんで、途中から有料道に上がる。
 沖縄自動車道が切れる許田ICで降りる。海沿いに名護方向。
沖縄
 山側に祠が幾つも建っている…え、アレって?…そう、お墓だ。沖縄のお墓は馬鹿デカいのだ。此処に限らず、アチコチで見られる。
 何故デカいのか?…とググると、風葬の名残/門中墓の名残/台風などで壊れないように/墓で宴会をするから…だそう。うーんと、沖縄だねぃ♪
沖縄
 自動車道延伸だろうか、道路回りは大々的な工事中…の中に、大きい道の駅がある。「道の駅許田やんばる物産センター」。
 かなり混んでるが、駐車スペース空きは皆無というわけでもない…で、寄る。
 ひゃ~、沖縄産品楽しい! …けど、まずは昼メシ。
 沖縄そば/ソーキそば/じゅーしーおにぎり…をば。
 「フツーんとこの沖縄そば」も、食いやすいネ。

 ショップはお宝の山。見てるだけで幸せになれる。もちろん、幾つかを購入。
 中味汁、ピーナツ黒糖、豆腐餻、ラフティ、シークワーサー…
沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄 沖縄
沖縄  この後の記憶が曖昧だが(ナビに従っていたと思うのだが)、後で地図と照らし合わせると、何故か名護市内をパスして山越え、辺野古方向へ。東シナ海サイドから太平洋サイドへ。
 途中、川沿いに延々と続く遊歩道の眺めが面白い。悪天候ゆえ寄らなかったけど、後でググると「大浦マングローブ林自然体験施設」だって。またの機会には覗いてもいいかな。

 …で、この辺りで再び北上、東シナ海サイドを目指す。
 山の中、時折ジャングルクルーズがいそうな「熱帯樹林」な眺め。総体には、台湾で山間の温泉地に向かってる時…みたいな気分が多い、さすがに気候帯が似ているか。
 ダムの表示、「羽地ダム」。こーゆーとこに沖縄の水甕はあるのね。
 東シナ海、名護の端っこに出る。通りすがりの看板は、
「三線カラオケ居酒屋」「ヤギユッケ ヤギさしみ」「半身焼き」「名物ニューハーフ」…  意味のわかるのもわからんのも、沖縄らしい♪

 「→屋我地島 古宇利島」標識。屋我地島縦断から古宇利島に入るルートに乗ったようだ。
 屋我地島に入るあたりも風光明媚。
沖縄 沖縄 沖縄
 click!→夕食は『シス』

 

本部
■ 日曜日

 いい天気…と思えば雲も出てくる中、古宇利島を後にする。
 羅針盤は、ううむ本部でスバを食うか…という方向に。
 古宇利島~屋我地島~今帰仁村。ここから本部町へは、海沿い/山間ルートに分かれるが、山の方で(…というか、カーナビに従ってるだけだが(^^;))。
 本部町内に入りそのまま進むと、町営市場に辿り着く、同時に目的の『きしもと食堂』も発見。
 市場サイドのパーキング満車につき、突っ切って海へ出て海沿いのパーキングにとめる。
本部
 click!→昼食は『きしもと食堂』

 『きしもと食堂』向かいの「もとぶ町営市場」を冷やかしに…と、珈琲の看板が出てるので、まずはそちら。
 『自家焙煎珈琲 Roasters Cafe みちくさ』
 器も琉球でゴキゲン。
 市場覗きは楽しいが、日曜で休業店が多いのは残念。「沖縄の魚類図鑑」の類がおもろい。
 イベントコーナーで「もとぶ手作り市」というのが、たっている。
 蘇鉄の実、ゴバンの足、ニッパヤシ、サキシマスオウ…このサキシマスオウノキの種が通称「ウルトラマンの種」と呼ばれ、昨日の『シス』でも使われていた。
 市場の鮮魚商は概ね休みだが、市場向かいはほぼ営業してる。刺身盛がズラっと並ぶ:赤マチ・マクブ・カツオ・マグロ・シマダコ・イラブチ(ブダイらしい)・クブシミ(和名コブシメ…らしいが、それはそれで知らん(^^;))…

本部 本部 本部
沖縄 沖縄 沖縄
 本部を後にして、浦添へ。
 目標は浦添市美術館。…って知らんかったのだけど、往きの高速から「変な建物」が見えたのに魅かれ、調べたら美術館だった…ので(^^;)、復路に寄ってみた。
 一帯はカルチャーパークのようなものらしく、美術館の隣のホールも面白い建築。
 パーキングに停めたら、まずすぐのとこに「てだこチヨウハウス」。何故か蝶々と戯れることからスタート。
 浦添市美術館の設計は内井昭蔵…世田谷美術館と一緒だった。この美術館のメインは琉球漆器のコレクション…と、地味に重厚(この日の夕食に、早速、見たのが役立った♪ 黒漆に螺鈿の神秘)。企画展は「葛飾北斎 琉球八景」。
 なかなかの見応え…に加え、訪問客がとても少ない日でひじょーに快適(^^;)。
 パーク内には、あちこちに長命草が生えている。
沖縄
那覇  那覇に戻り、クルマを返す。
那覇
 県庁前のホテルにチェックイン、国際通りへ。
 買い物。売り物じゃないけど「昨年焼失した首里城の瓦」展示…とか悲しー。
 大型酒店が何軒か、瓶が並び壮観…は、見るに留める。
 「わしたショップ」で、スクガラス・沖縄58カレー・沖縄96カリー・ピーナツ黒糖・アワセそば平めん…。
 「御菓子御殿」で、ちんすこう・紅いもタルト。

 click!→夕食は『潭亭』


那覇  

■ 月曜日

 click!→昼食は『羙榮』

 そうそう、今回の超久しぶりの沖縄…だが、「牧志市場くらい、ちょっと覚えてるかなあ?」という思いはあった。
 …あったのだが、ちょと調べてみると、ぬわ、ぬわんと、無いんだよ牧志市場(^^;)。
 …正確に言うと、「第一牧志公設市場 since1950」は現在、大々的な新設整備中で、その代わり「仮設市場」を営業している(2019/7/1~仮設市場開業 2022年3月31日 仮設営業終了)。
 仮設は、元の市場のマァマァ近く、新設工事が済むと元のとこに帰るらしい。
 ま、仮設でもええぢゃ…で、行ってみる。

 “如何にも仮設”…という佇まい(そりゃ、そうだ(^^;))。
 にんじんしりしり…を購入。
 「沖縄産 鯉・鮒・鰻・鼈」の店があった。へぇ。
 一階店舗で購入した魚介類などは二階食堂で料理してもらえるシステム…は、仮設にもアリ。
 食堂ではやはり「トゥンジージューシー」が出てた、季節なんだなあ。
那覇 那覇
那覇  牧志から壺屋に向かい、『MAHOU Coffee』。
 路地裏の渋い珈琲店。サイトを拝見すると、「MAHOU COFFEE マスター/抽出家 山嵜 明央」と署名されている、その丁寧な抽出。マホウブレンドとDブレンド。
那覇
 壺屋。「うふシーサー」という巨大シーサー。「うふ」が、大きいの意…らしい。
 そのすぐ近くに「MAJUN本店」。かりゆしウェアの総本山みたいな店。
 さすがにイイ。多少購入するも(やっぱり)半袖なので東京ですぐには着られない(笑)。お値段もそこそこイイので、そこそこ用途と覚悟を決めての訪店が吉…か。
 牧志方向に戻り、『花商』。

[へべ]
 花商のジーマミー豆腐(良品!これなら取り寄せてもいいなー)。

 牧志の『呉屋てんぷら屋』でサーターアンダギー。
那覇 那覇
 旅の仕上げに、商店街の小さなバーでちょいと一杯。
Mixology cafe & bar『琉球ドリンクラボ』
 暖ボール(泡盛「暖流」とギネスベースの黒糖シロップ、シナモンや焙り八角などスパイス)、シークワーサーハイボール(自家製リモンチェッロ風なシークワーサー)、オリオンビール。いい〆でした!
 ちょっとソラン氏似の若いバーテンダー氏は大学出て数学教師になった後、バーテンダーの道へ。香港、尖沙咀のバーで2年ほど働いてたが6月に帰国(機内の乗客は3人、乗務員の方が多かったと)。自分の店を出す予定だったが先行き見えない今はとりあえず半雇われバーテンダー・半農(南のハーブ農園、オクラの成長の早さに驚いたりしつつ)だとか。

 空港のわしたショップで、本日入荷の「なべら」ゲッツ、本望♪


 

2020年11月 関 西

岐阜 ■ 火曜日

 東京駅から昼過ぎの新幹線。
 近くでランチを探す。
 『ゴドノフ』は丸ビルに一昨年オープンのロシア料理。本店はモスクワの老舗。

 click!→昼食は『ゴドノフ』

 ~名古屋~岐阜。
 岐阜バスはICカード乗車券が自社のayucaオンリーで不便。
 長良橋。河岸の長良川温泉ホテルパーク。かなり街中な温泉地だが、7軒ほどの宿がある。
 単純鉄冷鉱泉の赤い温泉、湧出15℃くらいだったかな。
 上階の展望風呂。頭上(な感じの山の上)に岐阜城・目前に長良川でケッコー♪ …って川向こうに目をやると、アレマ、今晩ディネの『ラーモニー』(こちらも上階)の明かりが見えるぢゃあ~りませんか!

 click!→夕食は『ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール』

岐阜
■ 水曜日

 click!→昼食は『たか田八祥』

 岐阜駅で栗きんとんなど購入。買わなかったけど「下剋上鮎」は、なんかスゲーな(^^;)。
 岐阜~大垣~米原~大阪。
 JRは進むよズンズンと。岐阜市内は平時でも「武将」だらけだが、イマは麒麟がどうたら…で猶更に武将武将武将…。そんな後に通る関ヶ原は、鬨の声が聞こえてきそう(^^;)。

 click!→夕食は『ラチェルバ』




丹後
■ 木曜日

 click!→昼食は『夕霧そば瓢亭』

 阪急の「Specialty Coffee Unir」で、カプチーノ・アメリカーノ。

 特急こうのとりで福知山。
 向かう先は京丹後。日本国内はそこそこ歩いてる方だけど、この辺は空白区。東は小浜・西は城崎…は行ってるけど、その間の、舞鶴・宮津・京丹後は未訪だと思う。
 大阪からだと、京都経由山陰線も考えられるが、コレは福知山線経由。
 福知山から先はJRは走っていない。うん、何たらタンゴって奴だよね?…と思ってたらそれも違い、今は北近畿タンゴ鉄道に変わって(バスなんかで有名な)Willer社が「丹鉄」の名前で運行している(^^;)。
 様々な掲示物などで「北近畿タンゴ鉄道」の文字の上に「京都丹後鉄道」のシールを貼っているのだが、まだ貼りきれていない。大変だね~。ググれば、全国有数の赤字路線らしー。
 福知山からの「あおまつ号」は、普通料金だが観光列車。経営の足しに…と、へべがツマミの「焼アジ」を買ってくる。
 沿線は場所柄、なかなかの歴史エリア。大江山口内宮駅から臨める元伊勢内宮拝殿は、現在の伊勢神宮が三重県に鎮座する54年前に建てられた…だとか。
 …などなど、観光名所に差し掛かると、駅でもないのに止まってアナウンスが入るんだよなー、この列車(^^;)。
丹後 丹後
 紅葉シーズン目前、日本の秋。
 ずっと山間の路線だが、宮津~天橋立で、やっと海が見える。
 峰山駅下車。京丹後市役所のある駅だけど、静かなもんだ。
 徒歩5分、この辺じゃいちばんフツーそうなホテル「吉翠苑」泊。…だが、フロント前の書棚に並ぶのが、nomaの発酵本や諸星大二郎や…と、癖がつっよい(笑)。聞けばオーナーの趣味…だとか。部屋で読んでいいですよ、とのこと。

 click!→夕食は『縄屋』

 
丹後 ■ 金曜日

 この辺りは、丹後ちりめんの土地である。峰山駅の駅舎も機織り機をモチーフにしたデザインになっている。
 駅前のトレーニングスタジオの機材も機織り機をモチーフにしているか?…は知らんが(笑)。
丹後 丹後
丹後  峰山から30分弱で天橋立に出る。
 日本の代表的景勝地ぢゃ~ん…って、見たことない。折角だから、寄る。

 時間帯的に、昼食。昨晩の『縄屋』が!…で、魚介は食べたくないし和食系もイヤかなあ、ねえgoogleさま…で、何となく、ラーメンw。
 駅からすぐの、『くじからラーメン』で「くじからラーメン」と「中華そば」。
 三角コーナーみたいな変な狭い立地で、一階は厨房のみ、注文・支払いして二階へ。
 壁に貼ってある「くじから醤油 由緒 〜漆黒の矛盾〜」…って能書きがおもろい。
「二〇一五年一月十日、店主はくじから醤油を生み出すべく九つの柱〈丹後に点在する九つの調味素材〉をもとに三九升の刺身醤油と大量の肉を投入。三日三晩炊きあげた結果、失敗した。」…から始まる(笑)。(お店のサイトに全文が載ってる)
「一口食せば丹後の素材九種類を同時制覇できるというその醤油に、人類の十人に三人が吸い寄せられるという説もある。」…とのことだが、食してみたところは、自分はその三人側なのか七人側なのか、ビミョー(笑)。
 その「くじから=九力」からなる真っ黒ラーメン(丹後調味料の勉強にはなるw)は、色からの連想よりはサッパリしてる。ラーメンのことはまったく詳しくないが、最近の東京の流行系ラーメンほどくどくないとこはイイような気がした。中華そばは青葱だが、九力ラーメンは玉葱…も合ってる、かな。
丹後 丹後
天橋立  西日本って、柿の木が多いよなあ♪ 秋、綺麗。

 天橋立駅のすぐ裏が「天橋立ビューランド」ってのになってて、展望をウリにしてる。…その割に、すぐ近くなのに、駅近辺にはビューランドへ行く案内がない。…仲が悪いのかなあ。関西って、私鉄間なんかがそうだが、隣接業務間はイケズ合戦やからなあ(それでお互いに不景気になるのだが)。
 ま、リフト乗場を自力でみつけて(モノレールもある)山頂へ。もう11月に入った、部分的に紅葉が始まっている。
 山頂、絵にかいた餅のような天橋立が望める、観光ぢゃ、良きかな佳きかな♪
天橋立 天橋立
 下山して、電車までの時間に、丹後プレミアムビール・アンバーエール、城崎ビール・ヴァイツェン、ぷは~。
 あと、ワインの宿として名高い『千歳』さんの玄関だけ、見た(^^;)。

 click!→夕食は『YuLaLa』

京都  
■ 土曜日

 朝~。
 宿から近いので『バルマーネ』に行ってみた。8時から朝食をやってる筈…。…アレ?
 貼り紙が。朝食メニューは休んでいるとのこと。10時~14時で予約限定のランチ営業であるようだ。あちゃちゃ…。(コロナ状況での営業コード…だろうけど)
 う~んとう~んと…。ああ有名どこで、うどんの『山元麺蔵』は並べばいいんだよな…と向かってみる。向かってみつつググると、ありゃま、『山元麺蔵』もコロナで予約オンリー。試しに電話してみたが、予約の空きは早くて15時とのこと。
 “あの辺、まだ有名なうどん屋あったよね…”で、とりあえず行ってみると、おお見事に『山元麺蔵』のモロに隣が『京うどん 生蕎麦 岡北』さんなのでありました。コチラは並べばよさそ。開店の11時にあとちょっと…丁度良いかあ。
 目の前の岡崎公園野球場では「京都市長旗選手権天下一品杯」なる試合が進行中で、そこら中にテンイチのマーク。京都やわ。
 こちらもみるみる列が伸びる、人気店なのね。

『京うどん 生蕎麦 岡北』
 *天とじうどん(海老一尾)
 *親子丼ミニ
 目の前はホワホワした黄色の世界、なんや京都やわ。
 お味は、どちらも、濃い。こーゆー時、東京モンの弱いとこで、こーゆー濃さが、京都伝来本来の寒冷地的濃さなのか、全国化した観光地的濃さなのか、が、わからんのよね~。…とブツブツ言ってると、へべが「あら、伝統的濃さでしょ」とバッサリ。
 うーん、一応、関西生まれの奴の言うこと、聞いとくか。ところで、テンイチの濃さ…は、どっちなんしょw?

 宿で荷物をピックアップし、阪急で梅田へ。
 食べ歩き旅行あるある…な、非合理的ウロチョロ行程(^^;)。

 時間があるので、森ノ宮へ回り、『ばん珈琲』。前回…だっけ、臨時休業を食らったののリベンジ戦w。
 今日はやってた。扉を開けて、静かに入店するだけで、空気が変わる。
 まず「B type」。そして「C type」をいただく。ウチの定法。
 「深甘一途」since 1973。やっぱり、ここが、いちばんすき。

 click!→夕食は『ラシーム』



■ 日曜日

 梅田に泊まっていたのですぐ阪急で河原町。先斗町へ。

 click!→昼食は『先斗町石原』

 この場所(で珈琲)だったら『エレファントファクトリー』が近いか…で向かう。
 え、えーとですね、今まで何回迷ったんだよ…でお馴染みの『エレファントファクトリー』さんですが、またまた迷うヽ(^~^;)ノ。
 …で、でもですね、今回は理由があって、何か巨大建造物が建ってて辺りの「眺め」が違ったんだよ~。(後でググると、小学校跡地利用の「ザ・ゲートホテル京都高瀬川」だそうで、今年7月と大変な時期にオープンしたらし~)。
 迷うのと並んで「満席」も怖い(^^;)エレファクだが、何とか2席確保(…ゆーか、お店のヒトが、詰めて席を作ってくれた)。安定の深煎り♪

 バスで島原大門、『菱屋』さんで「うすばね」などゲット。
 おかーさんのひょろ~っと消え入りそうな喋りが今日も可愛い。瓢箪に吸い込まれたような心持ち。

 新幹線前に、軽夕食くらい。
 昼に石原さんでいただいているので、和食系はちょっと避けて。…で、京都洋食にする。も~んのすごく久しぶりな『はふう』へ。
 『はふう』は、場所ももう忘れていた(^^;)のだが、改めてググると、(こーゆー時お世話になりがちな)蕎麦の『ろうじな』から昔の『王田珈琲』(今は四条木屋町)を過ぎてすぐ…のとこ。だった。

 click!→夕食は『はふう』



 

2020年 9月 新 潟

大宮 ■ 土曜日

 click!→昼食は『目白 旬香亭』

[AQ!]
 大宮駅。割引料金新幹線まで1時間半あるので、駅近くの『常盤珈琲焙煎所』。
 簡単な店内カフェも営業しててくれたので、一杯キメる。結構♪

[へべ]
 本日ドリップ(ホンジュラス インテグラル シプレス農園…だったか)
 豆の焙煎は10段階表示、ロースターらしく。
新潟
 新潟駅から伊勢丹へ。
 『加勢牧場』 ガンジー牛乳ソフト
 さらりとして旨い。夜のデザート用に、クレームアンジェ購入。
新潟
 イチョウ並木にころころ銀杏。

 click!→夕食は『天ぷら はせ川』

[AQ!]
 また新潟駅方向に帰る。
 駅近くの1ブロックに、繁華街がぎゅっとブラックホール化してる。地方あるある…では、ある。
 そんな中に、「完全個室おにぎり」…って店があった。うーん、かなり、「新潟ならでは」感。

 ホテルでクレメダンジュ。

新潟
■ 日曜日

 新潟まで来たんで、昼は、「ならでは」モノでも食おう…と思うのだが、さて。
 「新潟と言えば」→「イタリアン」…ってのも検討したが、ま、コレは話だけでいっか(^^;)。とか。
 そんな中、出てきたのが「アフリカパン」。アフリカのパン、だ。アフリカン・パン・ベーカリー。
 新潟ならでは…ってか新潟でも多分1軒、だが、全国でも珍しいべ(^^;)。アフリカ料理店でパンが供される、ってのはあるけど、アフリカン・ベーカリーは。
 なんでも日本10年のあと、ザンビアで3年間パン職人をしてた人だそうで、現厨房にはアフリカからのスタッフもいるらしい。
新潟
[へべ]
 新潟駅の八百屋で茄子チェック。長茄子やきなす黒十全。
 電車で赤塚。

[AQ!]
 アフリカパン『ナミテテ』は越後赤塚駅近く。らしい。
 電車30分。うひょ。駅南側は一面の田んぼ。北側も、お店が1軒? 2軒? 地方都市近郊あるある…だけど、綺麗な住宅整備が始まってて、この辺りは新潟市通勤圏かなあ?
 …で、歩いて5分。いきなり象さんマークの広大な駐車場。その向こうに、壁面にキリン・象・ライオンがでっかく描かれた店舗♪
 …え⁉、と思う人ごみ。繁盛したはる!
 2階全面と1階余剰スペースに屋外もイートイン出来るカフェ仕様。販売物はみな頂ける。ベーカリーセクションは2パートに分かれてて、片方がアフリカ&アフリカインスパイア・パン、片方がフランス風など一般パン。
 お店の看板(の割りに売れない…と店が自虐する(笑))ケニアパン「マンダジ」などアフリカンセクションから選んで、イートイン。カフェセクションもイイ感じのアフリカンムード。

[へべ]
 アフリカパン屋、大当たり
 ムズング(アーモンド)深煎りピーナッツクリームたまらん キリマンジャロの雪 オリーブバー(ワインに) マンダジ サラダ コーヒー

[AQ!]
 しっかりして美味なるパン♪ どれも良かったがボクら人気は「ムズング」(深煎りピーナッツクリームにアーモンドスライストッピング)
新潟 新潟
新潟  …んで、時計を見て一考、温泉に向かうだ♪
 またちょっと電車に乗って岩室温泉「だいろの湯」。
 日帰り中心の温泉に源泉3本。3号、湧出45度くらいの大露天の“ぬる湯”快し。地下1200mほどの深度から63度自噴し26度の2号泉と熱交換により40度後半で供する1号、この泉質の良さは、日帰り温泉界では出色だわ~。
 あと、かんけーないけど「タダだからやってってくれ」とゆーのでかかったフランスベッドのマッサージ機「スリーミー」、めっちゃ良かった(けど買えない)ので、ここでせめて宣伝ヽ(^~^;)ノ。
新潟
 再び電車。吉田駅乗換…乗換ってくらいで複数のJR線が走ってるわけだが、越後線と弥彦線…じゃ鉄ならぬ身には無理~、初めて聞く駅名。
 止まってる車両には「SLばんえつ物語キャラクター オコジロウ」(…ああ、ハイハイ(^^;))。
 かくして燕三条に着きにけり。

 click!→夕食は『UOZEN』


新潟
■ 月曜日

 起きてそのまま、駅前レンタカー。栃尾へ♪
 道途にコロナの工場…かな、コロナはcovid19のおかげでエライ目にあったよなあ、1995のオーム社のようにお気の毒。…で、知らなかったんだけど、株式会社コロナって(まさに)三条市が本拠地なんですね~。
 三条~長岡はけっこー渋滞、「えーいナビにまかせた」と裏道に入ったらビュンビュン進む(^^;)。
 揚げの聖地・栃尾。
 評判の一軒、『あげ家 松兵衛』(比較的新興の2015オープン)へ。
 新潟産大豆・天然にがり・揚げたて・串打ち無し・新潟産大豆小麦天然醸造醤油…。トッピングは納豆と生姜で。ジスイズ栃尾揚げ!
新潟 新潟 新潟
新潟  更に只見線に沿って山をずんずんドライブ。
 次の駅はもう福島県只見駅だという、新潟の果て大白川駅。

 click!→昼食は『平石亭』
新潟 新潟 新潟
新潟  来た道を戻って、松之山温泉へ向かう。
 …ところでずっとこの辺り、山あいの新潟…は、そりゃあもう知られてるところの豪雪地帯。
 …で、ああそーゆーことか!…と都会人の目に新しいのは「民家にかかる長梯子」なんですわー。屋根の雪下ろし…的な用途なんでしょう。
 そっかあ、もうここらでは、常設にしちゃうんだなあ梯子。雪、すげーんだろーなー…
新潟 新潟 新潟 新潟 新潟 新潟 新潟 新潟 新潟
新潟  松之山温泉は十日町の、なんか山の中、ナビの言う通りに進むと、長いトンネルをいくつか抜けてもう何処だかわからなくなった頃に着く(^^;)。
 温泉地を示す巨大看板がバカバカしくもキッチュ…そう、此処は越後妻有エリアで、実用アート作品なんね。
 松之山温泉は10軒ちょっとの温泉旅館が並ぶ、小ぢんまりしながらも温泉地らしい温泉地。
 ボクらの向かう『酒の宿 玉城屋』は、4代目が酒匠・ソムリエでフランス料理「里山キュイジーヌ」を供する意欲的な温泉旅館。4代目は一昨年の『ラッセ』の清津峡イベントの折りに手伝いされており、その縁で来ようと思っていた。

 夕食は2部制的な運用で、ボクらは遅い部。なので、ゆ~っくりと温泉をいただく。
 約1200万年前の太古の海水が地層に閉じ込められてできた化石海水型の温泉だそうで(塩辛い)、優しくしっとり、の~んびりとあったまる♪

 click!→夕食は『玉城屋』


新潟
■ 火曜日

 玉城屋さんの「朝」は、モダン和風。
 5種類のドリンクが鮮やか。炊き合わせ・豆腐茸椀・「やたら」(やたらと刻んだ新潟郷土料理)…なんかのお味が実に素材寄りで、えーと“このジャンルには冷淡な”我が家だが、美味しく喝采(^^;)。

 ヒマなんで観光(笑)。
 この辺は棚田が名物のようで、中でもボス級の「星峠の棚田」へ。
 さすがの眺望の快さ。…に、飛びかいまくる蜻蛉♪
 指を立てているだけで、勝手に止まりにくる…ってくらいに、蜻蛉。
 棚田。掛け干し。神楽南蛮。茄子。里芋。…。
 畑への動物除けはソーラーパネル充電で。「アニマルエースNEO」。
 さすがに観光客も多い。ロケハンする撮影隊。何か変なクルマのツーリングクラブ。…。
新潟 新潟 新潟 新潟 新潟 新潟
新潟 新潟
 路傍には薄が力いっぱい茂る。見え方によっては幻想的でよろし。秋真っ盛りやなあ。
 クルマは松代のアートエリア、「農舞台」へ向かう。
 松代に入り渋海川に出て、最初に目に入る作品「帰ってきた赤ふん少年」(関根哲男)が、インパクトあって、まことに素晴らしい。いいなあこーゆー常設。

 農舞台に上がって、まずは昼メシ。

 click!→昼食は『まつだい里山食堂』

新潟 新潟
新潟 新潟
 農舞台の建物内もアートでいっぱいなのだが、なかなか傑作なのがトイレ♪ …だけど、詳述はネタバレになる(?)んで内緒、松代に行くヒトは必見。
 外を眺めると、駅方向に、ウルトラQに出てきそうな怪獣花、「花咲ける妻有」(草間彌生)…2003年の作。
 裏手の山にかけての田んぼに見える青・黄の人影は、越後妻有アートトリエンナーレの中でもゆーめーな作品、「棚田」(イリヤ&エミリア・カバコフ)。
新潟 新潟
新潟  周辺に広がる里山に、常設のアートが点在。いいお散歩。
 空中の巨大な「○△□の塔と赤とんぼ」(田中信太郎)…などは、まさにこの季節に眺むるべし。
 最後に、注文の多い「西洋料理店 山猫軒」(白井美穂)に迷い込んで、松代ともサヨナラ。
新潟 新潟 新潟
 帰途、うおっコレ見覚えあるわ!…な巨大作は「辰ノ口砂防ダム」と「土石流のモニュメント」(磯部行久)。
 越後湯沢駅で買い物。
 ほどほどに行程行動満足したので、東京まで帰る。


 

2020年 7月 福 岡

■ 金曜日

 常陸野ブルーイング品川 : ビールにバーガー

 この一週間、豪雨の話題に塗り込められた九州へ。着いてみると、薄曇り~小雨。
 博多駅近くのホテル。

 Rec Coffee 博多マルイ : Kissa Blend

 click!→夕食は『メゾン ラフィット』

宇部
■ 土曜日

 朝、青空が見える。
 博多~新下関~宇部~床波で、タクシー。

 click!→昼食は『N-3trois』

 長雨が続いていた西日本だがこの日は何故か晴れ。満腹の気分も良く、駅まで歩いて行くことにする。
 全体にやや下りの田舎道30~60分の筈、現代は雨が降らねばスマホがあれば道はどうとでもなる。
 …と、シェフから提案があり、店の前の道を進んでも駅だが最初の交差点は左に小道に入るのが(散策には)オススメだそう。
 それに従う。
宇部 宇部 宇部 宇部
宇部  ナイスご提案だった♪
 様々に季節の花、田畑に実り。
 「南方八幡宮」はなかなか立派な佇まい。
 多分ず~っと放置…の「牛肉野菜入りボンカレー」看板。
 駅近くの小さな社は猿田彦大神・大田命を祀る。
 だいたい1時間に1本…とかの、床波駅。
宇部
博多  床波~宇部~新下関~博多
 ひと休み。博多、夜になると雨がパラつきもする。
 トシのせいで、昼に大きいゴハンを食べると、そうそうお腹が空かない(笑)。
 何か軽くツマめれば…方向の議論は、「博多名物」のうち最近食べてないモノ…で「餃子」が勝ち抜いてきた。
 新コロゆえ営業コードがイレギュラーなところもあるが、駅近くでやってそうな『旭軒』をチョイスしてみる。

 click!→夕食は『旭軒』



博多
■ 日曜日

 ぬぬぬ、また雨。昨日の晴天の宇部旅行は一瞬の幻だったか(^^;)。

 click!→昼食は『フリスコ』

 『フリスコ』のバーガーはテイクアウトでもかなり大丈夫だね…って満足と、オジサンのボヤキが聞けなかった不満足と。
 で、次の行動を考えるのだが、んー、デセールですかね(^^;)。
 U師匠語録からメモってきた『オー フィル ドゥ ジュール』へ行ってみませんか、と一決。

 場所は桜坂。
 福岡…って、地下鉄の路線間や西鉄との乗換えがイマイチなんよね。…で、博多駅からバス。
 桜坂はちょっと山の手イメージかな。
 『オー フィル ドゥ ジュール』、店の構え自体は街のパティスリー。すんなり入れたけど、店を出る時には列が出来てた。何せ、新コロナで入店人数を限っているので、すぐ溢れる。
 夏場&コロナでイートインは無し、再びホテルラウンジへ。
 ミューラー:チョコムース+クレームブリュレ系
 アンヴァリッド:バニラ キャラメル ヘーゼルナッツ 系+ジャンドゥーヤ メレンゲ(別添)
 香り高さとその上質さ・良い意味の複雑性…に裏打ちされた、極上ウットリ♪
 更に言うと、コレは東京に持ち帰ってからいただいた「サブレ オ ザマンド」(ミルクチョコレートとアーモンドの粒)が衝撃級の美味しさ。焼き菓子でこの高み…は、信じ難い。
 吉開雄資シェフは、故ローラン・ジャナン氏の信頼厚かった人なんですねー。
博多 博多
マスカル  で。となれば、珈琲でしょ~。
 博多駅近くのホテルということもあり、『マスカル珈琲』で即決。歩き出す。
 …けど、けっこー遠いんだおなあ。わかっちゃいるけど。20分くらいはかかる。バスとか乗っても時短にならん。駅の南エリアは、お散歩的には、あんまし面白くもない。
 …と、多少ぶつぶつ文句を言いながら歩く…のがまた、イイんだろうなあ、『マスカル珈琲』の場所(^^;)。
 着いて、覗いてみると、おっと“入れて良かった”レベルのぼぼ満席。…コロナディスタンシング時代の満席、ではあるが。
 モカハラール、マンデリン。
 ほぼ望みの通りの、優美な液面。マスカルはイイなあ。『美美』とかの時代感から一歩、若い枯淡(?)に踏み入ったような。
博多
 click!→夕食は『SNOW』
博多


■ 月曜日

 帰京日。飛行機は夜の便。昼食はゆっくり。
 で、店チョイスだが、福岡に来てから、ザックリで言うと「モダンイノベイティブ3連発」であった。
 ここは、毛色を変えるが吉…かなぁ。
 と言っても、食い物天堂博多…候補は手広い。何れ菖蒲か杜若…と楽しい悩みも、ウチ的に「近年気になるのは“福岡の鰻”かなあ♪」に収束。
 『田舎庵』『吉塚』と大店の撒き餌に食いついてきて(^^;)、今度はどっかガストロっぽい小店は?…で匂ってきたのが『うな善』さん。

 click!→昼食は『うな善』

 心地よい満腹感。とりあえず、来た方向、那珂川の方へ戻る。
 サンロード商店街を抜けて住吉通りを渡ると市場がある。柳橋連合市場。
 市場入口の「Fukuoka Wine Club」、思いっきりワインショップなのに、店頭だけ思いっきり野菜を売ってるw。
 市場を冷やかし通り抜けると、那珂川に突き当たる。…とその角の土産物屋の裏にカフェがある。
 『manucoffee 柳橋店』…テイクアウェイオンリーかと思ったら2階席あり。休んで行く。
 ラフでいい感じ、珈琲〇。
博多 博多
博多  駅まで歩いて帰ることにする。住吉通り。
 柳橋を渡ると、住吉神社。
 鳥居の巨大な白い人形が目をひくが、後でググると、「名越大祭」に向けた(?)この時期だけのものであるらしい。
博多
 ANAクラウンプラザまで来ると、前庭に面白い組み彫刻が。
 う~ん、見覚えある作風だなあ。後でググると藪内佐斗司作品…「せんとくん」のヒトみたいで、その点にはピンと来ないのだが、どっかの芸術祭でこの連作、見てないかなあ。
 まあこの博多のは、置き方も含め、素晴らしい。あまり写真を撮ろうとすると、後ろのANAのカフェの客席がどーしても映り込むのが悔しい(笑)。

 博多駅。お買い物。
 お土産「もつ鍋」を2種類買ってみる。“お土産値段”でやや割高なのを除けば、割りと“良きモノ”実用的。
 駅スーパーで、今回、Gシェフに教わった「南関あげ」購入。長期保存可な揚げ豆腐…として便利。

 Rec Coffee 博多マルイ : Kissa Blend

 click!→夕食は『葉隠うどん』




 

2020年 5月 北海道

札幌 ■ 土曜日

[AQ!]
 羽田空港は…そして新千歳空港もだが、寂しいほどの閑散。空前にして自分的には絶後かもしれんくらいの閑散…と思うと、眺め甲斐がある(^^;)。
 飲食店も休業が多い。やってる店から見繕って、『餃子とタンメン 天』。タンメンに入っている人参が飛行機型に切られている。航空マニア萌え…なんだろうか(笑)。
札幌
 新千歳空港。札幌までのJR線、「ウポポイ 5.29Open」のつり広告が目立つ(4月オープン予定がのびた。その後、結局、5月オープンも延期で、7月にようやく開業)。
 投宿。街全体が「臨時休業」って感じで茶をしばくにも困りそう…と言いながら兎にも角にも出掛けてみたら、時短ではあるが『タリーズ』が(店内も)やっていた。ありがたし♪
 札幌駅。誰もいない…と言いたくなるほどの閑散。時計は16時40分を示しているが、早朝4時40分の情景…にしか見えん(いや、いつもは、早朝でももっと人はいるだろう…)。多分、今しか見られない景色。

 click!→夕食は『TAKAO』

札幌
■ 日曜日

 日曜でもあり、諸条件重なっている折り、『いただきます。』がやっててくれてありがたい。

 click!→昼食は『いただきます。』

 すすきのを歩いてたら『月下翁』はっけーん(^^;)。此処なんかあ。…いや、今回当初は予約を入れてたのだが、御時勢にて休店。う~ん、すんごく「マチナカ」だし、確かにキビシイかなあ。
 その辺り、例えば「すすきの」と「円山」だと、かなりの温度差があるのが、5月の札幌。

 ちゃちゃっとググって『ブラウン ブックス カフェ』。
 えーとダイジョブすか?…って感じの、傾いてる?階段をギシギシ上った3階に、オサレ~に、ある。
 閑静、落ち着く、珈琲もウマイ。

 click!→夕食は『鮨一幸』

札幌
■ 月曜日

 札幌駅構内「小鳥のひろば」のインコたち。
 逗留型の旅は、こーゆー何でもない変なものがメルクマールとして記憶に残る(^^;)。

 click!→昼食は『ジャドプール』

 やってない店も多く、連日の『ブラウン ブックス カフェ』でBBCブレンド。束の間の沈没(笑)。

 街のあちこちで、桜が綺麗だ。
 15時半、すすきの『チーズマーケット』でピスタチオソフト(ウマ♪)。3種詰め合わせを購入、深夜宴会に備えるw。

[へべ]
 コンビニソフト、チーズ、アルパカピノ

 click!→夕食は『五丈原』

 
札幌
■ 火曜日

[へべ]
 朝はイデキチさんがおみやに持たせてくれた五丈原の名物チャーシューおにぎり(大)。
札幌
[AQ!]
 中島公園。菖蒲池。
 けっこー、花見がバッチリなタイミング…だけど、人影まばらでディスタンスもバッチリ(^^;)。

[へべ]
 ボンヴィヴァン:タイノリ。チョコ5種。焦がしバター、キャラメルサレ、トンカ、胡椒バナナ、自家製プラリネ。

[AQ!]
 ボンヴィヴァンさんは、まずまず気楽な価格帯で、たいへん充実した内容。

[へべ]
 ホテルへ戻って、MTGシールドデッキ戦、久々デュエルに事故がちながらも盛り上がる。

[AQ!]
 引き篭もりなら得意な我が家なのであった♪

 click!→夕食は『ラ・サンテ』



札幌
■ 水曜日

[AQ!]
 温泉に行く♪
 北海道を代表する名湯の一つ…と謳われる、ニセコ昆布温泉へ。
北海道
 駅弁…車中弁当を買い出しへ。ホテルから歩ける札幌『boulangerie coron』。とても種類の豊かなブーランジェリー。

[へべ]
 コロンのパン:
  朝クロワッサンCoron。
  昼、葱醤油麹大葉トースト、北海道たらこバター、アスパラ帆立トマトバゲットピザ、カスクルート、ソーセージ、伊予柑ショコラ。
  …MTG夜食に道産とうきびのリュスティックと道産ベーコンエビ。

*****

 札幌から小樽で乗り換え、余市、仁木、然別、銀山、…倶知安。
 小樽は桜が満開。
 線路端の土手がそこかしこ、ぱっと明るく見えるのは水仙の群生、ちょうど花盛り。
 仁木の果樹畑、雨のそぼ降る春の森が美しい。
 ダケカンバの新芽、白い花を咲かせた辛夷の大木、トンネル手前で鳴らす警笛の響き、たくさんの熊笹、ぐんぐん伸びて花を咲かせた蕗の薹の淡い黄緑、雨に濡れた蕗の葉のつややかな緑。
 迎えのバスで昆布温泉「甘露の森」へ。
北海道
北海道 [AQ!]
 部屋が(俺らの料金クラスとしては)だだっ広い!
 テーブルに、ウエルカム温泉饅頭を温める蒸篭セットがある! (^^;)
 部屋にマッサージチェア(かなり高級機)がある! ヽ(^^)V
 さすがの泉質!

[へべ]
 「冬は外人ばかり、GWや夏は国内からの人で」…とはいえ今年は。泊まり客20人ほど、レストランは夜はクローズ。
 唯一やってるラウンジで、テニスコートに降る雨を眺めながら、湯上がりのサッポロラガークラシック生! 餃子その他をつまみながらスペイン赤を飲み進め、「メニューにないけど、なんかカレーのいいにおいしますよね?」と聞いてみると試作中とのこと。じっくりトロトロに炒めた玉ねぎの効いたカレーを〆にちょこっと試食させていただく。なかなかにグッドです♪
 マーブルチョコも出してくれた気のいい彼女に感謝。14匹の朝ごはんAQ説。

 昆布温泉、あたりのやわらかいいいお湯。夜更け、男女入れ替え後のさっとひと風呂は月見風呂♪

 MTGタイムスパイラルはややこしいカードが多く(知らない/もはや忘れ果てたレギュレーションもいろいろ…)自分の手札をこりゃなんじゃ、と読む時間がかかる…しかも老眼…(^^;; でもやるとやっぱりおもしろい。

 
北海道
■ 木曜日

[へべ]
 うって変わって今朝は快晴! 羊蹄山もよく見える。世間はGW終わりですが、旅はまだ続く、これから後半。

 click!→昼食は『ヌプリ』

 宿のバスで送ってもらい、11時少し前にニセコ駅着。(行きは倶知安駅から、帰りはニセコ駅へ)
 ヌ、ヌプリが…11時開店の筈がすでにドアにOPENの札が出ていて、中には客もいるようだ。なんたる吉兆!突入、着席、特製カレーをお願いする。
 店内のたたずまい、駅からのあのドアがなんとも懐かしい。
 カレー、たちまち出てくる。こっくりとした焦げ茶色のカレー、炊けてまもないほかほかのやさしいごはん、サラダの横の、マッシュポテトが旨い!
 あの懐かしのベーコン長芋カレーも今もオンメニューだったのも嬉しかった(今回は時間がギリギリとみて断念)。
 おいしいコーヒーも食後に満喫、ほくほくでニセコを後にする。
ベーシック
[AQ!]
 札幌に戻り、投宿。
 札幌で珈琲と言えば、全国でもトップクラスに好きな『basic』であるのだが、この店は日祝休で案外と機会を逃してしまいがち。
 本日はスッピンの平日…につき、すっ飛んでいく。いいわ~♪

 大通公園を散歩。ついこの前、スキージャンプしてたぢゃん…って場所にはチューリップ咲き乱れ、鳩が餌をついばんでいる。

 click!→夕食は『バンケット』

バーンズ

■ 金曜日

 click!→昼食は『Japanese Ramen Noodle Lab Q』

[へべ]
 昼食後、『バーンズBarns』へ。
 西28丁目からバスで。
 地図によればこの辺(さらにGoogleMAPによれば「臨時休業中」表示)と言ってるが、普通に平地の街道筋でまったく見覚えがない…が、店頭の小さな看板に店名発見!
 寺の門前というか駐車場の片隅に、レンガ色の小屋のような仮住まいのような。移転したのかな?
 ただいまテイクアウトのみ営業中。ミルク1個、マダガスカルチョコレート1個をカップで。ミルクの力みなぎる、さすがのおいしさ!
 平日ながら、ぽつりぽつりと客足が絶えず、乗ってきた車の中で、ぽかぽか晴れた駐車場の石垣に腰かけて、みんな幸せそうに食べている…
バンケット 北海道神宮
 西28までぶらぶら歩いて戻り、お次は珈琲。
 今回は行程中に平日があって嬉しい、なぜなら日祝休みのお気に入り珈琲店『basic』に行けるから♪ブレンド2番3番で大ハッピー。

 click!→夕食は『天ぷら あら木』


■ 土曜日

 click!→昼食は『志の家』

 『ベーシック』に回って珈琲。2番とマンデリン。ゴキゲン!
 その後、またすすきの『チーズマーケット』。石狩晴れ(牛白カビ)・石狩ひつじのクロタンを購入。

 click!→夕食は『ミヤヴィ』


■ 日曜日

 click!→昼食は『カレーショップエス』

[へべ]
 食後はいびつな階段をえっちらおっちら上って、今回の札幌滞在中に何度もお世話になった、BBC(『ブラウン ブックス カフェ』)へお別れに。ネルドリップのブレンド、ごちそうさまでした。

[AQ!]
 空港。『カルビープラス』ってショップでカルビーが揚げたてポテチを売っている。「あつぎり北海道しおバター」でビール♪



 

2020年 3月 大阪・京都

京都 ■ 木曜日

 おめでと~!!!

 click!→『ラ・シーム』開店10周年パーティー

京都
■ 金曜日

 朝、京都へ移動。
 ブランチタイムに、S師匠から聞いてた朝食店へ行ってみる。

 click!→昼食は『バルマーネ』

 渉成園近くの宿をとっていたので、高瀬川散歩。
 川べりの『murmur coffee kyoto』で、菊浜ブレンド。
 あちこちに桃やら桜やら…が咲き始めている。
京都
京都  そのまま高瀬川沿いをず~っと北上、四条近くまで来る。
 村上重さん…、そうだ、その近くに王田珈琲が越してきてる筈、と向かってみる。
 『珈琲・スコッチ・酒 自家焙煎 王田珈琲専門店』。
 すんげー急な階段を上がって2階。
 以前より更に、酒の比重が上がったかしらん。「珈琲は仕事、酒は道楽」…だっけかなあ、何かそんなんが書いてあった。
 ブレンド、一貫したお作法でたてる、美味。
京都
 click!→夕食は『ユララ』



■ 土曜日

 昼は嵐山。
 バスで河原町、阪急で桂から松尾大社。…使ったことなかったルートなので、目新しい。
 快晴の桂川を散歩。たまに桜。チューリップ花壇に水やりしてるオッサン。アウトドア派は…BBQ?

 click!→昼食は『天ぷら 松』
京都
京都  食後も快晴(笑)。桂川沿いに嵐山へ歩く。
 保津川漁協はカワウ対策をしてるらしい…へぇ…後でググると、「Let's カワウ対策」として各地で魚を食っちゃうカワウは問題視されているようだ。
 川では亀が甲羅干し。
 渡月橋の向こう、嵐山の一部は桜の花の色に染まり始めている。
京都 京都
京都 京都
 新コロナ発生以来のインバウンド減少で人がいなくなった嵐山は、「人がいませんよ」キャンペーンの成果で多少、日本人観光客が戻ってきましたねぇ…な頃合い。まずまず賑わっている。
 …と見えるが、カフェなどはガラガラ。『TOGETSU CAFE』で食後の珈琲。

 JR嵯峨嵐山駅から京都方面、梅小路京都西駅へ。案外、乗りでがある。
 今回も向かうのは、おかきの『菱屋』さん。絶対クセになる(^^;)。電話で取り置いてもらってる「うすばね」に「小石」「山椒」。
 そしてついでに、すぐ御近所の『伊藤軒老舗』さんで「太夫最中バターサンド」。これは京都駅行きバス停の待ち時間にいただく。これもクセになる(^^;)。

 京都駅。『京ダイニング八条』で、八条ビールと香るエール。


 

2020年 2月 羽根木公園

梅が丘  そうだ、梅見に行こう♪
 梅と言えば梅が丘(?)、駅前に羽根木公園。
 小高い丘の公園、650本ほどの梅のかなりの数が満開を迎えている。1967年から植樹が始まった新しい梅林だそう。
 公園の一部は「羽根木プレーパーク」という、ワイルドめに子供が遊ぶスペースで、今日はオーストラリアのパンを焼くイベントをやってた。…つまり「damper」だな♪
梅が丘
 世田谷代田側に下って『Glaubell Coffee』。女性焙煎士(わりと気さく)の店…というのが、ちょろっと珍しい。
 エチオピアの深煎り目を2種…だっけ、いただいた。ほ~~っとするタイプで、好み♪

  click!→夕食は『三輪亭』


 

2020年 2月 札 幌

札幌 ■ 土曜日

 2月の連休、どうしよっか?…で、割とバタバタと「そういえば昨年は北海道、行ってないし…」で札幌行きを決める。
 暖冬。1週間ほど前の連絡では、「今日は雨でした。雪まつりの雪像も溶けて大変です」…とのこと。
 …あ、そういえば「雪まつり」の時期ぢゃん、、、と気付く(^^;)。
 まったく「食べ歩き本位制」の奴らは! …ってのはワシらだけじゃなくて、札幌某店で隣席になったオジサンも「ホテルが妙に高い…でやっと、雪まつりかと気付いた」と言うてました(^^;)。

 ところがぎっちょんちょん、訪札直前に“(短時間)記録的”降雪があり、寒波到来。
 「降雪により羽田に引き返す場合もございます」という飛行機は、零下10℃になろうかという新千歳空港に降り立つ。
 寒い、っての。(滞在期間中の最低温度は零下15℃ほど)

 click!→夕食は『バンケット』

札幌 札幌
札幌
■ 日曜日

 起きても零下10℃、予報通りだが厳しく冷え込む日。天気はよくて、明るいのだが。
 昼は軽いもので…と数パターンを考えていたのだが、ものすごい勢いで「カレーうどん」に決まる(^^;)。零下10℃の威力…か?
札幌
『カレーうどん 椿』
 *ちく天カレーうどん
 *豚カレーうどん

 西18丁目駅近く、「京風」の細麺カレーうどん。
 本日おススメの「豚」と、看板メニューらしい、ちくわ天と野菜かき揚げのつく「ちく天」(25食限定)。
 こちらの要望通り、ぬくぬく温まる。薬膳カレー…というほどではないが、ちょいとそっち寄りのカレーがいい風味。
 わざわざ変えているのか、「豚」と「ちく天」でツユの粘度が違う感じ。粘り過ぎない「ちく天」版の方が好みかなあ。
 野菜かき揚げとカレー汁の相性が、存外よろしい。
 次回来ることがあれば、九条ネギはトッピングで増量した方がいいな。
札幌 札幌
札幌  身体の内側からあったかい…ってのはイイものだ。
 大通りは、テレビ塔周辺からずっと雪まつりの雪像が並んでいて、その端っこがこの西18丁目近辺。
 資料館:氷柱が長い。
 12丁目:市民雪像。世の中の流行りがわかる(^^;)。
 11丁目:国際広場。各国の雪像が並ぶ。好みで言えば、こちらが最も見応えアリ。優勝タイ・準優勝インドネシア・3位フィンランド(The Spiral - Finland これがいちばん好き)
札幌 札幌 札幌
札幌  …って辺りで早くも冷え冷え(^^;)。昼過ぎで零下9度くらい。
「えーと、あ、西11丁目じゃ~ん」…と、『アトリエ森彦』へ。まろやかに珈琲タイム。

 10丁目:ミニSLに子供らを乗せて、八村塁とカップヌードルのトンネルを抜けて走る。ハハハ。
 8丁目:ウポポイ - 民族共生象徴空間。例年のことは知らないので比べられないが、アイヌ関連のエリアも色々と。ウポポイは巨大像の中では最も出来に感心。今年4月24日に白老町ポロト湖畔にオープンする「民族共生象徴空間」のキャンペーンとなっている。行きたいね~。
 6丁目:市民の広場。会場内至る所に露店が出ているが、「食の広場」を謳う此処がその中心。…なのだが、こんだけ寒いと、温かいものさえあんまし売れない…って気配(^^;)。ううむ。
 3丁目:ジャンプ台。大通りにいきなり高さ24mのジャンプ台を組んでんだから豪気だ。フリースタイルっての?、スキー履いたままクルクル回ったりする奴。
札幌 札幌 札幌
札幌  …って辺りで、膝関節が痺れてくる。丸井今井に避難。
 慣れぬ雪上歩行で腱でも伸ばしたか?…とビビるが、屋内の温度に移ると「何でもない」。うーむ、零下10℃に「神経」が悲鳴をあげた、のか。なあ。
 丸井今井地下のキャピタルコーヒーでひと休み。

 2丁目:カムイ雪広場。『ゴールデンカムイ』+アイヌ伝統文化。
 16時からライブあり…ということで、丸井今井に戻り『サロン・デュ・ショコラ』を覗く。札幌『Bon Vivant』のを購入。価格も含めバランス良好、美味。
札幌
 16時からライブ、コンテンポラリー・アイヌ・ユニット『レタラ』。歌・ムックリ・トンコリ・ジャンベ。
 イイなあ、アイヌな響き。Hector Zazouの『Cold Sea』を思い出した。
 それにしても寒いので、後半の観客は輪になってアイヌ式に踊りながらの参加を勧められる。ナイスです♪
 それにしても高緯度地方は、音楽もチェーンダンスも、みんなどこか似てるよなあ。
札幌
 夜の中島公園は「ゆきあかりin中島公園」の名で、スノーランタンの明かりが照らす。

 click!→夕食は『霜止苗出』

札幌

■ 月曜日

 すすきの辺りの地下道に、雪まつり関連展示。
 過去の雪まつりの、ポスター・写真…は興味深い。
 昭和が懐かしい…という面白味もあるけど、最近の雪像はプロジェクションマッピングや照明や人気キャラ「頼り」度が高くて、昔のモノの方が素直にダイナミックに見える。
 ま、近年は、単純に雪不足なのかもしれんが(^^;)。
札幌
札幌  モニターには、Boris Labbéのアイヌ文様アニメーション「SIRKI(シリキ)」が流れている。秀逸、素晴らしい。音楽は「MAREWREW」。

 北海道に来たので(札幌ではあるが)、アイヌ料理をチェックしてみる。
 アイヌの血を継ぐシェフの店が、昨年にオープンしていた。行ってみる。
 開店時間…スタッフの方がビルの点検かなんかで「今日は30分遅れ」と。30分後に再訪。

 click!→昼食は『ケラピリカ』

 ところで今回は「飛び石連休」を利用しての札幌…なので、この日はノーマルの平日月曜。
 勇んで西11丁目『深煎り珈琲 basic』へ向かう。
 こちらの深煎りはボクら、全国でも有数の好みなんだけど、この店「日祝休」!…なんだよねー。案外、来られないんだよねー。
 今回はありがたくありつく。2人、それぞれ2杯ずつ。ブレンドの2番・3番あたりだったっけ。
札幌
 click!→夕食は『ラ・サンテ』

 

札幌 ■ 火曜日

 帰京日。起きる。この日も雪。
 でも、この程度の降りでは、札幌民は傘をささない。
 サラサラだからなあ。

 click!→昼食は『いただきます。』

 すすきのを歩いていると「チーズと生ハム」の看板が。
 『チーズマーケット中央店』。覗いてみる。自社ひつじ牧場産のチーズ、と、欧州チーズの輸入、の2本立てでやってる店らしい。
 ただ、自分とこのチーズはこの時は売り切れ状態。あら残念。…なのだが、ショーケースの横手に簡単なテーブルと椅子がある。イートインをやっている模様。
 ちょっといいっスカ?…と、グラスワインと味噌漬モッツァレラ…なんつー珍品をお願いして、一杯キメる。
 いい店やん、覚えとこ♪
札幌
 …ってなとこでカフェかな。
 近隣サーチして、自家焙煎『カフェランバン』。1977年創業の老舗…の重厚感。
 カップは可愛い♪ チーズケーキもいただく。
札幌
 リフレッシュしたので、すすきのついでに「雪まつり すすきの会場」へ。
 こちらは、雪まつり…っつか、氷まつり。見事な氷像が並ぶ。
 競技会になっているのか、「優秀賞」「最優秀賞」などをホテルの宴会場のヒトとかが獲得してる。
 氷彫刻は昔からある世界だもんなあ。包丁人味平は、炎の鑿で彫った…んだっけ?
札幌 札幌
札幌  すすきのの地下街でいつも行列の『KINOTOYA Bakery』。…と言っても5人程度の列なんで、並んで買ってみる。
 チーズタルト。なるほど人気か、食べやすい。

 甘いの食ったら、またカフェ欲。
 『Mingus Coffee』へ。満席。がちょん。同ピルの下の階のカフェへ。満席。がちょん。
 『丸美珈琲 本店』。ふぅ。

 …と、うろちょろしてたら、時間読みが怪しくなってた(^^;)。
 宿で荷物をピックアップ、札幌駅まで出て、ま、駅近くで軽く何か…くらい。
 ワシらとしては変化球だが、時間を睨んでラーメン『一粒庵』。
 駅付属のようなロケーションとキトビロがgood♪
札幌


 

2020年 1月 K5-Tokyo Open

5  日本橋兜町のマイクロ複合施設『K5』が2月1日にオープン。
 先行お披露目パーティーを覗いてきた。

 なにせ東京証券取引所の目の前なんで、“まさに兜町”。1923年竣工(築97年)の建造物をリノベーションしている。建築・空間デザイン監修は、スウェーデン『CLAESSON KOIVISTO RUNE』。
 上階が『HOTEL K5』で、地下1階・地上階が飲食コンテンツ。
5 5
『CAVEMAN』
 Atsuki Kurodaシェフ率いるメインダイニングで、目黒『Kabi』の2号店となる。

『B』
 ニューヨーク『Brooklyn Brewery』のクラフトBeer Hall。

『青淵』
 田中開+野村空人プロデュースのライブラリー・バー。

『SWITCH COFFEE』
 代々木八幡のコーヒーショップの3店舗目。
5
 …と、「おおっ!」と目を引く面子、新世代のガストロ勢が並ぶ。
 近年、「新開発コンプレックスに入る飲食店舗」…とか、毛ほどの話題にもならなくなってきているが、「なるほど、考えようはあるぢゃん」って感じ。
5
 20室のホテルルームは、とーぜん、クール♪
 各室に備えられたターンテーブルと、『CAVEMAN』&『SWITCH COFFEE』の「Room Service」メニューが、目にとまる。

 地下がビアホール、地上階に『CAVEMAN』『青淵』『SWITCH COFFEE』が、シームレスな空間に並ぶ。
 『CAVEMAN』のカウンターで、『CAVEMAN』&『Kabi』のスタッフに「おめでとーー!」の乾杯、出来立てのナシゴレンもどきをいただいて、、、
5
5 5
 、、、ってあたりになると、場内は立錐の余地もない大盛況、目を窓外にやると入館待ちの大行列が出来てるぢゃ~ん(^^;)。
 何ごとも「映え」な時代の反映でもあろうけど、さすがは若手系の立ち上げは凄いのでござる。
 ワシらは当初の目的の「おめでとうの儀」も果たしたので、サクっと空間を待ち行列の方々に譲らんと、辞する。






 

2020年 1月 京都・滋賀

喜多品老舗 ■ 金曜日

 click!→夕食は『Yu La La 』


■ 土曜日

 click!→朝食は『喜心 』
喜多品老舗 喜多品老舗 琵琶湖 菱屋 菱屋


 

2019年12月~2020年 1月 台 湾

台北 ■ 日曜日

[へべ]
 成田→台北

 初ターミナル3。
 ターミナル2から徒歩600数十メートル…との表示に従い、てくてく歩いていくと、ちょうど発車間際のバスがいた。500メートル分くらい乗っていけて、ラッキー♪
 ごくあっさりした門松が立つ入り口から中へ。階下でwifiピックアップとトイレ(どこもガラガラ)、フードコートで朝食などしたためつつ時間をつぶすが、大体どこも白くのっぺりさっぱりしてる。ラーメンを食べ終えた地上スタッフの姉さんが机に伏せて爆睡してたり。

 荷物検査も出国審査もガラガラ。バスに乗り、ターミナル3→ターミナル2→ターミナル1と延々と走り、成田の片隅の吹き溜まりみたいなところに駐機した機体に乗り込み、一路台北へ。

 桃園→台北駅、以前はかなり遠く感じたけど、急行だとだいぶ早い。曇り〜雨模様。旅前半の台北ではよく雨に降られた。
台北
[AQ!]
 雨、18度。
 年末の台北は初めてだが、およそ15~25℃らしく、暖かい♪ 冷暖房でいうと「日によりたまに冷房」。フツーの生活だと『暖房』って要るのかなあ?、この国。

 年末年始のチケット高で久しぶりの桃山機場、その佇まいは記憶に無し。
 捷運で台北、仁川~ソウルよりは近いな。
 雨の台北、徒歩10分の宿、ううむむむ…と思ったが、台北駅周辺は歩道がアーケード作りで、交差点などを除けばほとんど雨中を歩かずに済むのであった。降られてわかる有り難み。
台北
[へべ]
 重慶大厦みたいなビルの4階にあるホテル、内部はリノベしてコージー&いい感じ。

 click!→夕食は「蓬萊邨 Formosa」
台北
台北 [AQ!]
 台湾はアルコール飲料については、元々は、魚影の薄い土地…かなあ。
 現在では、ウイスキー・ビール・ワイン…などに於いて、世界も注目するようなブツが登場してきているけど、やっぱ蓬萊邨みたいな古めレストランで出してるような老酒なんつーのは、大したもんじゃない(かなり)(^^;)。
 …ってな訳で、ちょっぴし呑みに回る。
 ワシらの場合は、、、やっぱ、ミッケラーかな♪

 click!→ビールは「米凱樂啤酒吧 大稻埕」





 

■ 月曜日

 いいだけ寝ようとオモテたら、(食べようと言ってた)飯糰店はもう閉まる時間(^^;)。
 そんだらば、鶏肉飯にすべか。

[へべ]
 台北捷運(MRT)の緑ライン、車両到着時のホームに流れるのは、なぜかメロウなランゲ「花の歌」。

 click!→昼食は「梁記嘉義雞肉飯」
台北
[AQ!]
 梁記嘉義雞肉飯と言うと、近くに「Fika Fika Cafe」がある。
 以前なら“黄金のコンボ”…って感じだったんだけど、うーん、最近の混みようって激し過ぎるよなあ。行ってみてまた満席もなあ(雨だし…)、って話になって、むしろ、
台北
[へべ]
 今回の台湾は、雨また雨。昼Mikkellerもいいかも、と立ち寄ってみると中山站近くの「南西 Nanxi」店はなんと閉店してた。しょぼんぬ。
 気を取り直し、近くのコーヒー屋、『ミドルネーム』でエスプレッソ。透明保温カップ、豆もたっぷり使われた、まっとうな一杯。世界のどこも都会ではものすごい勢いでいい感じの小規模コーヒー店が増えてきて、不自由しなくなったのはありがたい。

[AQ!]
 ショッピングでもしようかと思ったが、それより食い足りないか…ってことで、まあ、絲瓜小籠包でも入れときましょか、と。
 未訪の超有名店『盛園』に向かう。

 中正紀念堂站。…中正紀念堂を初めて地上から(バスから、でなく)拝見。デカイ…んだよなあ♪
 愛国東路沿いは、ウエディング関連店が多い。
 南門市場、残念ながら月曜は公休。
台北 台北 台北
 click!→昼食は「盛園絲瓜小籠湯包」
台北
 ところで『盛園』の卓上に、
「謝絶外食、飲料  Please no outside food or drink  外に食べ物を持ってこない」
 という札が立っていたのだが、以後も数店で見かけた。
 日本語がヨレているのはまあいいとして(笑)、この断り、前回まではあまり気付かなかったような希ガス。何か、条例でも出来た?

 味濃い目…だったせいもあり、また珈琲に吸い込まれる…。『著·咖啡 Draw Coffee』

[へべ]
 DRAW coffeeでエスプレッソ。マルゾッコ、酸味のあるタイプ、結構。

[AQ!]
 飲みやすさを兼ね備えた、看板の爺ぃみたいな良店。

 で、どうしよっか?…のランダムウォーク(^^;)は、
台北
[へべ]
 信義安和、どしゃ降りの中、Yuショコラティエへ。

 click!→デザートは『畭室法式巧克力甜点創作』
台北
 中山へ戻って、誠品生活南西の『神農生活×食習』でショッピング。
 比較的コンパクトな割に良い品揃え。日本橋もこれを見習ってほしいなぁ。

[AQ!]
 そそそ、『神農生活』は、「あ、コレ使えそ」「ソレも面白いね」…で、次々に手が伸びる。
 この数週間前に、日本橋の『誠品生活』には行ったんだよね。むしろ「買う気満々」で伺ったのだけど、結局手ブラで帰ってきたんだよなあ。
 まあ、日本橋は日本モノも置かなきゃならんし、日本人向けにしてるんだろうけど、、、それにしてもナア、、、欲しいもん無いんだもん。

 食品系は迪化街なんかでも買うけど、神農生活やMAJIのイイのは、少量で買える・パッケージが強固…な点もある。
台北

 click!→夕食は「My 灶」

 いやあ、アガったアガったスキップらららん♪…とステップを踏む足は、何故か今日もミッケラーに吸い込まれて行く(^^;)。

 click!→ビールは「米凱樂啤酒吧 大稻埕」

台北  

■ 火曜日

 今日もどんよりしているが、何とか降らずにこらえている。
 飯糰へGo!
 …と言っても、もう青島飯糰は閉まる時間なので(^^;)、未訪のトップ人気店『劉媽媽』へ。
 ちょっとアートなオブジェが特徴的な古亭站の近く。杭州南路へ曲がると、道の向こうに行列が見えてくる。

 click!→昼食は『劉媽媽飯糰』

 良い飯糰はさすがに食べ軽い♪…と次は、包子を目指す。
 光復市場。駅は台北101…実はこの駅で降りるの、初めてだわ。

 click!→昼食は『光復市場素食包子』
台北
 帰路は國父紀念館站に向かい、北上。
 珈琲店をググる。

[へべ]
 『normal』 コーヒー。青いマルゾッコでエチオピア。

[AQ!]
 優れたロースター揃いの今回の台湾だったけど、コチラが最もシリアスなロースト…って印象。広い焙煎スペース。

 えーとヒマつぶし、、、で、マッサージ。これは無難系を求めて。
台北
[へべ]
 『千里行』でマッサージ、全身90分。はらほろひれはれ〜ここは使いやすい。帰ってシャワー。

 click!→夕食は『祥雲龍吟』

[AQ!]
 一年の〆の乾杯!
 …でダラダラと楽しく盛り上がっていたら年越しまで後1時間…みたいな頃合いになってしまい、“渋滞に巻き込まれますよ”というスタッフ連のありがたいサインで、お御輿をあげる(^^;)。

 劍南路站付近はもう人の山、フェス会場回りは大盛り上がり、通行規制も多く駅に近づくのもタイヘンなのだが何とか迂回してMTRへ。
 北門站で地上に出て、プラっと歩いていたら、ドロドロド~ン!…と大量の爆竹の音がどこか遠くから響いてきた。
 うーん、2020年なのかもしれん(^^;)。

[へべ]
 花火はテレビで。
 歌謡ショーが好きな国民性。

台北  

■ 水曜日

 朝飯屋やってないかも@お粥屋→民楽やってた! 旗魚ビーフンでハッピー朝飯♪

 click!→昼食は『民樂旗魚米粉湯』
台北
[AQ!]
 さて、新正月の元日(一応、祝日)の迪化街の様子や如何に?
 お廟(台北霞海城隍廟)は、それなりに初詣っぽい雰囲気。
 商店の方は、祝日休みも見受けられはするが、ほとんどの店は開いており、むしろ“初売り”な感じ?…の盛況。それに乗じて多少、ショッピング。
 一服…は、『ASW TEA HOUSE』。小葉種蜜香紅茶(桃園市龍潭区)と日月潭夜幕紅玉(南投縣魚池郷)。台湾全体にも、紅茶への関心度は「↑」な印象アリ。

 正月早々であるが、本日は高鐵で一気に南へ。
 珍しく…というか初めて、弁当を買ってみる。

[へべ]
 台鐡控肉辯當、煮卵、揚げ、雪菜と白菜キャベツ炒め、経木の下がややすぼまった弁当箱なのでご飯もいい感じに軽く、全体に適量、あっさり味。
 全家のペットボトル阿里山金萱茶、車内コーヒー。
台北
[AQ!]
 好感触。日本の弁当はデカ過ぎ・しょっぱ過ぎ(^^;)。

 新左營~左營、自強号で屏東。
 この駅周りのATM数台とクレカの気が合わず、現金おろすのにちょとかかる(コンビニATMで成功)。ルカイ族の村は、けっこー、現金なのだ。
 タクシー列先頭のオッチャン(なんと裸足(^^;))は「禮納里」がよくわからんようだったが、2番目の運転手オッチャンが説明してくれて、出発。
屏東 屏東
屏東  途中、沿道の建設中の寺院の外観が…記憶にあるのと…あまりに合致し過ぎる(^^;)。
 ↑ …ってんで、写真を並べてみた。2年近く経ってる筈。
 こ、こら、アカン(^^;)。何かが頓挫してる気配が、、、

 この道沿いは寺院・お廟が多くあるのだが、よく見ると、廃寺・廃廟化してるとこもあるのよね(^^;)。
屏東
好茶村 [へべ]
 屏東、タクシー700元、禮納里。
 カプルさん家に、またお世話になります〜♪ (ホームステイ)
 ご町内散歩、ルカイの青少年がバレーボールやってたり、カフェ前の路傍にコーヒーやカカオ豆干してたり。
好茶村
[AQ!]
 この地には、八八水災で郷里を失った3つの村が新たな集落を作っている。魯凱族の好茶村の隣の瑪家部落は排湾族。
好茶村 好茶村

 click!→夕食は『AKAME』

嘉義
 

■ 木曜日

[へべ]
 カプルさん家の朝食セット、割包(魚肉燥漬け物控肉)バナナゆで卵コーヒー。今回はお会計(1600元)まで奥様に面倒見ていただく。好人物のタクシー氏を呼んでくれて駅へ。560元。

 自強号の時間まで、駅ビルのダンテコーヒーでまったり。気のいい店のオネーサンがほらほら、まだまだ、5円玉もイケるわよ!的な勢いで、小銭をごっそり取ってくれる。

[AQ!]
 財布が軽くスッキリと♪

 線路沿いの田んぼ?の穂かけ?が、妖怪ちっくでおもろい。
嘉義
[へべ]
 屏東→嘉義

 駅の荷物預かり所、17時までだが大物も預けやすくて便利。

 click!→昼食は『林聰明沙鍋魚頭』
嘉義
 食後は『小口品』でコーヒー、中煎りエスプレッソ。

 嘉義の町中は全体にややボロッと古びていておもしろいのだが、車もさることながらバイクの通行量が多く、さらにはショップハウス/アーケード型歩道のほとんどに車やバイクやテーブルその他私有物が置かれ塞がれていて、バイクがブンブンと迫り来る車道をよろばい歩くしかない…という事情により徒歩移動に思ったより時間がかかる。
 店頭にマネキンをずらりと並べたブティックが多かった。
嘉義 嘉義
嘉義 [AQ!]
 食後の珈琲が飲みたければ、嘉義でもちょこっとググっただけで、かなりマトモなショットにありつける。いい時代ぢゃ。
 ところで、台湾は選挙戦の真っ最中。嘉義の有名な噴水の回りも、選挙宣伝だらけ。
 台湾は規制が緩いのか、「金さえあればいくらでも?」とか言いたくなるくらい、あらゆる場所に選挙ポスター類が溢れている。
 あと、嘉義は、台湾の中でも「日本っぽいもの」の目に付き度が高い希ガス。

[へべ]
 嘉義バスターミナルの、あまり使われていない棟から出るバスで、関子嶺温泉へ。
 関子嶺の手前で別の乗客(日本人マダム)がボタンを押してピンポン音もしてたのに(なぜか電気は点灯しなかった)、バスは停車せず、あれあれと騒ぐワシらを乗せたままバスは坂を登りきった終点まで行ってしまった…アイヤー。
「下っていけば着くから」と運転手氏(^^;; 無論それしかないからそうはするけど、お前がそれ言うか、と言いたい気持ちを、ぐっと飲み込むしかない、言葉ができないつらさよ…。
嘉義
 とはいえ下りは下り、思いの外すんなり戻れて、今宵の宿も見えてきた。
 バス停すぐ前の富御館にチェックイン。
 フロント係のおかあさん、英語も日本語も話さないが、多少の筆談を交えるくらいで用を足らしてしまう腹の座りっぷりが素晴らしく、つくづく見習いたい。
 5階に上がると、部屋の窓から碧翠山產店が見える〜♪

[AQ!]
 何せ、『碧翠山產店』の目の前だから…というので取った宿だからな(笑)。
 …というのは嘘じゃないが、googleやbooking.comの評点も悪くない、部屋の湯舟は立派だし、ベッドは快適だし…。

 click!→夕食は『碧翠山產店』

[へべ]
 部屋に戻って温泉!
 やわらかい当たりの泥湯、いい感じ。
 コンビニの「台湾もち花生味」(まあまあくらい)と紹興酒の残りでプチ酒盛り。


台中  

■ 金曜日

 宿の朝食は、時間指定でセミオーダー式モーニングセット的なものを部屋に持ってきてくれる。野菜(胡瓜だった)入り蛋餅、豚パティ玉子バーガー、豆乳、フルーツ(プチトマト、芭楽=グアバ)。
 碧翠が店開きの準備をしてる。時計がわりにボヨヨンボヨヨンと効果音の多い台湾テレビを横目で見ながら荷造り。ホテルロビーのテレビは株価市況の番組をずっと流してる。

 バスで下山、下界は夏の暑さかも。
 駅に荷物預けて(おなじみのトイレにも寄ってから)嘉義の街へ。
 バスを多少チェックするも難易度高く歯が立たず、徒歩で。中山路は歩道を歩ける区間が長くまだしも歩きやすいかも。噴水そばの噴水鶏肉飯を横目に、さらにずんずん先へと進む。

[AQ!]
 阿里山観光はホットなのか、駅前では「阿里山行かんけ?」というタクシーの客引きが多い。そもそもタクシー数が多いな、嘉義。その代わり、市内バスが訳わからん。
 ボクらが目指すのは『民主火雞肉飯』。
 嘉義名物の「火雞肉飯」だが、前回は駅前でテキトーに食ってしまったので、リベンジじゃないけどもう一回くらい…と。
 店は、調べると出てくるのが、民主・大同・噴水・劉里長・郭家…あたりなのだが、評判はおそろしく一長一短(笑)なので、まあ比較的にはウェルバランスな評を集める『民主』で。
 光華路、歩きにくい(^^;)。

 click!→昼食は『民主火雞肉飯』
嘉義
 もうちょっと何か食おうよ…となり、チェックしていた葱油餅が歩いて行けそうなので、向かう。
 途中、ド派手なお寺に出くわす。『嘉義玉皇宮』…というらしい。
 そうかと思っていると、イタリアンのプライベートキッチンがあったりして、新旧入り混じっている。
 さほど賑やかではない町並に、『九代蔥油餅』。

 click!→昼食は『九代蔥油餅』

[へべ]
 小口品コーヒー再び、同じ席がちょうど空いててラッキー♪「(今日も)エスプレッソ?」と聞いてくれてご機嫌。
 エスプレッソ、本日もうまい。

[AQ!]
 自強号で台中。
 嘉義と比べると現代的…と言いたいところだが、「嘉義と比べると現代的…に向けて開発中」ってところだなあ。
 駅5分の新築安宿のコスパが良過ぎて喜ぶ(^^;)。

 この日の夕食プランは、彰化まで行って食うべか案まで含めて(阿三肉圓が19時閉店じゃなければ、そうなってた(^^;))紛糾していたが、どっかで出てきた羊肉爐案が段々と浮上。
 台中で、比較的行き易くて評判のいいとこ…に向かう。

 click!→夕食は『呂記岡山羊肉爐』


台中  

■ 土曜日

[へべ]
 台中、第二市場で朝食を。

 click!→昼食は『山河魯肉飯』
 click!→昼食は『顔記肉包』
 click!→昼食は『王家菜頭粿糯米腸』

 市場内の旺コーヒー。すぐ飲める温度は市場関係者への配慮だろうか。
台中
 ミニチュア展。

[AQ!]
『微型展 2.0 -田中達也的奇幻世界-(12/20-3/1 台湾・台中文化部文化資產園區 國際展演館)』
 コレを見るために、台湾まで来た!(嘘)
 コレを見るために、台中に来た!…は、多少ホント(笑)。
 台中文化部文化資產園區は、赤司製酒場の工場跡に作られたアートスペースで、幾つかの展示館が並ぶ。
台中
[へべ]
 楽しい!『微型展 2.0 -田中達也的奇幻世界-』
 基本的には写真が作品なのだが、再現した現物との組み合わせ展示があったり、写真のフレーム内に被写体ミニチュアから1点を配置してあったり、
台中 台中 台中 台中 台中 台中  click!→夕食は『logy』

 寒い東京に帰りなくたいわん…帰りたくないわん、と、ラストナイトもMikkeller。
 …と、カウンターの兄ちゃんは「よ、まいど。指定席空いてるよ♪」と(笑)。

 click!→ビールは「米凱樂啤酒吧 大稻埕」

台北
■ 日曜日

 click!→朝食は『阜杭豆漿』

 click!→朝食は『青島飯糰』

 桃園空港、年始最初の日曜とあってかさすがに荷物検査、出国など混んでいる。とはいえ、早めに来たので余裕あり、B6そばのスタンドで、クラフトビールなど。
 タップからペールエールとスタウト、どちらもストレスなくおいしい。ローカルのクラフトビールを飲ませる店って、ちょっとのスペースでとても大勢の呑み助を幸せにできるナイスな設備だから、すべての空港に設ければいいのに…。

 ピーチはよ飛べ、窓側席暑くて死にそうじゃ




  →目次へ戻る




AQ![AQ! Ishii Homepage]
|AQ! |Restaurant |Wine |Tea |Library |Mail-Novel |Family |Hebe |